大手の面接に落ちる4つの理由とは?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!
大手企業の面接に通って採用を勝ち取りたいと願っている就活生であっても、何度も面接に落ちてしまう人もいるでしょう。そういった人は、面接対策のどこかに間違いや不足があるのかもしれません。そのため、冷静になって面接対策を見直してみる必要があるでしょう。しかし、どのように見直してみればよいかよくわからないという人もいるはずです。そこで、大手の面接に落ちる理由とその対策について4つの点に絞ってお伝えします。

大手企業が求める実力がない

大手企業の採用面接に落ちる理由の1つ目は、その企業が求める実力がないことです。大手企業の場合は、多くの応募者が殺到しますので生き残り競争が激しくなるのが普通です。大手以外であれば面接に合格できる実力があったとしても、大手企業では面接に通らない可能性もあるのです。素直に自分の実力不足を認めることも大切です。しかし、それで終わってしまってはいつまでたっても大手の面接に通ることはできません。何が不足していたのかを客観的に分析し、実力を伸ばす努力をしたうえで、再度挑戦することが重要になります。面接に落ちたときこそ冷静に自己分析をしてみることをおすすめします。

志望動機が甘い可能性がある

大手企業の採用面接に通らない理由の2つ目は、志望動機が甘い可能性があることです。応募先の企業の面接官は、必ずといっていいほど応募者に対して志望動機を確認します。たとえ書類に書かれているとしても、応募者本人からの話を聞こうとするのが一般的です。その理由は、志望動機を聞くことで働く熱意や覚悟、さらにはその人の人格や考え方をうかがい知ることができるからです。志望動機を整理せず体裁だけ整えた動機である場合、面接官もプロですので簡単に見抜かれてしまう可能性があります。なかなか面接に通らない人は、志望動機を本気で見直してみることをおすすめします。

第一印象を軽視している

「自分は大手企業に入社できる実力がある」と思っている人でも面接に通らない人も多いでしょう。そういった場合は、自分が相手に与えている第一印象について客観的に分析してみる必要があるかもしれません。初対面で会った人が相手の人を判断する要素としては、見た目や話し方、声、そして話す内容などがあげられますが、見た目による第一印象が大きく影響を与えるといわれています。面接官に対する第一印象が悪ければ、せっかく大手企業に入社できる実力があったとしても面接官に正しく伝わることは期待できないでしょう。清潔感がある身なり、誠実さを感じる笑顔、秘めたる自信、といった要素を深く研究して、第一印象を良くすることも面接に合格するためのポイントになります。

最終面接に落ちる理由はフィーリング

大手企業の採用面接に落ちる4つ目の理由は、採用の最終決定者である社長や人事役員などのフィーリングに合わなかったことがあげられます。この4つ目の理由は、最終面接だけにいえることでしょう。大手企業の採用面接は何段階も行われることが多いです。ようやく最終面接にたどりついてそこで落ちるとがっかりするかもしれません。しかし、最終面接で落ちてもあまり気にする必要はないでしょう。むしろ最終面接まで残ったことに対して自信を持つことが大切です。最終面接前までは、採用の最終決定者に会わせてもよいかどうかを減点方式で判断されるのが一般的ですが、最終面接は決定者のフィーリング、相性に左右されます。最終面接まで残る実力があれば、別の会社の最終面接にも残れる可能性が高いといえるでしょう。

就活テクニックについてはプロのアドバイスも有効

大手の面接に落ちる理由を4つ紹介しましたが、自分の実力アップ以外にもできることはあります。特に就活テクニックについてはプロのアドバイスが役に立つでしょう。ジョブコミットが主催している就活対策セミナーなどに積極的に参加してみることをおすすめします。
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

内定にコミットする就活サービス ジョブコミット