私服指定の説明会!!赤系のカラーを上手に取り入れるには?

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

2019年卒限定 早期マッチングイベント
企業の説明会に私服で来るようにと指定されることは少なくありません。いつものリクルートスーツではなく、自分でビジネスシーンにふさわしい服装をコーディネートしなければいけないので、就活生にとっては頭を悩ませてしまう要望かもしれませんね。それでも、みんなと同じオフィスカジュアルファッションに埋もれてしまうのではなく、多少なりとも個性をアピールしたいと感じる人もいることでしょう。企業側に失礼にならずに自分の好みのカラーを取り入れながら就活をするにはどうすれば良いでしょうか。今回は、赤系カラーを使った説明会用の私服について、NG例とOK例をまとめます。

基本的には派手カラーがNGな理由

企業の説明会はビジネスシーンの延長であり、その時の服装は実際に仕事をする際にどんな服装で来るかということを測る材料にもなります。ですから、説明会で私服を指定されたときはオフィスカジュアルファッションで行くことが定番となっています。オフィスカジュアルとはスーツほど固い印象ではないものの、仕事でも通用する服装と身だしなみのことです。ですから、清潔で動きやすいことや、華美すぎずきちんとしていて好感度の高い服装であることが求められます。そう考えると、ジーンズやTシャツなどのカジュアルすぎる服装はNGということになります。また、派手な目立ちすぎるカラーや華やかすぎるアクセサリーもそぐわないといえるでしょう。そのため、派手な赤色やラメの入ったもの、大きな柄物などの服装は控えるのが無難です。ただし、企業の雰囲気によっては少し明るめのカラーを取り入れた服装で個性を出せる場合もあります。企業のイメージなどを良く考えたうえでふさわしい服装をコーディネートしましょう。

赤系を賢く使う男性ファッション

1707_2_53 (2) 男性の説明会での私服は、どうしてもダークトーンコーデに偏りがちです。半分以上の人がテーラードジャケット、シャツ、パンツの組み合わせで紺や黒、グレーなどのカラーですので、同じような服装で行くと大勢の中に埋もれてしまいます。ちょっとしたアクセントを付けたいなら、下に着ているシャツやネクタイに明るいカラーを取り入れてワンパターン化を防ぐのも良いでしょう。カラーシャツで人気なのは淡いブルーやグレーですが、淡いピンクのような赤系のシャツを上手に合わせるのも良いでしょう。また、ネクタイをするなら赤やオレンジなどを取り入れることもできます。紺色や黒系は真面目な印象を与える一方で、赤系は若さや熱意を表わすと言われています。もともと真面目に見られる、あるいはちょっと元気がなさそうに見られてしまうタイプなら赤系でチャレンジしてみるのも良いですね。また、体育会系の企業の説明会に参加する際や企業のコーポレートカラーが赤系である場合にも、赤系のカラーは好印象になります。とはいっても、原色に近い赤系は外して黒っぽい色、薄い色を選びましょう。

女性らしさを引き立てる赤系カラーとは?

ダークトーンになりがちな男性のファッションと比べて、女性はカラーの幅が広いといえます。それでも、説明会の際にはおとなしめのカラーが大半。定番の黒や紺、グレーに加えて白シャツが幅を利かせています。明るめカラーでは、淡いブルーやピンク、グリーンのペールカラーが一般的です。いくら勝負カラーだからといっても、そんな中でビビットな赤系のカラーを着るのは避けたほうが良いでしょう。赤系のカラーを取り入れたいなら、インナーのシャツやカーディガンをシックなボルドーや女性らしさを感じさせる淡いピンクにするなど、落ち着いた色をチョイスするのがおすすめです。個性を出しながらも上品さや大人の色気を感じさせることができ、好感度が高いコーディネートができるでしょう。赤系を取り入れるのであれば、そのほかのアイテムは抑えた定番カラーを使うことで、全体のバランスをとるのがおすすめです。

小物やメイクなどの赤にもこだわって!

私服指定の説明会では服装だけでなく、メイクなどの身だしなみや持っている小物まで細かく注意を払うことが必要です。メイクは基本的にナチュラルメイクを心がけ、派手すぎるカラーを使わないのがポイントです。アイシャドウは上品なブラウン系でまとめ、チークや口紅のカラーも自然なものにします。口紅は寒色系ではなく赤やピンクなどの暖色系を選びますが、濃い赤の口紅など派手なメイクはビジネスシーンには不向きです。また、バッグ、靴など小物のカラーも赤などの華やかなカラーは控えたほうが良いでしょう。黒や紺、ベージュなどの定番カラーを選ぶのが無難です。アクセサリーも目立ちすぎるサイズやカラーは控え、細いチェーンにワンポイントで宝石がついているシンプルなものにするのがおすすめです。

控えめに赤系カラーを取り入れて

1707_2_53 (3) 私服指定の説明会ではオフィスカジュアルが定番です。派手すぎるカラーは基本的にNGですが、ネクタイやシャツなどに淡いピンクやボルドーなど、控えめな赤系カラーを取り入れることはできます。企業の雰囲気に合わせつつ個性をさりげなくアピールして就活を乗り切りましょう。
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!