就活で役立つ!履歴書に印鑑を忘れたときの対処法とは?

履歴書は就活で大切なものです。読みやすく書かれているか、誤字脱字記入漏れがないかなどを確認することはもちろんですが、印鑑を押すのを忘れてしまう人もいるかもしれません。発送した後に気づいて慌ててしまう人もいるでしょう。

そこで、履歴書に印鑑を押し忘れたまま送ってしまったときの対処方法を紹介します。また、履歴書において印鑑はどれくらい重視されるのかについてや、斜めにならない印鑑の押し方なども説明しましょう。

印鑑を押印していない履歴書でも見てもらえる?

就活では履歴書に印鑑を押し忘れた場合でも見てもらえるのでしょうか。

結論からいうと印鑑が押されていないから受理しない目を通さないという企業は少ない傾向がみられます。履歴書用紙には印鑑の押印欄があるものとないものが存在していますが、近年は印鑑の押印欄を設けていない履歴書用紙が増えています。

しかし、印鑑を押す場所が指定されている用紙を使う場合は、押してある方が自然だと考えておきましょう。

履歴書は基本的に空欄を作らない方が好ましいので、押してあるのと無いのとでは印象が違います。印鑑とは、その種類によって効力はさまざまなものがあります。

履歴書に押す認印の場合は、書面の内容を認めるという意味になると考えておきましょう。

押印欄がない場合でも履歴書に印鑑は必要?それとも要らない?

1706_1_60(2)

押印欄のない履歴書用紙を使う場合にはどうしたらいいでしょうか。この場合は印鑑を必要としない書類として作られていると考えられるため、無理に押さなくても問題はありません。ただし気になるようであれば、名前の右側の余白に押して差し支えはないでしょう。

あくまで余白がある場合であって、余裕がないのに無理に押すのはおすすめできません。名前とかぶって文字が読みにくくなっては意味がないからです。

採用担当者はさまざまな履歴書を見ていますし、押印欄のない履歴書があることも心得ています。就活で使う履歴書用紙に押印欄がなければ、印鑑を押し忘れたとは取られにくいのです。

気になる場合は押印欄のあるものを使いましょう。

履歴書に印鑑を押さずに送ってしまったときの対処方法とは?

印鑑が必要な履歴書なのに、押すのを忘れた場合の対処法を紹介します。方法は二つ考えられます。

まず郵便局で出した直後に気づいた場合の対処法ですが、郵便局の営業時間内であればすぐに問い合わせましょう。その際には就活の大切な履歴書であるということを伝えます。郵便局に出したものであっても集荷前であれば間に合う可能性は十分にあります。

一方、集荷後の場合は企業に直接問い合わせて指示を仰ぎましょう。「履歴書に印鑑を押し忘れてしまいましたが、どうすればいいでしょうか」と率直に聞きます。問題ないと言われればそれで大丈夫でしょう。または面接のときに押印したものを持参し、押し忘れの失礼を詫びて提出するという方法もあります。

そもそも履歴書の印鑑の重要性は?採用担当はここを見ている

1706_1_60(3)

印鑑を忘れてしまうと慌てる人は多いかもしれません。しかし、採用担当者にとって印鑑があるかないかより気になることは他にあります。

写真が剥がれてしまったり、文字が読みにくかったりする方がよほど履歴書としてはNGです。写真は剥がれないことが一番ですが、万が一剥がれた場合を考えて裏面には必ず氏名を記入してから貼りましょう。

記入日が古いのも良い印象を与えません。どこかの使い回しではないかと思われてしまいます。

また、印鑑を押すときには曲がってしまったり擦れたりしないような配慮が必要です。印鑑の本体には上になる部分に印が付いているものとないものがあります。あるものは印が上になるように押しましょう。ない場合は押す前に上になる位置に印をつけておけば曲がらずに押せます。

履歴書の印鑑に関してよくある質問

最近は履歴書の押印欄がないケースも増えていますが、履歴書に押印欄がある場合や企業側から押印をしてくるよう求められた場合には押印が必要です。

デジタル化が少しずつ進んでいるとはいえ、日本はまだまだ印鑑文化が根付いています。

そのため、押す、押さないという面ではなく、押印の必要がある場合にどのように押印されているかが問われます。

キレイに押印されている場合より、むしろ注目されてしまうのは押印の仕方が粗雑であるケースです。

社会人としてのマナーをわきまえているかを問われることになるので、マナーに沿ってキレイに押すことが大切です。

特に銀行や保険会社などの金融機関や不動産会社など、契約書類への印鑑文化が残されている業界や職種を志望する場合は気を付けましょう。

シャチハタはOKですか?

朱肉を付けるタイプの印鑑より、シャチハタが便利と宅配便などの受取に備えて用意している学生さんは多いことでしょう。

押してしまえば、何を使っても見た目にはわからないと思っていませんか。

日々、印影を見ている企業の担当者からすれば、シャチハタを使ったかどうかはすぐにわかります。

シャチハタはインクが薄れやすく、長期保存に適していないので、契約書類など重要な書類には使わないのが社会人としての常識です。

そのため、シャチハタを用いると、履歴書を軽く考えているなと思われてしまい、マイナスの印象を持たれてしまうことがあります。

大きいサイズの印鑑はダメ?

実印として用いるような大きいサイズや字体の難しい印鑑は控えましょう。

社会人として仕事で使う印鑑といったイメージで、直径1.5cm程度の一般的なサイズの認印を用います。

学生さんはまだ実印を作っている人は少ないとは思いますが、たまたま実家にあった大きな目立つ印鑑でよいなど、印鑑ならなんでもよい的な発想はNGです。

逆に訂正印向けの小さいサイズの印鑑も使わないようにしましょう。

会社で用いる書類は安定性や常識も求められるので、よく使われるサイズの印鑑を使うのが基本です。

印鑑がかすれたり斜めでも大丈夫?

印鑑を押す際には事前に他の紙に押印して試すなど、キレイに押せるコツを掴んでから前後左右を確かめて押す基本です。

朱肉が少なくてかすれたり、逆に付けすぎてにじんだり、斜めに押したり、ましてや苗字の上下が逆になってしまうのはNGです。

見た目の問題ではなく、仕事が雑な人と思われる場合や実際の仕事で契約書類などにこんな風に押印されたら困ると敬遠されてしまいます。

履歴書に印鑑を押せるぐらい余裕を持って準備しよう

印鑑を忘れたり記入漏れがあったりして後から慌てるより、履歴書は時間に余裕を持って書きましょう。いきなり書かずに内容をまとめてからノートなどに下書きすると失敗を防げます。

読みやすい文字で丁寧に書くことが大切です。

そんな履歴書でほんとに大丈夫?ウカル履歴書、教えます。​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