就活面接での質問の意図は?~面接官は回答で何を判断するのか~

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!
就活で重要な面接は大変緊張するものですが、事前準備をしっかりしておくことで緊張を緩和することができます。面接ではさまざまな質問をされることを想定し、さらに面接官が『なぜそのような質問をするのか』まで掘り下げておくことが大切です。面接官はどのような質問の答えを求めているのか、質問の意図にはどのようなことが隠されているのかを理解しておかなければなりません。これらを知っておくことで的確な事前準備ができ、落ち着いて面接に臨むことができるといえるでしょう。

人柄を判断するための質問とは?

就活の面接では応募者の人柄を見られることが多くあります。『趣味や特技は何ですか』という質問には、何か打ち込めるものがあり、楽しく話すことができる人物か判断をする意図が隠されています。このような質問には自然に生き生きと、趣味や興味を持ち取り組んできたものをアピールすることが大切です。『休日の過ごし方について』の質問も、人柄を知るためのものといえます。日常の過ごし方にはその人のありのままが表れるので、自己管理能力があるのかということも同時に判断されるでしょう。『周囲からどんな人と思われているか』という質問でも人物像が分かります。事前に周囲に聞くことで具体的に回答できるため、自分の人柄を面接官へ明確に伝えることができます。

主体性があるかを判断するための質問とは?

1706_1_65(2) 就活の面接では、主体性があるのかを判断するために『部活やアルバイトについて』、『学生時代に最も力を入れたことについて』という質問をされることが多くあります。面接官は、応募者がどのような立ち場でどのように取り組んだかを聞くことで、リーダーシップやチャレンジ精神、目標を達成する能力があるかを判断します。経験の内容を具体的に伝えることが大切で、場の雰囲気に応じた発言が求められます。必ずしもパーフェクトである必要はありませんが、自分の体験を分かりやすくまとめておきましょう。主体性は企業への貢献度を図るためにも重視するものといえるでしょう。

価値観を図るための質問とは?

『苦手な人はいますか』という質問では、価値観の違う人にどう対応するのかどうかがみられています。人間関係を円滑にするためには、違う価値観の人ともお互いに尊重し合い接することができる能力が必要です。学生時代とは違い社会人は価値観の違う人と接することが多くなるので、価値観の違いを認めることができるのは大切なポイントになります。面接官も共感できるような答えを用意しておくとよいでしょう。『企業の選び方』についての質問でも価値観が判断されるといえます。なぜこの企業を選んだのか、しっかり自分の考えを伝えるようにしましょう。それには事前準備として企業についてよく研究しておくことが大切です。

意欲がどれくらいあるのか判断するための質問とは?

『どんな人になりたいか』、『将来のビジョン』などについての質問は、その人の意欲や目標を判断するためといえます。自分がこれからどんなキャリアスタートをして、将来的に目標とするものは何かを明確にしておきましょう。はっきりしたビジョンがない人は、ジョブコミットなどの就活専門サービスのキャリアカウンセラーなどに相談することをおすすめします。今のうちに自分を客観的にみて、これからのビジョンを持つことは将来のキャリアアップには欠かせません。また『最後に何か質問は?』と聞かれることも多いのですが、これも企業への意欲を判断する目的があります。企業への興味や仕事への意欲が問われる質問なので、企業研究を十分しておき、疑問に思ったことなどを質問するようにしましょう。

面接官の質問の意図まとめ

1706_1_65(3) 就活の面接でされる質問には、面接官の意図を理解して答えることが大切です。面接の事前準備をしっかり行うことで面接官の意図に沿った答えができるようになります。必ずしも迎合する必要はありませんが、価値観や主体性などの自分の強みと企業への意欲が伝わるようにしましょう。
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

内定にコミットする就活サービス ジョブコミット