第二新卒や若者の転職に!最も活用されている転職サイトは?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!
8第二新卒とは、おおよそ社会人3年目までの社会経験のある転職者のことを指すことが多い言葉です。終身雇用が当たり前とは言えない時代では、転職も珍しくありません。そんな若者の転職者のためになる転職サイトはどれなのか、というアンケートを実施してみました。転職を考えている方は是非参考にして納得のいく転職を実現して下さいね。 【質問】 転職活動で活用してるサイトは何ですか? 【回答数】 ビズリーチ:2 リクナビNEXT:80 DODA:5 エン転職:13

圧倒的人気はリクナビNEXT。決め手はなに?

アンケートの結果、8割の方がリクナビNEXTを選びました。 ・広告をよく目にするため。新卒時に利用した事があったため信頼していたため。(20代/女性/自由業・フリーランス) ・職種が細かく、即入社できたり中途積極採用があったりと幅が広いから(10代/女性/学生) ・以前も利用したことがあり、そのときはよい会社に就くことができたから。大きな会社だし、安心感もある。(40代/女性/契約派遣社員) 広告として目にする機会が多くあるサイトは、安心感からまず利用しようという気になるようです。それだけ利用者が多いと、実際に使った方の評価を聞いて自分も使ってみようと、さらに利用者が増えていくことにもなります。また、ネット上での広告からサイトに直接行くことで、とりあえずでも触れたことがあるサイトは実際に転職を考えた際に利用しようと覚えておくのでしょう。

2位以下に特徴的なのは、そのサイトの専門性

2番目以降は、エン転職、DODA、ビズリーチという順番になりました。 ・エン転職は、エンジニア系の求人情報が多いから、一番利用している。他にもいくつか転職サイトを利用している。(30代/男性/パートアルバイト) ・他のサイトよりも外資系の転職に強い、外資系の求人が多いサイトだから。(20代/女性/会社員) ・掲載企業、職種が大卒、総合職向けの比較的、年収の高い企業が多いから。(20代/男性/会社員) 大手のリクナビNEXTと違い、聞いたことがあると答える方が少ないようなサイトの場合は、その専門性に惹かれることがあります。総合的になんでも載っていて情報量が多い場合、裏を返せば検索しにくいとも言えます。もしも転職したい業種や職種が決まっている場合は、大手サイトよりも専門性に特化したサイトを利用してみると良いかもしれません。

サイトの選び方は使い方次第!どんな転職を望む?

今回のアンケートの結果で、サイトごとの向き不向きがあることが分かりました。転職先をあまり絞っておらず、色々とりあえず見てみたい場合は大手の転職サイトを、ある程度転職先の職種などが決まっている場合は、大手よりもその職種に特化した転職サイトを参考にすると良いでしょう。企業によっては特定のサイトにのみ求人情報を載せている場合もあるので、どんな場合でもとりあえずは色々なサイトで希望の職業を検索して調べて見ると良いですね。 ■調査地域:全国 ■調査対象:年齢不問・男女 ■調査期間:2016年12月06日~2016年12月20日 ■有効回答数:100サンプル  
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

内定にコミットする就活サービス ジョブコミット