気をつけたい、就職セミナーで求められるマナー

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!
就職活動を行なっている人には、就職セミナーへの参加がおすすめです。ひとりで調べているだけでは分からなかった企業の情報が分かったり、思わぬ業種に出会えたりするなど、大いに役立つことでしょう。しかし、就職セミナーは大勢の人が参加する場所でもあります。自分の都合だけではなく、周りの目を気にしながらセミナーを受けなければ、迷惑になることもあるのです。ここでは、就職セミナーでのマナーについてまとめました。

☆就職セミナーとはどんなものか

就職セミナーとは、就職活動中の人にとって有益な情報が与えられるセミナーのことです。たとえば、面接で気をつけることや書類の書き方、就職活動中の意識などをプロフェッショナルが解説してくれます。就職セミナーは企業が行うこともあれば、個人が講師となって出席者を募ることもあります。また、複数の企業がひとつの場所に集まり、合同説明会の形式で開催されるパターンも目立つようになりました。就職セミナーは就職活動の勉強になるだけでなく、出席することによって気持ちが引き締まり、モチベーションを高めることにもつながります。インターネットを使い、自宅で簡単に就職活動が行える時代だからこそ、自分から企業の目に触れるチャンスを作ることが大切なのです。

☆就職セミナーでは自己中心的にならない

就職セミナーは、やる気を抱いて出席者は挑むことだと思われます。少しでも知識を吸収したいという気持ちはもちろんのこと、企業に自己PRをして印象づけたいと考える人もいるでしょう。こうしたやる気は悪いことではありませんし、企業から好印象を持たれることもあります。しかし、やる気が空回りしてしまっては逆効果になるので、注意したいところです。たとえば、説明会の段取りを邪魔してまで企業に質問をしたり、自分だけが長い間講師と話をしようとしたりすると、どう思われるでしょうか。ほかの出席者や企業から、良い印象は受けないでしょう。就職セミナーでは自己中心的にならず、協調性を持って動くことが肝心です。

☆身だしなみに気をつけて出席する

「就職セミナーは面接ではないので身だしなみには気をつかわなくてもいい」と考えている人はいないでしょうか。実際、就職セミナーの要綱では、特に身だしなみについての規定が書かれていないこともあります。しかし、書かれていないからといって平服が認められているというわけではなく、むしろフォーマルな服装が当然の場所であるから、わざわざ書かれていないともいえるのです。しっかりとクリーニングに出した後のリクルートスーツに、きれいなビジネスバッグやビジネスシューズを用意して向かうようにしましょう。髪型や髪の色も、場に相応しいものに変えておくことをおすすめします。悪目立ちして、企業にマイナスのイメージを持たれないことを考えましょう。

☆社会人に相応しい細かいポイントを意識する

就職セミナーには、学生やフリーターなどの正社員経験がない人も数多く出席しますが、学生だからといってマナーの悪さが許されることはまずないでしょう。細かいポイントにこそ、マナーは現れます。常に緊張感を持って、マナーを意識することが重要です。例えば、会場に着いてコートを着たままになっていないでしょうか。また、着席時は膝の上にコートを置くのがマナーです。すれ違う人にはしっかりと挨拶をしましょう。説明を受けている間は時計を気にせずに、相手の言葉へと神経を集中させましょう。セミナーの講師は、人を見るプロフェッショナルでもあります。だらしのない行いは、全て覚えられていると思っておいたほうが賢明です。

☆就職セミナーも企業に見られる場である

就職セミナーも企業に自分を見られ、判断を下される場のひとつです。もし、ポジティブな印象を残すことができれば、今後の就職活動で有利に働くこともあるでしょう。そのためにも、常識的なマナーを心がけることが必要なのです。
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

内定にコミットする就活サービス ジョブコミット