営業事務に応募する場合の自己PRの書き方のコツとは?

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!
営業事務は、営業担当が営業活動に集中できるように業務サポートをするという重要な役割を担います。企業によっては広範囲の業務を任されたり、繁忙期に仕事が立て込んだりすることもありますが、目標達成の喜びをチームで分かち合えるやりがいもあります。営業事務の自己PRを作る際には、その企業が求める人物像や業務経験を把握したうえで、自分の経験や強みを的確にアピールすることが重要と言えます。ここでは、営業事務に応募する場合の自己PRの組み立て方について説明します。

自己PRで見られるポイント

自己PRは企業側が候補者の人柄や一番の強みを理解し、その企業で活躍してくれそうかを見極める重要な判断材料になります。採用担当の印象に残る営業事務の自己PRを作るためには、まずその企業がどのような営業事務を求めているかを見極めることが必要です。例えば、何年以上の経験が必要なのか、OAスキルが最も重要なのか、同じ業界での営業事務経験がより重要なのか、部門の人数やほかの営業事務スタッフとの役割分担などです。これらの情報があることで、自分の今までの経験のうち何を重点的にアピールするべきかが見えてきます。また、伝わりやすさも大切なので、結論から話し、長すぎて要点がズレないように心がけましょう。自己PRと志望動機に一貫性がないなどの矛盾が起きないように注意することも重要です。

具体的なエピソードで説得力を出す

1707_2_61 (2) 忙しい営業部門のサポート役である営業事務の仕事は、即戦力が求められることも多くあります。欠員補充の場合や繁忙期に備えた採用であれば、すぐにでも入社して活躍してほしいということもあるでしょう。そのため、自己PRでは、前職の経験の具体的なエピソードを交えることで、業務に馴染めるイメージを抱いてもらうことが大切です。例えば、業務上の課題や困難を乗り越えたエピソードを話すことで、即戦力として使えるという印象を残すことができます。その際には、突っ込んだ質問をされることも考えられるので、部署の人数や売上推移など関連する情報の数値も覚えておくといいでしょう。パソコンのスキルについては、使用頻度や業務ソフトの名前を交えて具体的に話しましょう。

意欲を全面に出す

過去の経験を説明することだけでなく、その企業やポジションへの意欲を伝えることも重要です。○○のスキルを御社でも活かしたい、○○の経験を活かして今後は…、という具合に、将来的にそれらの経験や強みをどう活かしていきたいのかという熱意を伝えるといいでしょう。異業界への転職や企業規模が異なる職場である場合などには特に、「早期に成長できるよう努めます」のように向上心を見せることが重要です。逆に、営業事務の経験が豊富であっても、過度な自信や上から目線はNGです。あくまでも謙虚な姿勢で臨むほうが好印象を与えます。

未経験者の場合は?

未経験で営業事務に応募する場合はどうでしょうか。未経験者歓迎の求人を出す企業には、素直で吸収の早い若手に育ってほしいという意図があると考えられます。そのため、やる気、意欲、向上心をアピールすることを忘れないようにしましょう。また、なぜ営業事務の仕事に興味を持ったのかというきっかけを説明することも重要です。例えば、部活のマネージャー、営業職経験や秘書経験など具体的なエピソードを交えて、営業事務で活かせるようなスキルや性格を強調しましょう。また、業務で使用経験がなくても基本的なパソコン操作ができることが必要です。資格取得や通信教育など、自分なりに努力してスキルアップしているとさらにいいでしょう。

企業研究が成功のカギ

 1707_2_61 (3) 営業事務の自己PRを用意する場合には、その企業での営業事務の業務内容をしっかり把握し、自分の強みが活かせることをアピールすることが重要です。経験が少ない場合でも、学ぶ意欲が強いこと、性格上の強みを強調するといいでしょう。
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

内定にコミットする就活サービス ジョブコミット あなたの内定をしっかりとコミットします!