説明会が開催されるのを見逃すな!就活の成否を決める説明会について解説

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!
就活ではいきなりお目当ての企業にエントリーするわけではありません。企業が開催する説明会への参加を通してその企業について深く知ることが、まず大切となります。そのため、説明会は今後の就活の成否を決めるうえで、とても重要なステップであるといえるでしょう。そこで今回は、就活における説明会について広く解説していきます。説明会の開催時期や参加する際にはどのようなことに気をつければ良いかを一緒に見ていきましょう。

企業説明会が開催される時期は?

一般的に企業の説明会が開催されるのは、3〜5月となっています。3月1日の春休み中にエントリーの受付が開始されるので、それに合わせて企業も説明会を開いていきます。6月以降は選考や試験が始まるため、企業は説明会に割く時間がなくなります。そのため、3〜5月の時期を逃すと、説明会に参加することが難しくなります。ただし、3〜5月以降も場合によっては説明会が開催されることがあります。特に合同説明会は6月以降に開催されることも多く、とりわけ地方ではその傾向は強いです。留学や怪我などでどうしても3〜5月の間に説明会へ参加できなかったという人も、あきらめずに開催されている説明会を積極的に探して参加してみましょう。

説明会が解禁されたらすぐに動くべき理由

1706_1_36(2) 説明会にはなるべく早いうちにたくさん参加しておきましょう。企業の多くは優秀な人材をなるべく早いうちに確保したいので、3月の初めに説明会を開くことは珍しくありません。そのため、3月の初めはできるだけ多くの説明会に参加しエントリーシートを提出することで、今後の就活を優位に進めていくことが可能となります。就活生の多くは、何十社にもエントリーシートを提出しており、2017年卒の就活生では平均しておよそ45社にも提出しているという統計があります。3月にたくさんエントリーシートを出すとその後はその対応に追われるため、4月以降はなかなか他の企業を見て回ることは難しくなるかもしれません。3月の段階でできるだけ幅広い企業の説明会に出かけることが、後悔しないためには重要です。 マイナビ2018:http://job.mynavi.jp/conts/2018/schedule/

合同説明会ってどんなもの?

説明会に何の前知識もなく参加すると、何をすべきかわからず戸惑うかもしれません。合同説明会の場合は基本的に事前の予約は不要で、入退場も自由です。参加当日は履歴書や自己PR書などを複数枚持参して、興味がある企業に渡します。合同説明会の場合はホールなど広いスペースをレンタルし、複数の企業がブースを設けて並んでいるのが特徴です。数十分ごとに各企業が説明を繰り返し、それを就活生が聞いて周ります。合同説明会では服装が自由とされていることが多いのですが、ほとんどの就活生はスーツを着ているため、面接と同じような身なりをしていくのが一般的です。興味がある企業を見つけたら真摯に話を聞いて、質問があれば積極的に行いましょう。

企業の個別説明会には予約が必要

企業の個別説明会の場合はその一社だけのために開催される説明会のため、企業の会議室やレンタルスペースなどで開催されることが多いです。合同説明会は流れるように就活生が各企業のブースを移動するのに対し、個別説明会では1〜3時間ほどかけて担当者がしっかりとその企業について説明していきます。多くの場合参加するためには予約が必要で、人気の企業は予約開始からすぐに満席になることがあるので注意が必要です。大手や人気の企業の説明会の予約が開始される前は待機しておき、予約が開始されたら素早く行動して予約をするようにしましょう。個別説明会に参加しないと、その企業に応募しても選考されない可能性が高いため、個別説明会には必ず参加してください。エントリーシートが個別説明会でのみ配られるということもあります。

就活の成否を決めるのは説明会?!

1706_1_36(3) 説明会が開催されていることを知らずにいると、エントリーができないなどの事態が起こるかもしれません。説明会はいつどこで開催されるか、毎日アンテナを張ってチェックすることが就活においてはとても大切だといえます。
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

内定にコミットする就活サービス ジョブコミット