説明会に参加する際の靴選びのポイントは?

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

2019年卒限定 早期マッチングイベント
説明会にはじめて参加する就活生にとって、どのような服装で臨むべきかという点は気になるポイントではないでしょうか。特に、普段履きなれない革靴を選ぶ際に、色やデザインなどについて悩むことがあるかもしれません。革靴は汚れや傷が目立つうえに、足元は人事担当者の目につきやすい場所でもあります。革靴は社会人になってからも使えるアイテムなので、しっかり考えて選びましょう。ここでは、説明会に参加する際の靴選びのポイントについて説明します。

靴は意外と見られてる?

企業説明会は就活生が初めて企業の担当者と会う、いわば就活のスタート地点とも言える大イベントです。服装は人の第一印象を決める要素になり得るため、就活生にとって大切なポイントといえます。説明会は特に指定がない限りリクルートスーツを着る人がほとんどですが、靴は普段と同じスニーカーというわけにはいきません。スーツに合わせた革靴やパンプスを購入する必要があるでしょう。企業の人事担当者は服装などの見た目だけで学生を判断することはありません。しかし、だらしない格好や清潔感がない服装の学生に、良い印象を持つことはほとんどないと言っていいでしょう。TPOをわきまえない非常識な学生だと思われてしまう可能性もあります。足元は椅子に座ったときや礼をしたときなどに自然に目が行く場所でもあります。相手に悪い印象を与えないような靴選びをする必要があるでしょう。

男性の靴の選び方

男性の靴は革製で色は黒か濃茶が無難でしょう。鞄の色とそろえると統一感が出ます。先が尖っている革靴はリクルートシューズにも合わず、人事担当者の印象も悪いので避けましょう。丸みがあるプレーンシューズを選ぶのが適切です。革靴は放置しているとひび割れる可能性があるので、定期的なお手入れも大切です。週に一度、保護用クリームを塗るといいでしょう。かかとのすり減りやつま先の傷も目立つので注意が必要です。持ち運びサイズのシューズクリーナーを鞄に入れておくと、外出先で万が一靴が汚れてもすぐに対処ができます。また、新品の革靴は靴擦れのリスクもあるため、終日合同説明会の予定の日などは避けたほうが良いかもしれません。説明会に私服で参加する場合であっても、スニーカーなどカジュアルすぎる格好は適切ではありません。オフィスカジュアルに革靴が正解でしょう。

女性の靴の選び方

女性の場合は、革製のパンプスで黒、紺、茶など落ち着いた色が一般的です。リクルートスーツが黒の場合は、靴も黒に統一したほうがベターでしょう。ヒールは歩いても疲れすぎないように、3センチから5センチの高さで細すぎないものがおすすめです。つま先は丸いプレーン・トゥを選び、かかとが尖りすぎているものは避けます。黒などの濃い色の靴は傷や汚れが目立つので、お手入れを欠かさないようにしましょう。パンツスーツの場合、立っているときには裾で靴が隠れますが、座るとしっかり見えるので注意が必要です。また、ヒールの先がとれてしまったりすり減ったりしていると、見た目が悪いだけでなく歩くたびに音が響いてしまう可能性があります。なるべく早く修理してもらいましょう。

靴下・ストッキングは?

意外と忘れがちですが、靴下やストッキングも重要なポイントです。男性の場合、靴下は白や派手な色を避け、鞄やベルトと同色にするといいでしょう。説明会では座っている時間が長いので、原色などの靴下を履いているととても目立ってしまいます。スーツの色とのバランスも非常に悪いので気を付けましょう。ゴムがゆるくなったヨレヨレの靴下や、くるぶしまでの靴下もNGです。女性のストッキングは肌の色に一番近い色を選ぶといいでしょう。伝線したときの場合に備えて、予備を常備しておくと安心です。

前日までに靴の手入れをしておくと安心

手入れが行き届いた革靴は、清潔感のあるスーツ姿に欠かせないアイテムです。そして、自分の足のサイズとスーツの色に合ったものを選ぶことが重要です。説明会に参加する際には、前日の夜までに靴の手入れを済ませるといいでしょう。
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!