内定メール通知をもらった対応について、良い例・悪い例それぞれ3つ

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!

判定結果メールが届いた時の対応

5月から6月になって大手、中小企業から内定やお祈りメールの通知をもらう方もいらっしゃるかと思います。 お祈りメールの方は、あまり気にせず前向きに捉えて次回に臨みましょう 内定通知メールの方は、ひとまず安心といった心情でしょうか。

企業への返信

2 どちらにせよ、メールを企業からもらった以上は何かしらの対応をしなければ、失礼という印象を与えかねません。 結果が良かったにせよ、悪かったにせよ返信をすると丁寧な印象を企業は受けます。 どのようなメールが適切なのでしょうか? 今回はその、返信メールで、よく使える1文良い例と、やってしまいがちな悪い例を挙げていこうと思います。

企業への返信の良い例と悪い例

良い例、 「ご報告ありがとうございます。」 「ご連絡ありがとうございます。」 「今後、私の方で反省と改善していくために、参考にしたいのですが〜」 結果を真摯に受け止めることが感じられる文章であれば企業側は、好印象を受けます。 悪い例、 「〜ですか?」 「ってことです?」 「行う理由がわかりません。」 そもそも若者言葉を文章で使ったり、否定的だと感じる言葉と文章を使ってしまうとあまり印象は良くないです。

送る際の心構え

言葉ではなく、メールなど文章で相手に送る際は、「これは少し丁寧すぎるだろう」と思うくらいが相手にとってちょうど良いです。 内容については、下記の方へ乗っているので、ぜひ参考にしてくださいね! http://shukatsu-ichiba.com/2017/05/07/426/ http://shukatsu-ichiba.com/2017/05/06/422/

企業の思い

3 また、受ける印象についてやメール文については、企業側の目線をより詳しく話しを聞くだけでもだいぶ違うかと思います! 1度企業の方とお話を聞いてみてはいかがでしょうか?
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

内定にコミットする就活サービス ジョブコミット