説明会で聞きたいことは?質問する際のポイントを紹介

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!
説明会は就活に有利な情報を仕入れるチャンスです。しかし、何を聞けば良いのかわからない人もいるのではないでしょうか。また、聞きたいことがあっても、質問して良いのかためらってしまうケースもあるでしょう。説明会には採用担当者も携わっていることが多いですし、役員が出席しているケースも珍しくありません。要点を踏まえた質問をすれば参考になると同時に、好印象を与えられる可能性もあります。そこで今回は、説明会で質問する際のポイントを紹介します。

入手が難しい情報を得るための質問を!

説明会の趣旨は、企業に関する詳しい情報を説明することです。企業のWebページを見ることでも情報を入手できますが、企業研究としては物足りません。インターネットを重視していない企業の場合は、古い情報しか掲載していない場合もあります。就職関係の口コミのサイトなども参考になりますが、すべての情報が正しいとは限りません。それに対して説明会では、新しくて正確な情報を入手できます。ポイントはインターネットでは入手できない情報について質問することです。聞きたいことがあっても、簡単に調べられる内容なら質問を控えましょう。実際の社風など、入社しないと知るのが難しい情報を中心に聞くことが大切です。今後の事業展開など、まだ公になっていない貴重な情報を教えてもらえるケースもあります。

どのような業務を担当する?1日のスケジュールなども確認

1707_2_24 (2) どのような業務を行うことになるのかを聞いておくと、自分に適性があるのか判断しやすくなります。入社後にミスマッチを感じることを防ぎやすくなりますし、志望動機を考える際の参考にもなるでしょう。仕事で必要になるスキルなどもイメージできるので、面接の自己PRで何を伝えれば良いのかも判断しやすいです。多くの説明会では人事部門の社員のほかに、募集を行っている部署の先輩社員も登壇します。その場合は、仕事について具体的な質問をするのがおすすめです。新入社員が担当する業務の内容や、1日のスケジュールなどを教えてもらいましょう。ただし、残業について質問をすると働く意欲に関してネガティブな印象を与えかねないので注意しなければなりません。

人事に関する質問もOK!配属までの流れなど

一般的に、説明会は人事部門が関わっています。そのため、人事に関する質問をすることも可能です。部署に配属されるまでの流れや新人教育について聞いておくと、入社後に関する不安が少なくなるでしょう。特に新人教育には研修やOJTなどさまざまな種類があるので、知っておくと心構えをしやすくなります。配属の希望は叶えられるとは限りませんが、質問をすれば配属先を決める基準を教えてもらえるケースもあります。希望の部署がある場合は、それを知っておくと対策を練りやすくなります。また、評価制度について教えてもらえば、キャリアプランを考える際に役立つでしょう。特に年功序列ではなく、成果を重視する企業で働きたい場合は聞いておいたほうが良いです。

若手社員がいれば就活について質問!

聞きたいことの中に、就職活動に関する内容が含まれている人も多いでしょう。若い社員が登壇しているときは、就職活動の経験について質問するチャンスです。就職活動の状況やノウハウは時代とともに変化します。しかし、自分とあまり年齢が変わらない若手社員から得られる情報は、まだ共通しているケースが多いです。たとえば、業界選びや自己PRにおいて重視した点に関する質問などが考えられます。まさに自分も現在検討する必要があることなので参考になるでしょう。志望理由について聞くと、その企業の新たな魅力に気付くケースもあります。また、就職活動中に抱いていたイメージと、入社後に感じたイメージの違いに関する質問も参考になります。ただし、マイナスのギャップを尋ねるような聞き方にならないように気をつけることが大切です。

マナーを守り敬意を払って質問しよう

 1707_2_24 (3) 質問内容に関するポイントを紹介しましたが、尋ねるときのマナーも大切です。自己紹介やお礼を述べることも忘れてはいけません。聞きたいことを教えてもらうには、説明会を開いてくれたことに対して敬意を払うことが大切です。
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

内定にコミットする就活サービス ジョブコミット