絵は描いていい?エントリーシートでの自己表現

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

2019年卒限定 早期マッチングイベント
ひとつの企業に膨大な量が送付されてくるエントリーシート。ほかの就活生に差をつけ面接に進むためには、採用担当者の目に留まるエントリーシートを書くことが大切です。なかには、エントリーシートを絵や写真で飾り付けて合格したという先輩もいますが、それは全員が真似できるものなのでしょうか。エントリーシートを作成する際は、企業側の意図を理解したうえで、適切な形式をふまえることが大切です。エントリーシートの位置づけや守るべきルール、絵や写真を活用するときのポイントをご紹介します。

エントリーシートの位置づけを知ろう

エントリーシートに取り組む際は、まずエントリーシートの位置づけや目的を知ることが大切です。面接と異なり、誰でも送付できるのがエントリーシートの特徴です。そのため、各企業には大量のエントリーシートが送られてきますが、企業は何をチェックしているのでしょうか。ざっくりいえば、社会人としての常識の有無や企業が求める人物像に合致しているかどうかといった点です。ひとりひとりの具体的な個性や適性は、面接を通して知っていくことが一般的です。そのため、エントリーシートでは個性のアピールも重要ですが、それ以前に企業が求める人物像から外れていれば落とされてしまう可能性があるのです。したがって、絵や文章の奇抜さで個性をアピールするよりも、企業研究を深め企業の意向をふまえた内容を練ることが最優先になります。 ひとつの企業に膨大な量が送付されてくるエントリーシート。ほかの就活生に差をつけ面接に進むためには、採用担当者の目に留まるエントリーシートを書くことが大切です。なかには、エントリーシートを絵や写真で飾り付けて合格したという先輩もいますが、それは全員が真似できるものなのでしょうか。エントリーシートを作成する際は、企業側の意図を理解したうえで、適切な形式をふまえることが大切です。エントリーシートの位置づけや守るべきルール、絵や写真を活用するときのポイントをご紹介します。

エントリーシートの位置づけを知ろう

エントリーシートに取り組む際は、まずエントリーシートの位置づけや目的を知ることが大切です。面接と異なり、誰でも送付できるのがエントリーシートの特徴です。そのため、各企業には大量のエントリーシートが送られてきますが、企業は何をチェックしているのでしょうか。ざっくりいえば、社会人としての常識の有無や企業が求める人物像に合致しているかどうかといった点です。ひとりひとりの具体的な個性や適性は、面接を通して知っていくことが一般的です。そのため、エントリーシートでは個性のアピールも重要ですが、それ以前に企業が求める人物像から外れていれば落とされてしまう可能性があるのです。したがって、絵や文章の奇抜さで個性をアピールするよりも、企業研究を深め企業の意向をふまえた内容を練ることが最優先になります。

まずはルールを守って記入しよう

エントリーシートで重要なのは、まず形式を守ることです。たとえば、枠を飛び出して文章や絵を書いてしまうと、決まりごとを守れない人物だと判断されてしまう可能性があります。社会人になってからも、契約書などさまざまな書類で形式を守ることが求められます。そのため、ルールを破って個性を示すのではなく、まずは決まりごとを理解し遵守できる人物であることをアピールしましょう。また、手書きの場合、字が大きすぎたり小さすぎたり、あるいは字間や行間が詰まりすぎていたり、文章が斜めになっていたりと読みづらくなっていれば好印象を持たれません。目が悪い人でも読みやすいように配慮しながら、丁寧に記入することが大切です。

自己表現はまず内容で

エントリーシートで重要なのは、まず志望動機や自己PRなどで書かれる「内容」です。字体や色、絵などを工夫しても、肝心の内容が薄ければ訴求力のあるエントリーシートにはなりません。そのため、まずはそれぞれの項目に記入する内容を熟考しましょう。志望動機や自己PRでは、企業への志望度や理解度、熱意、適性といった点がチェックされます。ですから、業界や職種、企業の研究を深めましょう。応募する企業の基本情報や強み・弱み、独自性を踏まえたうえで、その企業でなければならない理由や、企業に加わって何をしたいかといったビジョンを具体的に書いていくことがポイントです。また、自己分析を行い、自分のスキルや資質を象徴するエピソードを絡めながら自己アピールすることも大切です。

