説明会に私服でくるようにいわれたら!どんな格好をしていけばいい?

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

2019年卒限定 早期マッチングイベント
会社説明会で私服を着てくるように指示されることは珍しいことではありません。しかし、いざ私服を着てこいといわれると、何を着て行って良いかわからないという人も多いのではないでしょうか。とりわけ就職活動に慣れてくると、リクルートスーツで行動することが多いだけに、私服の着方に頓着する機会が少ないことは確かです。また、私服で良いとはいっても、どんな服で参加してもOKというわけでもありません。それでは、説明会に私服でくるようにいわれたら、どのような格好をしていくのが適切なのでしょうか。

スーツスタイルはダメ!私服の指示があるなら私服で参加しよう

まず、私服を着てくるように指示されているなら、必ず何かしかの私服で説明会に参加するというのが基本です。実際、私服を着てくるように指示がされているにもかかわらず、いつものリクルートスーツで説明会にやってくる学生が少なくありません。しかし、企業側も「普段通りの雰囲気が見たい」とか「リラックスした状態で説明会に参加してほしい」など、何らかの明確な目的があってそのような指示を出しているはずです。それなのに、スーツスタイルで説明会に参加していたのでは、企業側の意図を理解していない人と判断されてしまっても仕方ありません。私服指定のある説明会には、スーツではなくしっかりと吟味された私服で臨むのが基本だと理解しましょう。

ビジネスに相応しいカジュアルスタイルで説明会に参加しよう

男性ポートレート 私服指定のされている説明会には、きちんと私服を着て参加するのが当然ですが、だからといってTシャツにジーンズなどといったラフな格好で参加するのは好ましくありません。私服OKの説明会とはいえ、そこはビジネスの場です。そのため、私服とはいえビジネスに相応しい格好をしていく必要があります。ただ、あまり堅苦しい格好をしてしまうと、せっかくの私服の醍醐味も薄れてしまいますから、硬すぎず崩しすぎないちょうど良い塩梅の恰好を吟味することが大切です。そこでおすすめなのが、ビジネスカジュアルです。ビジネスカジュアルとは、要するにビジネスシーンでも浮かないカジュアルなスタイルだと理解してください。それでは、どのようなスタイルがビジネスカジュアルなのか、男女別に見ていくことにしましょう。

男性のビジネスカジュアルとは!

まず、男性のビジネスカジュアルから考えてみましょう。基本的なイメージとしては、アウターにジャケット、パンツはチノパン、インナーにシャツかドレスシャツと考えておけば間違いではありません。ただ、ビジネスカジュアルの定義はそこまではっきりしているわけではないので、ここに多少なりとも自分のアレンジを加えていってみても良いでしょう。チノパンにジャケットではなく、ポロシャツを合わせてみるとか、少し自分なりに工夫してみてください。ビジネスシーンであることを忘れず、色合いはできるだけ黒や紺、茶系などの落ち着いた色で合わせるのが基本です。

女性のビジネスカジュアルを考える!

女性の場合も男性と同じように、ビジネスシーンであることを意識しながら硬すぎず緩すぎないカジュアルスタイルがやはり無難です。アウターは黒や灰、紺などシックな色のジャケット、インナーにはブラウスやカットソーなど、そしてボトムスはやはり黒や紺などの落ち着いた色のパンツやスカートが良いでしょう。女性の場合は素材でコーディネートしてみると、よりビジネスカジュアルらしくなる傾向があります。ジャケットと同じ素材のパンツやスカートを合わせると、カジュアルでありながらスーツのような引き締まった印象になりやすいです。一方、あまり高級なブランド物などでコーディネートしてしまうと、ビジネスシーンに相応しくない格好になってしまうことがあるので注意しましょう。

センスが試されてる?私服で自分らしさをアピールしよう

 1707_2_41 (3) 説明会に私服で来るようにいわれたら、怖気づいたり尻込みしたりせずに、自分らしさをアピールする良い機会だと考えるようにしましょう。私服OKの説明会はセンスが試される場でもあります。それに相応しい格好をしっかり吟味して、説明会から企業にアピールできるように努力しましょう。
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!