受かる就活を!履歴書へのアルバイト経験の書き方はどうする?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!
履歴書の書き方は就活生を悩ませるもののひとつとなっていますが、特に職歴欄にアルバイト経験は書くべきか、書くのならどう書けば良いのか、わからないという人は多いのではないでしょうか。実は職歴欄にアルバイト経験は書かない方が良い場合と、アピール要素として逆に書いた方が良い場合とがあります。どちらが就職に有利になるのか見極めるためには、一体どうすれば良いのでしょうか。今回の記事では、履歴書にアルバイト経験はどう書いた方が良いのかを解説していきます。

アルバイト経験を書かない方が良い場合はどんなとき?

まず、アルバイト経験を履歴書に書かない方が良いケースから見ていきましょう。現在大学生や専門学校生などで就活している場合は、一般的に職歴欄にアルバイト経験は書きません。履歴書を華やかにするために何でも良いから文字を埋めておこうとするのは、時には就活にとってマイナスに響きます。また、以前一度就職して正社員となり、今度も再び正社員の職に就きたいと考える第二新卒の人も、履歴書にアルバイト経験は書かない方が良いでしょう。ただし、正社員を辞めた後アルバイト経験が1年以上と長い場合は、職歴欄に書くようにします。その間職歴が空白だと何もしていないと思われ、仕事に対する意欲があるのか疑われてしまう可能性があるからです。

アルバイト経験が就職につながりそうな場合は履歴書に書こう

1706_1_51(2) アルバイト経験を履歴書に書く場合は、それが就活で有利になると判断したときのみにしましょう。例えば、アルバイトをした経験から、応募する企業で働く際に有効的なスキルを身につけたり、さまざまなアルバイトを経験して多様な価値観に触れたりしたことなどです。アルバイト経験を通して自己PRにつなげられるのであれば、むしろ積極的に履歴書にアルバイト経験を書いた方が良いといえます。面接官に好印象を与えられる確率が高くなるでしょう。アルバイト経験を書く場合は、きちんとした就活戦略に基づいて行うことが大切です。そのため、複数のアルバイト経験があったとしても、短期間のアルバイトなどは書くのをあえてやめるなど、取捨選択することも時には大切となります。

アルバイト経験の書き方にはコツがある

第二新卒や既卒などの場合、アルバイト経験の書き方にはコツがあります。ひとつのアルバイト経験が長い場合は「株式会社〇〇 入社(アルバイト)2年」などと、年数をアピールします。このことでひとつのところに長く勤めることができる人だと思わせることができます。また、正社員としての職歴とアルバイトとしての職歴は同じ職歴欄に書きます。そのため、相手を混乱させないために、アルバイトとして働いた会社には(アルバイト)とわかりやすく明記する書き方は、面接官の印象を良くすることでしょう。アルバイトの詳細は職務経歴書や自己PR欄で詳しく書くことができるため、職歴欄には余計なものは書かずわかりやすくする工夫が必要となります。

面接での会話につながるようなアルバイト経験を

職歴欄にアルバイト経験を記載した場合、面接中アルバイトについて話が及ぶことがあるでしょう。その際には、職歴欄に書いたアルバイト経験はすべて自己PRに変えて、面接官との会話を弾ませる種にしてください。面接官の中には、正社員の経験よりもアルバイト経験の方に興味がある人もいます。企業によってはひとつのことを専門的に行える人材を欲しているところもあれば、幅広くいろいろなことができる人材を求めているところもあります。面接で会話を広げるためには、それぞれのアルバイト経験から何を得たか、今後その経験がどのように活かせるのかを言語化することが大切です。面接前にアルバイト経験を振り返って、言葉を整理しておきましょう。

活かせるものは全部就活に活かそう!

1706_1_51(3) 履歴書の書き方ひとつで面接に進めるかどうかが決まったり、面接中の会話を広げることができたりします。アルバイト経験は考え方次第で、就活でプラスに活かすことは可能です。就活を成功させるために、アルバイト経験の履歴書への書き方は大いに工夫しましょう。  
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

内定にコミットする就活サービス ジョブコミット