就活の面接で時事問題を聞かれた場合はどうする?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!
就活にはさまざまなステップがありますが、最終ステップである面接を乗り切るためには、どんな質問をされても対応できる能力を身につけておくことが大切です。面接では、応募動機やスキルなど、自分に関することだけでなく、時事問題に関する質問を受けることもあります。面接では、そういった質問にも上手対応することが求められます。そこで、時事問題について問われる意図は何か、どのように対応すればよいのかなどについてお伝えします。

☆面接で時事問題について聞かれる理由とは?

面接官は、応募者の人間性やビジネススキルなどについて、面接を通して確認します。そのために、さまざまな質問をぶつけてきます。面接で時事問題に関する意見を求められる場合も、その目的は変わりません。つまり、面接官は時事問題の意見を聞いて参考にしようと考えているわけではなく、応募者が時事問題に関してどの程度理解しているかを知ることで、世の中のさまざまなことにどの程度興味を抱いているかを把握しようとしているのです。また、時事問題に対する意見の内容によって、人間性を知ろうとしていることも質問の目的には含まれているはずです。

☆時事問題の質問に答えるポイントとは?

面接で時事問題が質問される面接官の意図がわかれば、どのように対応すべきかが自然とわかってくるでしょう。まず、質問された時事問題についてどう理解しているかを、的確に回答することが大切です。偏った情報をもとに知識を得ていると認識されることがないように、広い視点で時事問題をとらえていることをアピールするとよいでしょう。また、もうひとつ大切なポイントがあります。それは、自分の意見をはっきり伝えるということです。さまざまなことにアンテナを張ってしっかり情報収集をしているということのアピールだけでなく、自分の意見を構築する能力があるかどうかも問われていることを忘れてはいけないでしょう。

☆時事問題に対して自分の意見を持つ訓練法とは?

面接において時事問題が問われた場合に、短い間に自分の意見を構築して面接官に説明するためには、日頃から努力をしておく必要があります。いきなり面接の本番で訓練もなしにうまくいくものではないと、心しておいた方がよいでしょう。時事問題に対して意見を持つ訓練法は、時事問題だけでなく自分の目の前で起こる日常生活を含めたさまざまなものごとに関して、自分の考え方を頭の中でまとめるように、常に意識しておくことが大切です。日頃からそういった訓練をしておけば、面接の本番で時事問題についていきなり聞かれたとしても、一瞬で自分の考え方をまとめることができるようになるでしょう。

☆面接での時事問題対策は日頃からの心がけが大切

面接での時事問題対策は、日頃からの心がけが大切になります。特に、情報収集に関しては、付け焼き刃で対応することは難しいでしょう。例えば、面接の3日前からの新聞すべてに目を通すといった準備をしたとしても、面接でピックアップされる時事問題はその範囲に収まらない可能性が高いでしょう。就活の一環で、ニュースなどの情報収集をするといった考え方を捨て、これからビジネスパーソンになるための準備として新聞などを毎日確認するという心がけが大切です。それが結果的に、面接で時事問題について質問をされた場合の有効な対策となるでしょう。

☆時事問題を追いかけるのではなくさまざまなことに興味を持つことが大切

面接における時事問題対策についてご紹介してきましたが、追いかけようと思って情報収集してもなかなかうまくいかないことが多いでしょう。さまざまなことに興味を持ち、受け止める姿勢が結果的に時事問題の情報収集にも役に立つことにつながります。
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

内定にコミットする就活サービス ジョブコミット