企業の商品・サービスに対する意見や提案を聞かれたときの回答法

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!

面接官が企業の商品・サービスに対する意見や提案を聞く意図は?

就活の面接では、よく企業の商品・サービスに対する意見や提案を聞かれます。 多くの場合、以下のように企業の現在の状況や今後の動向について意見を求める設問となっています。 ・企業の既存商品・既存サービスについての感想、意見、提案 ・企業の新商品・新サービスについての提案 ・業界において、今後どのような商品やサービスが求められると考えているか ・今後、業界はどのように変化していくと考えているか ・今後、企業はどのようなアクションをとるべきか 面接官がこのような質問をする意図は、就活生の「企業への志望度」と、「業界・企業研究をきちんとしているか」について確認するためです。 企業の商品・サービスについてきちんと勉強し、業界の中での立ち位置や、将来的な動向まで考えることができていれば、面接官に対して入社への本気度を伝えることができます。 今回は、このような質問をされた時の回答法について3つのポイントから解説していきます。

企業の商品・サービスに対して意見や提案をするときの3つのポイント

photo38-2 1.企業を褒めちぎってはいけない ⇒企業からしてみると、企業の商品・サービスが大好きで、ただのサポーターになってしまう社員は必要ありません。きちんと課題意識を持ち、改善できる人間が必要となります。企業の商品やサービスに対して良い点を挙げながらも、弱点・課題点をしっかりと指摘して、自分なりの改善案を伝えましょう。 2.周囲の意見を交えて、より具体的に回答する ⇒企業の既存商品・既存サービスの良い点や課題点については、一般論ではなく、これまでの経験や、家族・友人など身の回りの消費者の意見を交えて、より具体的に回答することを意識しましょう。新商品・新サービスについて考える時も基本的には同じ考え方で、身の回りの不便なことや「こんなものがあったら便利なのに」という思いを解決できる商品・サービスであれば望ましいです。 3.業界の動向については、色々な情報に耳を傾けたうえで自分の意見を伝える ⇒業界の動向についての予測や、企業のとるべきアクションは、経営者でも考えることが難しい問題です。それにも関わらず、なぜ学生に対してこのような質問をしてくるのかというと、どれだけ勉強したか?いかに社員に会うなどの努力をしたか?いかに身の回りの状況と照らし合わせて自分で考えたか?を含めて、就活生がどれだけ努力したかを見ています。ここでは、より多くの情報を取り入れたことをアピールしたうえで、自分なりの考えを伝えましょう。 是非、参考にしてみてください!
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

内定にコミットする就活サービス ジョブコミット