なぜ?就活で面接が通らない時の理由はこれかも

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込んだりしていても、肝心な時に言葉が出ないことはよくあります。面接で通らない時もすぐに気分を切り替えることが肝心ですが、打たれ弱い人は立ち直りにも時間がかかるようです。面接で落ちてしまう人は何が足りないのか反省してみましょう。また、面接を控えて落ちないための予防策を打っておきたい人も参考にしてください。

☆面接官が求める回答ができていない

そんなの分かっていると思う人は多いかもしれません。しかし、肝心の『求めている回答の仕方』には辿り着けているでしょうか。面接官が求めているものは企業によって異なります。新卒か中途採用かでも違います。新卒の場合は『やる気』と『将来性』を、中途採用の場合は『即戦力』を重視している企業が多いのです。答えの中に面接官が求める内容が簡潔に盛り込まれているかどうかで合否が分かれることは多々あります。その企業が欲しい人物像を把握し、短時間の中でピンポイントでアピールするには、事前に企業の特徴や強み、今後の展開や方向性、理念などを頭に入れるだけでなく、そこに求められる人材を想像すると、求める回答は見えてきます。

☆入室から退室まですべてが面接である

面接は、面接官と向き合っている間だけではありません。入室する時から退室する時までが面接です。さらに厳密に言えば、会場に到着した瞬間から始まっています。面接官の反応が良かったり自分で納得のいく回答ができたりすると、つい安心して気が緩んでしまう人もいます。良い意味で緊張がほぐれる材料になるものであれば問題はありません。しかし、緊張から解放される安堵感から退室の挨拶が雑なものになってしまう人もいます。せっかく面接官の感触がよくても一気に印象が変わってしまうことも考えられます。緊張し過ぎるのは考えものですが、会場を出る時までは気を抜かずに丁寧な受け答えと落ち着いた態度を心がけるようにしたいものです。

☆自分の話し方に癖がないか見直してみる

これは予め面接の練習をしておくと気づきやすいのですが、面接官の印象を悪くするような『話し方の癖』がないかを考えてみましょう。練習だけでなく録音をすると客観的に自分の言葉を聞けるのでよく分かります。面接は、緊張して言葉が詰まる人も問題ですが、しゃべり過ぎてしまうのもイメージを悪くします。前置きが長い人や、使う言葉に偏りが見られる人は、肝心の内容が伝わらないことも考えられます。話が長くなりがちな人や緊張しやすい人はできるだけ簡潔にまとめるようにしましょう。話の途中で自分が何を言おうとしていたのか分からなくなってしまうことを防ぐためです。回答時間がある場合は時間内で完結できるように練習しましょう。

☆転職の場合のありがちなミスとは?

転職の場合に面接でやってしまいがちなミスもあります。それは、以前勤務していた会社の悪口と取れる内容を話すことです。例えばブラック企業や人員整理など会社側に問題や事情があって退職した場合でも、面接で話す内容としてふさわしいものかどうか考えなければいけません。中途採用の面接では、前の会社を退職した理由について聞かれることもあります。履歴書に記入する退職理由は『会社都合』や『一身上の都合』といった書き方をするのが一般的ですが『会社都合』と書く時は事業撤退といった倒産の場合だけにしましょう。他社のマイナス面を面接で話すことは、事実であっても逆に問題のある人と取られてしまうこともあるので注意が必要です。

☆事前に面接の練習をしっかり行う

面接が通らないという事態は就活では絶対に避けたいことであり、すべてが終わってしまうことです。録音して自分が適切に話せているか確認し、1つの質問に対して1分から長くても3分程で完結させるように練習しましょう。

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「面接」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

1分間で就活!就活生向け動画マガジン動画市場