インターンシップ説明会、参加するときの服装ポイントは?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

2019年卒限定 早期マッチングイベント
インターンシップの説明会は、就活のセミナーとはまた違ったものです。就活のセミナーは、たいてい黒もしくは紺など地味な色のスーツという場合が多いですが、インターンシップの場合はどうなのかなど気になる人もいるでしょう。そこで今回は、インターンシップの説明会に参加する際の服装について、ポイントなどご紹介します。もうすぐインターンシップに参加をする予定がある人は、どんなことに気をつければ良いのかなど参考にしてみてください。

服装は自由なこともある

インターンシップの場合、説明会への参加は自由とあり、私服でも良いというところもあるようです。この場合は、スーツを着ていっても私服でもかまいません。スーツは正装できちんとした感じが出るので問題ありませんが、私服の場合ではオフィスカジュアルを心がけるなど、ある程度きちんとした格好が求められます。きちんと感を出したいときはスーツの上着のような感じになる、テーラードのジャケットを羽織るなどすると良いでしょう。私服がOKであっても、いかにもカジュアルな感じになるトレーナーやジーンズは、避けたほうが無難です。たとえ服装自由であっても、シャツやブラウスの上にジャケットを羽織るなどしてカジュアルになりすぎない装いを心がけたいものです。

清潔感のある服装を心がける

スーツにしても私服にしても、清潔感は重要なポイントです。シャツがしわくちゃだったり、しみがついていたりすると清潔感に欠けてしまいます。説明会当日の服装にシミができているなどで清潔感が感じられないと、悪い印象にもつながりかねません。シャツやスーツはアイロンなどをかけ、シミができていればシミ抜きをしてきれいな状態で着るようにしましょう。パンツは中央の折り目が消えていると、くたびれた感じに見えることもあるようです。しばらくクリーニングに出していないなと思われてもおかしくありません。クリーニング店でセンタープレスしてもらうと、折り目が復活して、はいた時に美しく見えます。

華美なものは身につけない

いかにもブランドものとわかるバッグなどは、派手な印象を与えてしまいかねませんので控えるのが無難です。アクセサリーなど、光りものもなるべく控えましょう。説明会ではスーツなどきちんとした格好が求められますが、華美な装いは求められていません。説明会に出かける際、バッグはブランドを主張しないもの持っていきましょう。もしアクセサリーをつけるのであれば、なるべく小さなものにしてつけていることが目立たないようにします。ピアスであれば、存在感のある揺れるデザインやフープピアスは避けたほうが良いです。さらに、ブラウスのフリルなども派手に見えてしまうことがありますので、なるべく小さめのフリルがついたものにするなどの配慮も必要です。

動きやすい服や靴で参加する

説明会は、短時間で終わるものもあれば長引くものもあり、インターンシップによって異なります。参加する際は、あまりにもぴったりとした窮屈な上着や歩きにくい靴では説明会に集中できません。説明会に集中するためにも、多少ゆとりのあるジャケットやヒールの低い靴など、動きやすい服装を心がけると良いでしょう。スーツなどは試着の際にゆとりがあるかどうか確認してから、購入することをおすすめします。靴の場合も同様に、履くだけでなく、歩いてみて歩きやすいかどうか確認してから購入を検討しましょう。動きやすい服や靴であれば、長時間の説明会であっても問題ないはずです。

きちんと感を出しつつも清潔で動きやすい服装を

説明会では、スーツやテーラードのジャケットなどを用いたオフィスカジュアルなと、きちんとした感じが伺える服装が好印象です。かつ、手入れが行き届いていて長時間身につけていても苦しくないものを選ぶことが、好ましいといえるでしょう。
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!