多いほど内定率が高くなる?会社説明会の参加回数とその効果

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!
就職活動の時期になると次々と会社説明会が開催され、多くの人がそれに参加します。中にはひとりで100社以上の説明会に出席する人もいます。果たして、会社説明会は数多く参加すれば、それだけ有利に就職活動を進められるものなのでしょうか。また、同じ会社の説明会に何度も足を運べば、熱意が認められて内定が出やすくなるのかといったことも気になるところです。そこで、会社説明会の参加回数とその効果についていろいろな角度から考察を行っていきます。

会社説明会に数多く参加することの意義

会社説明会はさまざまな企業の情報を直に得られるチャンスです。そこで働いている人の生の声が聞けますし、資料だけではわからない会社内部の情報を垣間見るチャンスでもあります。そして、早い段階で企業の雰囲気に触れておくことは最終的な就職希望の絞り込みにも役立ちます。数多くの説明会に参加してそれぞれを比較すれば、より自分が入社したい企業がどこであるかを明確にイメージすることができるからです。また、たとえ説明会に参加した会社に就職しなかったとしても将来の取引会社となる可能性もあるため、数多くの会社の情報に触れることは決して損にはならないでしょう。さらに、会社説明会は学生同士の出会いの場でもあります。就職という同じ目標を持った者が集まれば、その連帯感から有意義な交流を持てる可能性があります。そうして得た友は社会人となってからの人脈づくりにも有意義なものとなるでしょう。

会社説明会に数多く参加することの弊害

1706_1_40(2) 一方で、会社説明会に数多く参加することには弊害もあります。当然の話ですが、就職活動の際に行わなければならないのは会社説明会への参加だけではありません。エントリーシートの作成や面接対策などやるべきことはたくさんあります。会社説明会に数多く参加するのはそれらの時間を削ることを意味します。もちろん、興味のある会社の説明会に参加するのは悪いことではありません。問題は、就職活動で何をすればよいのかわからないからとりあえず説明会に参加するというパターンです。確かに説明会に参加すれば、就職活動をしているという安心感は得られます。しかし、その結果として得られるものはさほど多くありません。会社説明会で知ることのできる情報の多くはネットを調べれば手に入るものだからです。なんとなく会社説明会に参加しても交通費と時間を浪費するだけ損だといえます。したがって、まずは企業HPやIR(投資家向け広報)などで企業研究を行い、そのうえで明確な目的を持って企業説明会に参加することをおすすめします。

説明会への参加回数と内定率

同じ会社の説明会に数多く出席すれば内定率が高まるのではないかと考える人がいます。何度も出席することで熱意が伝わるのではないかというわけです。しかし、実際のところそれはほとんど期待できません。企業は熱心な学生より優秀な人材を求めていますし、会社に必要な人材か否かは主にエントリーシートや面接などによって判断されるからです。したがって、何か明確な目的があって会社説明会に参加するのはよいのですが、熱意のアピールのために同じ会社の説明会に何度も足を運ぶのはほとんど意味がないといってよいでしょう。説明会の参加回数にこだわるぐらいであれば、その時間をエントリーシート作成や面接対策に回した方がよほど有意義です。

会社説明会が重要な意味を持つケース

多くの場合、同じ会社の説明会に数多く参加してもそれ自体がアピールポイントになることはあまり期待できませんが、一部の例外は存在するかもしれません。例えば、金融関連の企業のようにすべり止めにされがちなところでは、学生の本気度を確認するために説明会の出席回数を参考にする可能性があります。また、エントリーシートの配布や適性検査を行うなど、説明会の中に選考会の要素を組み込んでいる企業も存在します。当然、そのような場合は説明会に出ないと次の選考会に進めなくなるので要注意です。したがって、まずはアピールよりも採用を勝ち取るために参加が必須の説明会に確実に参加することが大切です。

会社説明会は回数を競うよりも何のために参加するのかを明確にすることが大切

 1706_1_40(3) 会社説明会はただ参加するだけではあまり意味はありません。ましてや、就職活動をしているのだという安心感を得るために回数だけこなすのは全くの無意味です。まずは企業研究や自己分析などで自分の目指す会社を明確にすることが重要です。そのうえで、会社説明会に参加することでどういったメリットを得られるかをよく考えてからどの説明会に参加するかを判断しましょう。 参照 https://careerpark.jp/40377 キャリアパーク!就活/会社説明会に参加する平均な回数を考察 https://es-labo.com/stock/01-jh-strategy/seminar-passrate/ ES研究所/企業説明会に参加すると選考通過率はあがるのか?
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

内定にコミットする就活サービス ジョブコミット