インターネット広告業界の就活対策

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!

成長を続けるインターネット広告

2017年に電通が発表した日本の広告費では、「インターネット広告媒体費」が1兆3,100億円となり、インターネット広告媒体費が初めて1兆円を超えました。 前年成長率も113.0%となっており、テレビ(前年比101.7%)・新聞(前年比95.6%)・雑誌(前年比91.0%)・ラジオ(前年比102.5%)などのマス4媒体と比較しても圧倒的な成長を見せていることがわかります。 テレビメディアの広告費は1兆9,657億円なので、いずれインターネット広告費がテレビメディアの広告費を抜く日も近いことが予想されます。 スマートフォン広告市場が拡大し、各メディアやSNSでの動画広告の領域が大きくなっている今、インターネット広告は各企業から注目される領域となっているのです。

インターネット広告業界ってどんな仕事があるの?

インターネット広告の仕事を大きく分けると、「営業職」と「運用・マーケティング職」の2つに分けることができます。 営業職の仕事は、他の広告媒体の営業と似ています。広告主の商品やサービスに対する集客を増やすために、Yahoo・Google・Youtube・Facebook・Instagram・Twitter・アフィリエイト広告など、様々なサービスの広告を提案していきます。 営業スタイルは企業ごとに違いますが、既存の大手クライアントにつきっきりのパターンもあれば、テレアポで新規開拓をしていくパターンもあります。 運用・マーケティング職の仕事は、営業がとってきた広告主の予算をもとに、最適な広告配信方法を設定し、集客の成果をあげていくことです。 現在のインターネット広告の多くは、「運用型広告」にシフトしています。 「運用型広告」とは、媒体や広告配信元の持つ膨大なデータを利用して、広告主が求めるターゲットへの広告配信を実現していく広告のことを指します。 運用・マーケティング職の仕事は、これらのデータを有効に活用していくスキルが求められるのです。

インターネット広告業界の就活ポイント

photo35-3 インターネット広告業界の就活のポイントとしては、インターネット広告とマス広告の違いについて理解しておく必要があります。 インターネット広告とマス広告の1番の違いは、「数値計測」にあります。 広告費に対する実際の成果が見えにくいマス広告とは違い、インターネット広告は全て数値で成果を見ることができます。つまり、施策の成功・失敗がハッキリする特徴をもっているのです。 PDCAをきちんとまわすことが、仕事において大変重要なウェイトを占めているため、学業・アルバイト・サークル活動を通してそのような経験があればアピールしていきましょう。 また、インターネット広告の特徴は、マス広告と比較して単価が安いという特徴があります。 そのため、中小企業から大企業まで顧客の数も圧倒的に多くなります。 色々な業界の人の話を聞く機会が増えるので、新しいことに積極的にチャレンジしていく姿勢も、アピールポイントとして重要となります。 是非、参考にしてみてください!
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

内定にコミットする就活サービス ジョブコミット