アパレル企業の会社説明会は私服参加!おすすめの服装とは?

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

2019年卒限定 早期マッチングイベント
就職活動には欠かせない企業説明会。特にアパレル企業への就職を希望する人にとっては、どんな服装で説明会に参加するかは悩みの種ですね。ほとんどのアパレル企業は説明会へ「私服で参加ください」としているため、無難にリクルートスーツで行くことはおすすめできません。一体どんな格好で行くのが良いのでしょうか?ここでは、アパレル企業の説明会におすすめの服装やNGな格好、採用担当者がどういうところをチェックしているかなどを紹介します。

アパレル企業の説明会には私服?

企業説明会へ参加する場合、通常はリクルートスーツで参加するのが一般的です。落ち着いた色合いのスーツで、周りから浮かない服装を心がけるのではないでしょうか。しかしアパレル企業の場合は、「説明会には私服で参加ください」と言われることが多くあります。これは第一に、参加者のファッションセンスを見ることが目的だからです。説明会とはいうものの、アパレル企業の場合は説明会ですでに審査が行なわれているケースが多いので、自分をアピールすることができる絶好のチャンスです。アパレル企業で働きたいという人は、少なからず洋服に興味を持っているはずですね。採用担当者に自分がそのブランドで働いているイメージを持たせるような格好をしていきましょう。

どんな服装をすればいいの?

1707_2_51 (2) 採用担当者にアピールするためには、まずは就職したい企業のコンセプトをしっかりと意識することです。企業やブランドはそれぞれ独自のコンセプトを打ち出しています。ホームページなどでも確認することができるので、そのコンセプトに合った服装を選ぶことが重要です。ただし、全身そのブランドの服装で着飾る必要はありません。高価なブランドの場合は背伸びをしすぎているのが担当者に伝わると、かえってマイナスの印象を与えてしまいます。あくまで企業の雰囲気に合った格好を意識すれば大丈夫です。それでも悩む人は、希望するブランドのショップを訪れて、店員の格好を参考にするのも良いですね。「なぜその服装で来たのか?」と質問されることもあるので、あくまで自分らしさをアピールできるよう、日頃からブランドのイメージを意識した服装のコーディネートをしておくことをおすすめします。

NGな格好とは?

いくら私服での参加とはいえ、気をつけたいのは説明会だということ。サンダルやダメージ加工が強いものなど、ラフすぎる格好は担当者の印象を悪くします。また、男性の場合は伸びすぎた髪や無精髭、女性の場合は濃過ぎるメイクや露出度の高い服装などもNGです。洋服にシミや汚れが付いているなんてもってのほかですね。特にアパレル企業の場合は接客もあるので、お客様に清潔感を与える必要があります。説明会では採用担当者に清潔感を与える服装を意識しましょう。希望するブランドの服で全身固める必要はありませんが、かといって競業他社の服を着ていくのはNGです。説明会は自分がこのブランドで働きたい!という意思を伝える場でもあるのに、なぜ競合他社の服を着てきたのか?と企業側は理解できないはずです。

常識の範囲で自分らしさをアピール!

アパレル企業の場合、説明会は「なぜ自分はこの企業で働きたいのか?」を担当者にアピールできる場です。着ていく服装が決まらないあまり、無難にリクルートスーツで行くのはかえって印象が良くありません。周りが自分らしさとブランドイメージを意識した格好をしているなかで、かえって一人浮いてしまうはずです。あくまで企業説明会だという意識を持って、常識の範囲内で自分を精一杯アピールしましょう。企業側は社会人としての常識的な服装であるかもちゃんとチェックしています。

担当者がどういうところを見ているのかを意識しよう

 1707_2_51 (3) アパレル企業の説明会では私服参加が今や常識となっています。採用担当者はファションセンス、自己アピール、清潔感、常識的な服装かなどを総合してチェックしています。背伸びしすぎて、あまりに自分らしくない服装で行くのは考えものです。肩の力を抜いて、説明会を楽しむくらいの気持ちで参加してくださいね。
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!