インターンシップの志望動機を考えるときに新聞が役立つメリット

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!
普段はあまり新聞を読む機会がなくても、就活を行っているときには新聞に触れておくことは大切です。インターンシップなどに参加するということは、ビジネスの現場を体験することでもあります。世の中の動きに敏感になっておくことは、さまざまな面でメリットがあります。特に自分が志望する業界について詳しくなることで、他のライバルとも差をつけやすいでしょう。ここでは就活生にとって、新聞とどう向き合うべきかを詳しくみていきます。

新聞は物事を深く考えたり、視野を広げるきっかけになる

新聞には多くの情報が書かれているので、特定の物事に対して深く考えたり、これまで知らなかったことを知って視野を広げたりできる良い機会になります。あまり読みなれないうちは直接新聞を買って読むよりも、図書館などを利用してみましょう。全部の記事を読もうとするのではなく、まずはざっと斜め読みをするところから入りましょう。大まかにでも内容に目を通しておけば、世の中の流れをそれとなく理解することができます。気になる企業に応募をするときに、その会社や業界のことに詳しくなっておくに越したことはありません。志望動機を書いたり、面接を受けたりするときにも話題のきっかけになるので、就活中は普段から新たな情報を仕入れる姿勢を保ってみてください。

ポイントを押さえて新聞を読んでいく方法

1706_1_14(2) 新聞のメリットについて理解をしても、新聞には膨大な情報が書かれています。全国紙になると40ページで約48万字程度の文字数があるのです。これらを隅から隅まで読んでいては、それだけでかなりの時間を必要としてしまうでしょう。ですので、新聞を読むときにはそれなりにコツを押さえておく必要があります。まず注目をしたいのが「見出し」の部分です。そして、冒頭の数行を読めば大抵の場合はそれが何の記事なのかを把握することができます。新聞自体の作りも、斜め読みをされることを前提として刷られている部分もあるので、見出しと冒頭の数行をきちんと読めば意味が伝わるようにできています。そのうえで、自分が詳しく知りたいものに対して深く読んでいくといった姿勢が大切なのです。

社説やコラムは志望動機を書くうえでも良い材料となる

新聞の中にはニュースとなる記事の他に、社説やコラムといったものがあります。特定の記者や知識人が執筆しているものであるため、いろいろと文章を書くうえでもお手本になります。特定のテーマを取り上げ、起承転結を意識して文章を構成しており、書き手の意図が読み手に伝わりやすくなっているのです。また最近どんなことが社会的な問題として取り上げられているのかを知ることにもつながります。文章が苦手だと感じる人はまずは社説やコラムをじっくり読んだり、書き写してみたりしてみるといいでしょう。じっくりと触れることによって、それまで気づかなかった点を発見することにもつながってきます。世の中の動きに対して自分なりの意見を持つことは、インターンシップなどで志望動機を書くときにも役立つでしょう。

新聞を読むことは面接でも役に立つ

インターンシップの応募書類で志望動機を書くときには、面接に進むことを前提で書いていかなければなりません。しかし、自分の中にあるネタだけで話題を展開しようとしても、どうしても煮詰まってしまう部分もあるでしょう。また企業のホームページやパンフレットなどの情報では、ある意味で情報に偏りが生まれてしまいます。応募先の企業が新聞記事で取り上げられている話題に触れておけば、その会社が力を入れている事業や今後の経営の見通しなどを知ることができます。自分の周りに新聞を読んでいる就活生が少なければ、それだけライバルたちと差をつけるチャンスにもなるはずです。インターンシップの選考を突破するためにも、新聞をよく読み込んでおきましょう。

新聞をうまく活用することで選考を突破する力を養おう

1706_1_14(3) 新聞にはさまざまな情報が書かれていますから、使い方次第では就活の大きな助けともなります。単に業界の情報を得るだけではなく、コラムや社説をお手本にすることで志望動機を書くときの参考にもなるでしょう。就活に新聞を役立てて、選考を突破する力を養ってみてください。
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

内定にコミットする就活サービス ジョブコミット