説明会の形式とは?合同説明会と企業説明会の違い

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!
就活生がはじめに企業の担当者と出会う場である企業の説明会は、その企業の強みについて知ることができる貴重な機会ですが、なかにはどの合同説明会や企業説明会に参加したらよいかわからないという人もいるのではないでしょうか。合同説明会と個別の企業説明会の役割や形式について理解を深め、効率良く就職活動を行うようにしましょう。ここでは、合同説明会と企業説明会の違いと、企業説明会のさまざまな形式について説明します。

合同説明会とは?

企業の説明会の形式は、大きく分けて合同説明会と個別企業説明会の2種類があります。合同説明会はその名のとおり、複数の企業が合同で出展する説明会のことを指します。就活が始まる12月頃から行われ、大きな会場を企業ごとにブースを仕切って開催されます。企業はより多くの学生に自社のことを知ってもらう機会として利用し、学生側も一度にたくさんの企業について知ることができるチャンスと言えます。通常30分ほどの説明を各企業がそれぞれのブースで繰り返し行います。合同説明会に参加するメリットは、知らなかった企業や業界に興味を持つきっかけになることや、業界研究に役立てることなどです。そのため、すでに志望企業が固まっている人にとっては、必ずしも参加するべきとは限りません。

企業説明会とは?

1707_2_36 (2) 合同説明会にブースを設ける企業の多くが、その後個別の企業説明会も開催します。企業説明会は、自社の会議室やレンタル会場を借りて個別に開催する説明会のことです。時期的には合同説明会よりも後に行われ、説明会自体も1時間から数時間と長めに設定されているため、合同説明会と比較してより志望度の高い学生が足を運ぶことが多いと考えられます。学生は事前に参加申し込みをして席を確保する必要があることから、人気企業の説明会はキャンセル待ちということもあります。なかには企業説明会に参加しないとその後の選考に進めないという企業もあるので、志望度が高い企業の説明会には必ず出席するようにしましょう。

さまざまな企業説明会の形式

企業説明会の形式は企業によってさまざまです。一般的な形式はスクール形式で人事担当者がスライドなどを利用して会社の説明を行い、最後に質問を受け付けるというパターンですが、企業が一方的に情報発信するのではなく学生とのコミュニケーションを取ろうとする企業もあります。例えば、5人前後の学生で一組のグループを作るグループ形式、部署別にブースを設けて先輩社員の話を聞きに行けるブース形式などがあります。さらには、座談会形式やカフェ形式と呼ばれる説明会では、学生と社員がざっくばらんに意見交換をできる場や、学生同士の交流を深めるという役割も果たします。いずれも従来の人事担当者が説明をする形式に比べて社内の雰囲気が伝わりやすく、現場社員の生の声を届けることができると考えられます。企業にとっては、よりカジュアルな雰囲気のなかで学生の本音を聞き出す機会ともなるでしょう。

どちらが重要?

それでは、合同説明会と企業説明会はどちらに重点をおくべきかというと、企業説明会です。もちろん、なかには合同説明会から優秀な学生に目を付ける企業や、早々に学生同士のネットワークを築いて情報交換をする学生もいますが、最も重要なのは個別の企業説明会です。企業説明会では合同説明会よりも濃い内容の説明をすることが多く、特にグループ形式などの説明会では実際に働いている配属先の社員と交流する機会があるかもしれません。これらの情報を活かしてより企業の強みや働くイメージを持ち、志望動機につなげていくことが重要です。

多様な形式の説明会に備えておく

 ビジネスマン このように、説明会はスクール形式のみとは限りません。自分の意見を発言する場や、先輩社員に質問する機会が設けられている可能性もあるため、参加する前に企業について調べていくつかの質問を用意してから臨むといいでしょう。
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

内定にコミットする就活サービス ジョブコミット