注意!ブラック面接の実態とは?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!

ブラック面接って本当にあるの?

ブラック企業という言葉が世の中に浸透した今、「ブラック面接」という言葉があることをご存知でしょうか? ブラック面接とは、面接官から執拗な嫌味や失言が繰り出されたり、異常なまでの圧迫面接であったりと、コンプライアンスを無視したやりたい放題の面接のことを指します。 また、ブラック面接をしてくる会社は総じてブラック企業である可能性が高いです。 では、ブラック面接の特徴には、どのようなものがあるのでしょうか? 今回は、気を付けるべきブラック面接の特徴を、実際の質問を交えながらまとめていきます。

ブラック面接の特徴3選

depressed young man portrait

1.やたらとプライベートに関する内容を聞いてくる

「現在お付き合いしている異性はいますか?」 「男性に告白するときは、どのように告白しますか?」 「○○(居酒屋)のアルバイトは、何店でしていますか?」 「何歳で結婚したいですか?」 このように、採用と関係ないような質問をしてくる企業は大変危険です。 多くの場合、企業の面接官は面接官研修を受けているため、コンプライアンスに抵触するような質問は禁止されています。このようなセクハラまがいの質問をしてくる時点で、企業の統制がとれていないことが読み取れます。

2.異常な圧迫面接

「言っている意味がよくわかんないから、10文字でまとめて」 「志望動機をアベノミクスと合わせて簡単に説明してみて」 「勉強ばっかりしてきた感じで嫌なんだよねー、他にできることあるの?」 このように、無理難題な質問や、人格を否定するような質問をしてくる企業も危険です。 通常の圧迫面接では、質問に対して「なんで?どうして?」といった具合に、回答を掘り下げる形で理詰めするケースが多くなっています。 検討違いの質問による圧迫面接をしてくる企業は、社員の質が低いケースが多く、入社後も質の低い上司の無茶な指示に悩まされる可能性が高いでしょう。

3.入社後の労働条件について質問・説得してくる

「○○業界は休日出勤が当たり前の業界だけど、大丈夫?」 「成長・成功のためには、残業も必要だよ」 「すぐにインターンとして働ける?」 このように、ブラックな労働条件について質問・説得してくる企業は危険です。 入社後も、成長や成功などの言葉をエサにして、不当な長期間労働や休日出勤を課せられる可能性があります。 ブラック面接だと感じた際は、みなさん絶対に注意してくださいね!  
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

内定にコミットする就活サービス ジョブコミット