転職を考える人が不安に感じることとは?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!
転職をしようと考えている人は、転職先で新たな人生の一歩を踏み出すことへの希望や、現在の職場で抱えている不満が解消できる期待を抱いていることでしょう。しかしその一方で、収入や仕事の負荷そして家計への影響など、転職に関するさまざまな不安も抱えているはずです。転職は人生の大きな転機ですから期待と不安が入り混じるのは無理もないことです。そこで、転職を考える人が抱える不安についてご紹介し、最後に転職に関する不安を解消する方法についてもお伝えします。

☆転職先が見つからない不安

転職を考える人が感じる不安の1つ目としては、転職先が見つからない不安があるでしょう。若い世代の会社員が転職を考える場合、就職活動の苦労をまた味わうことになるのかもしれないという不安を感じる人も多いはずです。会社を辞めて再就職活動をする場合、その活動期間が長引けば無収入の期間が長期化してしまいます。雇用保険から基本手当が出たとしても、勤続年数が短ければそれほど多くの金額の支給は期待できませんし、自己都合退職をする場合は3カ月の支給制限もあります。また、職歴ブランクの期間も無視できない長さになって再就職に悪影響を及ぼす可能性もあります。できれば短期間で再就職を決めたいと思っても思う通りにことが進まない可能性は残ります。

☆転職先でも似たような苦労を経験したり不満を感じたりする不安

転職を考えている人が感じる不安の2つ目は、転職先でも現在の職場で体験している苦労や感じている不安と同じような経験をするのではないかという不安です。転職を考える理由としてはさまざまなことが考えられます。自分の能力をもっと活かせる場所へ行きたいというような理由もあれば、現在の職場で認められていないという不満を解消するためといった理由もあるでしょう。しかし、転職したからといってすべての問題が解決するとは限りません。転職先でも、自分を活かしきれてないと感じたり、自分が思う通りの評価を受けられなかったりする可能性は残ります。

☆転職先の期待に応えられない不安

転職を考える人が感じる不安の3つ目は、転職先の期待に応えられないという不安です。転職先を決めるにあたって、できるだけ自分を高く評価してくれる会社に転職したいと思うのが一般的です。そういった会社に巡り合って転職できれば幸せだと感じるでしょう。しかしそのようなケースであっても、迎えてくれた会社の期待に応えられないという不安は残ります。また、常に、高く評価してくれた期待に沿う必要があるとプレッシャーを強く感じる可能性もあります。転職活動には成功したとしても、長い目で見た場合の転職の成功につながるかどうかに不安を感じる人もいるでしょう。

☆転職して収入が減少して暮らせなくなる不安

転職を考える人が感じる不安の4つ目は、転職後に収入が減って暮らせなくなる不安です。転職先を選ぶにあたっては、転職先でも仕事内容や風土などをさまざまな要素についてしっかり研究してから決めるのが一般的です。転職先候補には、現在の会社よりも給料は下がるがやりがいはありそうだという会社もあれば、給料が上がるという会社もあるでしょう。給料が下がってでもやりたい仕事をするために行きたい会社に転職したいと考える人もいるでしょうが、やはり転職後の収入で暮らしていけるかどうかは無視できない不安として感じる人は多いはずです。

☆転職の不安を乗り越えるには?

転職にあたってあまり慎重になりすぎても転職の決断が遅れてしまいます。いたずらに不安だけに注目せず前向きに考えることも大切です。前向きになるためには、新しい職場で活躍できている自分や良い仲間に巡り合っている自分を強くイメージするとよいでしょう。
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

内定にコミットする就活サービス ジョブコミット