面接が終わったあとに就活生がとるべき3つのアクション

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!

面接力をあげるために必要なこと

就活では、ほとんどの企業の選考において最終的に「面接」を突破する必要があります。 しかし、面接を苦手とする就活生は多いものです。 そんな中で、ほとんどの就活生は事前に聞かれそうな質問に対して、回答をノートにまとめるなどの事前準備をすることを重視しています。 しかし、面接力を本当にあげるためには、面接前の準備だけでなく、面接が終わった後の振り返りが重要となります。 特にうまくいかなかった面接や、落ちた時の面接は振り返りたくないものですが、落ちた時の面接にこそ、面接力を向上させるためのポイントが隠されているのです。 難関企業から内定を獲得する就活生は、必ずと言っていいほど、本命企業を受験する前に複数の面接をこなした上で、この振り返りをきちんと実施しています。 社会人になると、よくP(Plan)D(Do)C(Check)A(Action)という言葉を使いますが、面接においてもP(面接準備)D(面接を受ける)C(面接を振り返る)A(振り返りを活かして次の対策を実践する)というサイクルが重要となるのです。 それでは、面接が終わったあとの対策は、どのように進めていけばよいのでしょうか? 今回は、面接が終わったあとに就活生がとるべき3つのアクションについて解説していきます。

面接が終わったあとにとるべき3つのアクション

Feedback concept with hand pressing a button 1.面接が終わったら、30分以内にすべての内容をノートに書く ⇒面接官の質問と、自分の回答について、思い出せる限りすべてノートへ記載しましょう。人の記憶は、時間が経つにつれて薄れていくものなので、可能な限り面接終了後30分 以内に実施することをおすすめします。 面接官の性別・年齢・役職などの基本情報、面接官の人数、面接官からの質問の内容、質問に対するあなたの回答の内容を中心に記載しながら、質問→回答の間合いや、面接官の表情なども思い出せる限りまとめてみてください。 2.自分で良かった点、良くなかった点をまとめる ⇒うまく回答ができた質問と、うまく回答ができなかった質問をまとめて、それぞれどんな点が良くて、どんな点が良くなかったのかについて振り返ってみましょう。 特にうまく回答ができなかった質問については、どのように回答すればより良くなるのか、改善ポイントをセットで付け加えましょう。 質問と回答の内容だけでなく、回答が棒読みになっていなかったか?声量や話のスピードは適切だったか?など、細かい部分もチェックできるとより効果的です。 3.OBOG・内定者・キャリアコンサルタントからフィードバックをもらう ⇒面接の振り返りをノートにまとめたら、必ずOBOG・内定者・キャリアコンサルタントなど、周囲の人へ見せてフィードバックをもらいましょう。 特に、改善ポイントについてアドバイスやフィードバックをもらうことで、より洗練された回答を身につけることができるようになります。 是非、参考にしてみてください!
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

内定にコミットする就活サービス ジョブコミット