効果的な自己PRを行うには?おすすめのテクニックを紹介!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!
就職や転職の面接では、さまざまな質疑応答が行われます。具体的な内容は職種や企業によって違いますが、多くのケースに共通していることがあります。それは自己PRの機会を与えられることです。自分のことを売り込む大きなチャンスなので、採用担当者の印象に残ることを話したいところです。しかし、アピールを効果的に行えずに悔しい思いをする人も少なくありません。そこで今回は、自己PRのおすすめのテクニックについて紹介します。

話に脈絡はある?一貫性を持たせよう

自己PRに失敗する原因として、話に脈絡がないことが挙げられます。それまでの受け答えからスムーズにつながるような内容を答えるのが望ましいです。それまで大胆さを感じさせる話をしていた人が、細かい性格をアピールしても納得されにくいでしょう。どれだけアピールしても、面接官に信じてもらえなければ意味がありません。そのため、自己PRを検討するときは他の質問への回答と関連付けて考える必要があります。難しく感じる場合は、自己紹介を掘り下げた内容にするのがおすすめです。たとえば経済学部出身と自己紹介する場合、マーケティングの知識が豊富であることをアピールすると良いでしょう。このように、受け答えに一貫性があると面接官の印象に残りやすくなります。

企業が求めている人物像を把握!

1707_2_67 (2) 企業が求めている人物像を理解することが、効果的な自己PRには欠かせません。自分では素晴らしい長所だと考えていても、企業が価値を見出さなければ採用にはつながらないからです。チャレンジ精神が旺盛な人を募集しているのに、慎重さをアピールしても良い評価は得られないと考えられます。求める人物像を公表している企業もあるので、公式ホームページの採用情報などをチェックしましょう。公表していない場合は、業界紙などに目を通して推察することになります。OB訪問を行うなら、どのような社員が活躍しているのかを聞いておくと推察しやすいです。求める人物像を考慮して、企業に貢献できる人材であることをアピールできる内容を考えましょう。

自慢話になってない?主体性を感じさせるエピソードを

自己PRは自慢話とは異なることを理解しておく必要があります。人に誇れるエピソードがなくても大丈夫です。一生懸命取り組んだ経験であれば、自己PRの題材になるからです。そのような経験をしているときは、主体性を持って行動しているはずです。企業では主体的に行動できる社員が重宝されます。働いていると困難な状況に直面することは珍しくありません。そのようなときに上司や先輩の指示がなくても、臨機応変に対応できると活躍しやすくなります。アピールできる功績がない場合のおすすめは、そのようなポテンシャルを感じてもらえるエピソードを題材にすることです。一生懸命取り組んだ経験の中から、特に主体性を発揮したエピソードを探してみましょう。

態度にも注意!自信と素直さを感じさせよう

自己PRを行うときは、内容だけでなく態度にも注意しなければなりません。素晴らしい内容を述べていても、自信がなさそうに話していると悪い印象を与えてしまいかねません。背筋を伸ばして胸を張り、面接官の目を見ながら大きな声で話しましょう。また、自信を持って話すことは大切ですが、それと同じぐらい素直さを示すことも重要です。自己PRの内容について、褒められるケースもありますし、逆におかしな点を指摘されるケースもあります。どちらのケースにおいても、おすすめなのは素直に聞く姿勢を示すことです。ビジネスシーンにおいては、自分に賛成する意見や反対の意見を何度も聞くことになるからです。企業では、他者の意見を受け入れて成長につなげる素直さを持っていることが求められます。

自己PRは複数の観点から考えるのがおすすめ!

 1707_2_67 (3) 自己PRはいろいろな観点から考えなければなりません。他の質疑応答との関連性や企業の求める人物像など、今回紹介したポイントを押さえて考えてみてください。そうすれば面接官の印象に残りやすい自己PRになるでしょう。
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

内定にコミットする就活サービス ジョブコミット あなたの内定をしっかりとコミットします!