就活面接時の基本的な4つの質問と対策法をご紹介!

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!
就活面接時にはさまざまな基本的な項目を質問されますが、面接官にどのように回答したらよいかよく分からない学生も多いかもしれません。どんな質問の場合でも大切なことはその質問の意図をよく理解することであり、面接官を納得させるためには、企業が求める人物像と自分の経験や入社後のビジョンとをマッチさせる必要があります。 そこで今回は、就活面接時でよく聞かれる基本的な質問とその対策ポイントについて詳しく紹介します。

ほぼ100%質問されるのは「志望動機」

就活の面接時でほぼ100%聞かれる基本的な質問といえば志望動機でしょう。面接官は志望動機で「この学生はどのくらい本気で入社したいのか」を判断するため、どの会社にも通用するような志望動機の書き方はNGです。「この人なら自社できっと活躍してくれるはず」と面接官が納得できるようなアピールの仕方が必要となります。 具体的なアピールの方法としては、まずその企業でなければならない理由を論理的に伝えるようにします。数ある企業のなかでなぜ自社に入社したいのか、抽象的な言葉ではなく、自分の過去の経験などと紐付けしたうえで面接官へアピールするようにしましょう。そのためには企業の企業理念やCSRの取り組み方なども勉強しておくことが大切です。

「学生時代に力を入れたこと」のアピール方法とは?

ほかにも就活の面接時によく質問されることの一つに「学生時代に力を入れたこと(ガクチカ)」があります。アルバイトやサークル、インターン、留学などさまざまな経験をポイントを押さえてアピールするようにしましょう。 ポイントの一つが「結論から話す」ことです。面接官にとって学生の長い話を聞いても「結局何を頑張ったのか」伝わらなければ意味がありません。自分が最も力を入れたことを最初に一言で表すことで、面接官に強い印象を残すことができます。 次に「具体的なエピソード」を伝えることも重要です。例えば留学について伝える際にも、何年間どの国に留学していたという基本的な情報ではなく、留学した理由や、勉強したこと、挫折から学んだことなどの経験を深堀して伝えるようにしましょう。

「自己PR」では説得力ある伝え方を意識しよう

自己PRは他社志望と同じと捉えられるような書き方では説得力に欠けるものです。志望企業が求める人物像に自分を合わせて、主観的かつ客観的に自分を見つめて自己PRするようにしましょう。 具体的には自分の過去の経験から志望企業に合う強みを考えます。その強みを過去の経験の具体的なエピソードと紐付けし、ロジックを組み立てて伝えるようにしましょう。他の項目でも共通していますが決して自己満足や自慢話にならないように注意して、成功談+失敗談のエピソードを交えて伝えることもポイントです。失敗や挫折からどのようにリカバリーしたかを面接官にアピールすることで、入社後の仕事の失敗時にも対応できる強さや鈍感力を持っているかについて判断できるからです。

「入社後に実現したいこと」は自分の経験も交えて伝えよう!

「入社後に実現したいこと」は面接官にとって学生の仕事内容の理解度や考え方が自社と合っているかを判断する材料となります。自分の入社後のビジョンを具体的に伝えることで、自分の経験や勉強中のことなどもアピールすることができるでしょう。例えば、希望の仕事内容を伝えるときにも、学校のゼミで学んだことや現在勉強中の資格などを交えると効果的です。他の項目と同じく自分の強みなどをより多く面接官に伝えることで、仕事のふり幅の大きい人材であることを認識してもらえるメリットがあります。また、企業が取り組みたいことと自分が実現したいことを上手くマッチして伝えることで、企業への貢献度の高さもアピールできるでしょう。

しっかりと自己分析したうえで面接に望むことがポイント!

このように就活の面接時ではさまざまな項目を質問されます。今回紹介したのはいずれの質問も基本的な項目ですが、きちんとポイントを押さえたうえで面接に望むことが大切です。自分を主観的・客観的に自己分析してアピールするように心がけましょう。
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

内定にコミットする就活サービス ジョブコミット