自己PRで継続力は使われやすい?他の就活者との差をつけるための方法とは?

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!
自己PRは、履歴書の中でも書く人の性格が最も良くわかる箇所です。応募してきた人がどのような人間なのか知りたい面接官側からすると、履歴書の中で最も重要視する部分だと言っても過言ではありません。自己PRにはどのようなことを書いても問題ありませんが、「継続力」は大きなアピール材料になります。真面目にコツコツと仕事に取り組むことができる人材は、入社してすぐに辞めるような事態になりにくいと考えられるからです。しかし、そのことを知っている多くの就活者が「継続力」を自己PRに書きますので、ただ漠然と書いていたのでは採用担当者の印象に残らないこともあるでしょう。自己PRに「継続力」を書く時の注意点としてはどのようなものがあるのでしょうか。

継続力を自分の人柄や将来性につなげて書くようにしよう!

自己PRに記入する時は、これまでに経験してきたエピソードを元にしたほうが説得力は増します。自己PRで継続力をアピールする場合には、学生時代に経験してきた部活や習い事などを元に書く人も多いでしょう。しかし、採用する企業側は「部活や趣味、特技そのものには興味がない」ということを頭に入れておく必要があります。採用担当者は、履歴書や面接を通してあなたがどんな人物であるか、その人柄を知りたいと考えているのです。単に「サッカー部を長年続けてきました」と自己PRに書いても、それ自体は何のアピールにもなりません。大事なことは「どうして継続できたのか?」「継続したことから、学んだことは何か?」という自分の人柄や継続してきたことを、どうやって今後に生かしていくことができるのかについて記入するようにしましょう。

継続力という言葉を使わないで、アピールしてみよう!

1707_2_95 (2) 継続力がある人間は途中で物事を投げ出しにくい人が多いので、採用する企業側に重宝されます。そのため、自己PRで継続力をアピールする人が多いことも事実です。単純に「私は継続力があります」と書いても、他の就活者との差別化ができないため、採用担当者の印象に残らないこともあるでしょう。そのような時は、採用担当者の印象に残るようなキャッチフレーズを考えてみてください。例えば「一度決めた目標を達成するまでは、努力し続けられる人間です」や「あきらめることが嫌いで、最後まで全力で挑戦を続けることができる人間です」のように記入することで、継続力という単語を使わずに表現することができます。心に残るようなキャッチフレーズを作ることができれば採用担当者の印象に残り、面接でも有利に働くことでしょう。

具体的なエピソードを交えて、説得力をだそう!

自己PRを書く時は具体的なエピソードを交えて記入することができないと説得力がありません。これは継続力をアピールする時も同様です。「結果を出せるまで、努力を続けました」「毎日コツコツと努力を積み重ねることができました」というような文章を書く人もいますが、これだけではどのように努力をしたのかイメージできません。例えばサッカーであれば、「自分の苦手なフィジカルを強化するために、それまでは嫌いだった筋トレを毎日するようになりました。その結果、少しぐらいの当たりでは体の軸がブレない強い体を手に入れることができたのです。」のように、具体的に努力や工夫した項目を書いてみてください。できれば具体的な数字があれば、それを書くと良いでしょう。そうすることで、あなたの人間性を採用担当者がイメージしやすくなります。

継続力をどのように会社で活かすことができるか?

自己PRは自分がどんな人間かをアピールするためのものですが、文章の結びは「その人間性をどのように会社で活かすことができるか」を書かなければいけません。それを書くことによって、採用担当者が入社後にどのような活躍をするかイメージしやすくなります。そのためには、まず過去の経験から学んだことを書くことです。例えば、先ほどのサッカーの例であれば「努力を続けることで、少しずつですが着実に自分が成長できることを実感しました。努力してもすぐには結果がでないかもしれないですが、あきらめないことが一番大事なのだと気づけたのです。」といった具体です。その後に「貴社においても、どのような状況になってもあきらめずに努力を続けていきたいと考えています」と続けて、自分を採用するとメリットがあることをアピールしてみると良いでしょう。

採用担当者の印象に残るような文章を考えよう!

 1707_2_95 (3) 継続力は自己PRの中でも比較的使われやすい言葉です。他の就活者との差をつけるためにも、上記のようなことに気を付けて文章を作るようにしてください。採用担当者の印象に残るような文章を書くことができれば、採用確率も高くなることでしょう。
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

内定にコミットする就活サービス ジョブコミット