就活で自分をPRするための履歴書の学歴について

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!
就職活動を行なううえで欠かせないのが履歴書の作成です。日本語として美しいうえに情報が整理されている履歴書を見かけると、自然とあなた自身に興味を持ってもらえるはずです。中でも新卒の就活生であれば採用担当者が特に注目するプロフィールは学歴です。とはいっても、偏差値の高い大学を出ていればPRになるというわけではなく、企業に合った学歴の書き方が印象に残るコツなのです。ここでは履歴書の学歴について解説します。

 ☆表記の統一を心がけよう

まずは文章として読みやすく、整然としていることを心がけて履歴書を作成しましょう。学歴欄では年号に合わせてどんなことを学んだのかを記していくのが一般的です。このとき、表記を統一することでぐんと書類としての美しさが増します。たとえば、年号を西暦にするのか元号にするのかでバラつきが生まれないように注意しましょう。字体も英数字にするか漢数字にするか注意して統一します。また、小学校や保育園なども学歴に含めていると切りがないので最終学歴の一個前から学歴を記載すると整理された印象になります。大学が最終学歴になるのなら、卒業した高校から学歴欄を書き始めるようにしましょう。

 ☆職種に合った学歴は詳しく書こう

偏差値の高い有名大学を卒業していれば自己アピールにつながるという人は多いようですが、このような大学名を偏重する傾向は年々減少してきています。それよりも、実際に入社してから役に立つ経験が豊富な人材を獲得したいと企業が考えるようになってきているからです。大学名以上に企業が確かめたいのはあなたの経験です。そのため、学部やコース、ゼミなど志望企業の業種に役立つ経験があるのなら学歴欄に詳しく書くことをおすすめします。面接官の目に留まれば書類選考が通過しやすくなるだけではなく、面接でも会話が弾むきっかけとなるからです。リーダーなど与えられた役割があれば書き込んでおくのもPRになるでしょう。

☆細かい情報は自由記入欄に書き込む

履歴書の学歴欄には限りがあり、アピールしたい情報が多くても全てを書ききるのは不可能な場合もあります。無理に情報を詰め込もうとすると書類として見にくくなってしまい、一時選考の段階で印象を落としてしまう可能性もあります。学歴欄では大まかな情報だけ記載しておいて、どうしても書きたい情報については自由記入欄で詳しく書き込むようにしましょう。自由記入欄に書いていることなんて、ちゃんと面接官の目に入るだろうかと不安になる人もいるでしょうが、向こうも採用のプロフェッショナルです。些細な情報が人材を見極めることもあると承知している人ばかりですので、履歴書に書かれた文章は隅々まで読まれていると信じることです。

☆ネガティブに見える情報には理由を書く

学歴欄には必ずしもポジティブな情報ばかり記入するとは限りません。たとえば留年した人であれば入学の年号と卒業の年号で辻褄が合っていないことが分かってしまいます。浪人した人、休学した人でも同様のことがいえます。そこに胸を張って答えられる理由があったとしても、採用担当者からすれば『遊びすぎて大学を留年したのではないか』と疑ってしまい、書類選考であなたを落とすこともありえます。理由があるときには自由記入欄でいいので必ず書いておくことが大切です。採用担当者から不要な誤解を受けなくて済みますし、理由によっては逆にあなたへの興味を強くして『面接のときに直接聞いてみたい』と思ってもらえることも考えられます。

☆学歴は『どこ』よりも『どうして』が大切

履歴書の学歴欄では『どこ』の大学に入ったかよりも『どうして』その大学に入ったかのほうが重要視されます。大学名や学部をアピールするのではなく、自分が学歴を経て得たものをアピールできるように工夫しましょう。
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

内定にコミットする就活サービス ジョブコミット