私服指定の説明会!どんな色の服ならOK?

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!
就活生の定番の戦闘服といえばスーツが常識ですね。しかし、時には私服で説明会や面接に来るように指定されるケースがあります。私服と言われても、一体どんな服装をして行けば良いのか頭を悩ませてしまう就活生も多いことでしょう。今回は、私服で説明会に参加するよう求められた場合に注意したいポイントをまとめます。特にどんなカラーを選べば良いのかに注目して考えましょう。男女別の定番カラーと、NGカラーも取り上げていきます。

説明会にふさわしい私服とは?

説明会で企業から私服で来てくださいと言われる場合、スーツではなく自分でふさわしいと思う服装をコーディネートする必要があります。私服といっても、普段着で良いというわけではありません。説明会というのはビジネスシーンに近い場面ですので、当然ビジネスの場にふさわしいカジュアルな服装であることが求められます。自分の好きな服装を何でも来て良いということではないので注意しなければいけません。ですから、Tシャツ、短パンのようなカジュアルすぎる服装はもちろん、服のカラーにも細心の注意が必要になります。説明会や面接で企業側は、就活生に清潔感があり常識的な服装ができているかをチェックしています。地味すぎたり派手すぎたりする服装で悪目立ちしてしまうことがないようにしましょう。

男性の私服の定番カラーとは?

更衣室 男性向けのビジネスカジュアルの定番はテーラードジャケットとシャツの組み合わせです。男性の基本カラーは、黒やネイビー、ブラウン、グレー、水色、カーキなどです。特にジャケットやパンツは黒やネイビー、グレーなどの落ち着いたカラーが上品で良いでしょう。インナーのシャツやドレスシャツは白や水色、グレーなどをチョイスするとさわやかな印象で合わせやすくなります。もう少しカジュアルにまとめたい場合は、ジャケットの代わりにカーディガンを着ることもできます。カーディガンはカラーバリエーションが豊富なので、少し個性を出したいときにおすすめです。人気のカラーは定番の黒やグレー、ネイビーのほか、ワインやダークグリーンなどがあります。カーディガンで少し個性的なカラーを使う場合には、シャツやパンツの色を抑えて全体のバランスをとることを忘れずにしましょう。

女性の私服のカラーのポイントは?

女性の私服には男性よりも幅がありますが、好感度の高いビジネスカジュアルを意識するのであればジャケットやカーディガン、ブラウス、スカートやパンツが定番です。ジャケットやボトムスは、黒やブラウン、グレー、ネイビーなど比較的落ち着いたカラーを選ぶ人が多いです。インナーは白であれば清潔感があり、合わせやすいので間違いないでしょう。ただし、女性の場合は特に、あまりにも地味なコーディネートになってしまうのは避けたいものです。明るめのカラーを取り入れることで表情が明るくなり、第一印象が良くなることにもつながります。そして、派手すぎないながらも明るい印象のカラーの服を選ぶのがおすすめです。淡いピンクや水色、グリーンなどのペースカラーのインナーやスカートを身につけましょう。もちろん、全身カラフルにしてしまうのではなく、ワンアイテムに華やかさを感じられるカラーをプラスするのが正解です。

色選びでNGなのはこれ!

私服の説明会といってもビジネスシーンですから、奇抜な格好やだらしないと感じさせるような格好はNGになります。ですから、派手な柄やカラーの服装は印象を悪くしてしまいがちです。派手すぎる色合いのシャツやネクタイ、靴やバッグ、派手すぎる色やキラキラの装飾がついた目立つネイルアートなどにも注意が必要です。その一方で、全身真っ黒、あるいは黒のイメージ全開なコーディネートも避けるべき服装です。地味な印象を与えますし、お葬式を連想させてしまいます。ダークトーンでまとめるのは良いのですが、全身真っ黒になっていないかチェックしましょう。女性は特に、少し明るめの服を取り入れることを意識して清潔感と華やかさをアピールするのがポイントです。

考え抜いたビジネスカジュアルの私服で自信をもって説明会へGO!

 Variety of casual shirts on hangers 私服指定の説明会や面接では清潔感があり、好感度を上げられるようなビジネスカジュアルの服装を意識するのが成功への近道です。落ち着いた定番カラーをチョイスするのも良いですし、多少の個性や華やかさをプラスできる明るいカラーを取り入れてみるのも良いでしょう。
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

内定にコミットする就活サービス ジョブコミット