栄養士の就職活動を成功させる自己PRの書き方とポイント

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!
健康志向の高まりや高齢化に伴って日々の食事や栄養に高い関心が集まってきています。栄養学のスペシャリストである栄養士は、今後もニーズが高まると期待できる専門職のひとつであり介護や医療分野、食品メーカーなど活躍できる分野も広がってきています。しかし資格を持っていれば就職先に困らないわけではなく、就職を希望する企業によっては応募が集中することもありますのでしっかりと準備をしておくことが大切です。栄養士が就職活動を成功させるための自己PRの書き方やコツについて紹介していきます。

自己PRの重要性とポイント

就職活動の時は履歴書やエントリーシートといった応募書類を事前に提出するケースがほとんどであり、応募者が多い場合は人事担当者が応募書類を見て次のステップに進む人材を選考します。つまり応募書類を見た人事担当者に会ってみたいと思ってもらえなければ面接に進むことさえできなくなるのです。自己PRやセールスポイント、志望動機に統一性がないと面接で人事担当者よりさまざまな質問を受けたときに説得力のある答えを出すことが難しくなるからです。履歴書やエントリーシートの中でも特に人事担当者が重要視しているのが自己PRの部分です。応募書類の中では自己PR以外にも自分自身のセールスポイントやその企業への志望動機などについても言及しますが、それらと自己PRには関連性を持たせるのがコツになります。栄養士に必要な素養を把握し自分の強みと結びつけて自己PRを作っていきましょう。

栄養士に求められている素養とは

食材と人のイメージ 栄養士が働ける場所は多岐にわたっていますが、どこで働くにしても求められている素養に共通点があります。まずは食への興味は必須事項だといえるでしょう。栄養士の業務は限られた時間や予算の中で試行錯誤を繰り返しながら献立やメニューを作ることが主な仕事であり、料理や食材に興味や関心がないと務まらないからです。コミュニケーション能力も求められる素養のひとつになります。食に関する知識を誰かに伝える、献立やレシピに関するニーズを把握するなどコミュニケーションを取る場面が多く出てくるからです。また食品を扱うことから清潔感も求められます。ネイルやアクサセサリーの着用などは基本NGですし、髪の毛もすっきりとまとめる必要があります。これらの素養を自己PRや志望動機に結びつけられると人事担当者の目を引き付ける自己PRや応募書類が作れるでしょう。

まずは自己分析を行うこと

いきなり自己PRやセールスポイントを作るのは難しいと考えられますので、まずは自分自身のことを知ることが大切です。自分を客観的に見て自分の持つ適性や可能性を探るための自己分析を行いましょう。自己分析を行うための書籍やインターネットサイトがいくつも存在しますのでそれらを活用して自己分析を行い、上手く自己PRやセールスポイントに盛り込んでみます。たとえば飲食店でのアルバイトで調理経験があり、手際よく調理するために工夫してみたといったエピソードから自己PRにつなげてみるのです。就職活動では自分自身を売り込むことが大切ですので、マイナス思考を捨ててプラス思考で自分を見ることが重要になります。志望動機と自己PRに関連性を持たせると応募書類に説得力が出ますが混同しないように気を付けましょう。自己PRは自分の良い部分をアピールする部分であり、志望動機はなぜその企業に入社を希望するのかを伝える部分だからです。

自己PRを組み立てるコツ

自分の良い部分を伝えたいと思うとつい文章量が多くなりがちですが、文章量は多くても少なくても良い自己PRだとは言えないのです。また読みやすさを考えて文字サイズを考慮することもポイントのひとつです。文字のサイズは10~11、行数は10行以内にまとめられるようにしましょう。そして重要になってくるのが具体的なエピソードを盛りこんで自己PRにオリジナリティと説得力を持たせることです。たとえば自宅で料理を作ったとき歯が悪い祖母のために材料を細かく刻んだりととろみを付けたりして食べやすくし喜ばれたというエピソードを入れることで、食への関心や工夫ができることをアピールできます。

日常生活からエピソードを探そう

1707_1_3 (3) 栄養士の自己PRを作ろうと考えると、人とは違った特別な経験を入れないといけないのではと考えがちです。しかし特別な経験やエピソードが求められているわけではないのです。飲食店でのアルバイトの経験や日常生活で料理を作ったことなど食に関わりの深い栄養士は、日常生活の中で食にまつわるエピソードがいくつもみつかります。それらを自分の強みと結びつけてアピールポイントにつなげてみましょう。
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

内定にコミットする就活サービス ジョブコミット