就活勝ち組になるために!インターンシップにふさわしい髪型のポイント

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

2019年卒限定 早期マッチングイベント
インターンシップ参加にあたって、第一印象はやはり重要です。その第一印象を決めるうえで、髪型は非常に大きなウエイトをしめます。では、インターンシップにふさわしい髪型とはどんなものなのでしょうか。ここでは、好印象を与えるインターンシップ時の髪型についてまとめています。

☆清潔感のある爽やかな髪形を目指して!

インターンシップ時の髪型を決めるうえで重要なのは、「清潔感」があるかどうかです。インターンシップも就活の一環ととらえ、ビジネスの現場にふさわしい髪型を意識しましょう。寝ぐせやふけ、不自然な髪形に注意し、自然で好感をもてる髪型がベストになります。そのため、カラーも明るすぎる色は避けましょう。黒に近いブラウン系であれば、特に問題ないという職場もありますが、なかには黒以外禁止という会社もあります。細かく確認できないようであれば、黒にしておいたほうが無難でしょう。インターンシップのときは早めに起きて、しっかりとヘアセットして職場に行きましょう。

☆奇抜すぎるヘアスタイルはマイナス?

インターンシップは先輩社員と一緒に、仕事を体験できる場です。そのため、周囲の先輩方に不快感や違和感を与える髪型はタブーといえます。特に、接客などを行うインターンシップの場合、お客様にとっても失礼のない髪型でなければなりません。そのため、奇抜すぎたり個性的過ぎたりする髪型は避けたほうが良いでしょう。誰が見ても爽やかで、好印象を与えられるスタイルがベストです。インターンシップは、会社が就活生にアピールをする場と考えてしまい、プライベートの延長線のような髪型で参加する人もいます。しかし、たとえインターンシップでもビジネスの現場に違いはないので、その認識を持つようにしましょう。

☆インターン時の髪型ポイント~男性編~

男性の場合、清潔感を出そうと思うなら、やはり短めの髪型がベストといえます。まれに、ゴムで結べるぐらいの長さまで伸ばしている人もいますが、もし一般企業を目指すならカットしたほうが良いでしょう。前髪も目や眉にかからないほうが明るい印象を与え、額が見えることで、爽やかさも感じられます。ワックスやジェルでセットすることがほとんどですが、整髪料の使いすぎには要注意。不自然な印象や強い香りが出てしまうことがあり、周囲に不快感を与えることにつながります。髪型にエアリー感を出すためにある程度、毛先を立たせるくらいのアレンジなら問題ありません。しかし、毛先をツンツンアレンジしすぎて、不自然なスタイルにならないようにしたいですね。

☆インターン時の髪型ポイント~女性編〜

女性の場合、髪が肩に届くくらいの長さであればゴムで結び、まとめ髪やハーフアップなどが良いでしょう。ゴムやヘアピンは黒色を使い、派手なヘアアクセサリーは使わないようにします。ヘアアクセサリーは、どういうものがふさわしいか判断しにくい部分もあるので、実際にインターンシップ先の先輩をお手本にすると良いでしょう。前髪は目にかからないよう短めにしたり、少し巻いてふんわり感を出したりと工夫します。前髪がかなり長めの人は、オールバックでまとめるのも好印象です。ボブなど短めの髪型の人は、結べないからと洗いざらしのまま出社するのはやめましょう。軽く内巻きに巻いたり、ワックスを使って耳にかけたり、より清潔感が出せるようセットするのがベストです。髪型は大事な身だしなみのひとつ。セットの仕方ひとつで、良くも悪くも印象を変えてしまうことがあるので、意識したいものですね。

☆ポイントは清潔感と爽やかさ

インターンシップは、大事なビジネスの現場です。髪形は、清潔感を意識し爽やかな印象を与えるよう工夫しましょう。髪色は黒が無難で、顔周りに髪がかからないようにすると良いですよ。参加するインターンシップ先の社風を事前に調べられるのであれば、それに沿ったヘアスタイルをしていけば間違いはないでしょう。
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!