文章で伝えきれなかった点を絵で表現しよう

文章では十分に伝えきれないという場合は、絵や写真を活用してみましょう。たとえば、自分のスキルやビジョンを図示したり、研究内容やアルバイト内容の絵を描いたりといったパターンがあります。また、笑顔に自信があるというアピールであれば、笑顔で写っている写真を貼ってみるのもいいでしょう。このように、絵や写真は、あくまで文章の補足として用いるのが一般的です。ただし、ベンチャー企業などオリジナリティーや奇抜さを重視し、個性的な人材を求めている場合は、より自由に絵や写真を活かし、思い切り個性を表現してみるといいでしょう。このように、企業がエントリーシートをどのように位置づけ、どのような人材を求めているかを理解したうえで、エントリーシートを工夫することが重要です。

まずは企業側の意図を考えよう

エントリーシートでは、ほかの就活生に差をつけ面接に進むため、さまざまな工夫が求められます。しかし、シンプルで簡潔なエントリーシートを求めている企業に、絵や色で溢れるエントリーシートを提出しても逆効果になる可能性があります。企業研究を進めるなかで、適したエントリーシートを考えながら作成に取り組みましょう。 個性

まずはルールを守って記入しよう

エントリーシートで重要なのは、まず形式を守ることです。たとえば、枠を飛び出して文章や絵を書いてしまうと、決まりごとを守れない人物だと判断されてしまう可能性があります。社会人になってからも、契約書などさまざまな書類で形式を守ることが求められます。そのため、ルールを破って個性を示すのではなく、まずは決まりごとを理解し遵守できる人物であることをアピールしましょう。また、手書きの場合、字が大きすぎたり小さすぎたり、あるいは字間や行間が詰まりすぎていたり、文章が斜めになっていたりと読みづらくなっていれば好印象を持たれません。目が悪い人でも読みやすいように配慮しながら、丁寧に記入することが大切です。

自己表現はまず内容で

エントリーシートで重要なのは、まず志望動機や自己PRなどで書かれる「内容」です。字体や色、絵などを工夫しても、肝心の内容が薄ければ訴求力のあるエントリーシートにはなりません。そのため、まずはそれぞれの項目に記入する内容を熟考しましょう。志望動機や自己PRでは、企業への志望度や理解度、熱意、適性といった点がチェックされます。ですから、業界や職種、企業の研究を深めましょう。応募する企業の基本情報や強み・弱み、独自性を踏まえたうえで、その企業でなければならない理由や、企業に加わって何をしたいかといったビジョンを具体的に書いていくことがポイントです。また、自己分析を行い、自分のスキルや資質を象徴するエピソードを絡めながら自己アピールすることも大切です。

文章で伝えきれなかった点を絵で表現しよう

文章では十分に伝えきれないという場合は、絵や写真を活用してみましょう。たとえば、自分のスキルやビジョンを図示したり、研究内容やアルバイト内容の絵を描いたりといったパターンがあります。また、笑顔に自信があるというアピールであれば、笑顔で写っている写真を貼ってみるのもいいでしょう。このように、絵や写真は、あくまで文章の補足として用いるのが一般的です。ただし、ベンチャー企業などオリジナリティーや奇抜さを重視し、個性的な人材を求めている場合は、より自由に絵や写真を活かし、思い切り個性を表現してみるといいでしょう。このように、企業がエントリーシートをどのように位置づけ、どのような人材を求めているかを理解したうえで、エントリーシートを工夫することが重要です。1705_2_160 (3)

まずは企業側の意図を考えよう

エントリーシートでは、ほかの就活生に差をつけ面接に進むため、さまざまな工夫が求められます。しかし、シンプルで簡潔なエントリーシートを求めている企業に、絵や色で溢れるエントリーシートを提出しても逆効果になる可能性があります。企業研究を進めるなかで、適したエントリーシートを考えながら作成に取り組みましょう。
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!