説明会に来ていける私服とは?女性の場合はこうしよう!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!
就職活動の説明会で企業回りをする際に気になるのが髪型やメイク、そして服装ですね。人はまず外見の印象でおおかたの判断をしてしまうものです。もちろん就職活動においてはそのほかの要素が判断に影響しますが、まず外見で好印象を持ってもらうための努力はしたいものです。では、説明会での服装はどうすればいいのでしょうか?スーツ?あるいは私服?好印象を与える服装について深く掘り下げます。説明会での服装に悩む女性は必見です。

そもそも説明会での服装はどうあるべき?

就職活動中の服装には一番気を遣うという人が多いことでしょう。季節や気温などもさることながら、説明会やインターンなど内容によっても服装が変わってくることは多々あります。どんな服装がいいのか常に悩むところです。説明会においてはどういう服装が一番いいのでしょうか。説明会の案内に、「私服でお越しください」「スーツの必要はありません」といった服装に関する説明があった場合には、それに順ずることが望まれます。「スーツの必要がない」と言われているのにスーツ着用で参加した場合、案内を確認していないと思われる可能性もあります。先を見越したつもりがかえって誤解を受ける場合があるので、私服OK、スーツ着用不要とあった場合にはその案内に順じましょう。特に服装に関する記載がない場合は、スーツなど清楚な服装を選んだほうが無難です。

企業に好印象をもたれる私服とは?

1707_2_42 (2) では、「私服でお越しください」とあった場合はどういう私服を選べばよいのでしょうか。私服OKとあったとしても、遊びに行くわけではないのですから、なんでもよいというわけではありません。説明会など企業訪問をする場合の私服で選ばれやすいのが、女性の場合はブラウスとスカート、そしてカーディガンや軽めのジャケットなど、いわゆるオフィスカジュアルで清楚ないでたちです。スカートといってもタイトスカートを選ぶとスーツに近くなってしまうので、ひざ丈ほどのフレアスカートが女性らしさや清楚さを演出でき、好印象を与えます。色は落ち着いた紺やベージュ系などが選ばれやすくなっています。また、上半身はフレアスカートに合わせやすい色や形のブラウスやカットソーを選ぶとよいでしょう。さらに、気温に応じてカーディガンやジャケットを選びましょう。着なくてもジャケットを持参することがポイントです。

私服で説明会に行く場合に気をつけること

スーツの場合は、服装のほかに靴やバッグ、ヘアアクセサリーなど就活グッズといってもよい一揃えのものを用意している人が多いかもしれません。説明会に私服で参加する場合は、服装のほか靴、バッグなどもそれなりの用意が必要となります。もちろんスーツの際の小物類を使用することで問題ありませんが、黒くなりがちなスーツ時の靴が、私服の際には合わない場合もあります。私服で説明会に行く場合には、このような身の周りの持ち物が服装に合っているかもチェックする必要があります。また、説明会によっては「自分を表現できる服装を」という指定がある場合があります。このような場合は、極端にカジュアルすぎる私服は避けた方がよいですが、服装の色や柄、さらに髪型などで自分らしさを表現することができます。しかし、あくまでも就職活動の一環です。企業担当者に自己PRとして伝えられる機会として表現の仕方を工夫しましょう。

ズバリ!説明会に私服で行くと何をみられるか

企業が説明会に私服で参加することを希望するのは、さまざまな意図があります。スーツ姿は画一的で、就活生個人の個性や感覚、センス、考え方が見えにくい傾向があります。説明会に私服で来てもらうのは、そんな就活生ひとりひとりの個性を見るチャンスでもあります。また、「私服でお越しください」と案内した場合に、就活生自身がどういう読み取り方、判断をするのかも問われます。私服でとされているのにきっちりスーツで来る場合、就職活動の一環であるにも関わらず、私服でという部分だけをフォーカスし、周りから浮くくらいくだけすぎてしまった場合など、やや失敗例も見受けられます。それも個性と受け取る企業もあるかもしれませんが、本来私服でと希望する場合には、企業が何を求めているのかを読み取る力も試されている、選考過程の一部と捉えることが肝要です。

私服OKの意図を考慮して服を選ぼう

 1707_2_42 (3) 企業により私服OKや自分を表現できる服装など、説明会での服装の要望はさまざまです。企業担当者に好印象を与える女性の私服は、スカート、ブラウスなど、そしてジャケットが一般的です。私服OKとあった場合に、企業が何を求めているのかを考慮することが大切です。
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

内定にコミットする就活サービス ジョブコミット あなたの内定をしっかりとコミットします!