エントリーシートの売り場はどこにあるの?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!

就職活動において、エントリーシートは希望先の企業に初めて提出する大切な書類となります。履歴書はコンビニや100円ショップでも気軽に購入することができますが、エントリーシートは一体どこで販売されているのでしょうか?

また、記入するペンはどんなものでも良いのか、エントリーシートは何の封筒に入れれば良いのかと、疑問に感じている就活生もいるかもしれません。

ここでは、エントリーシートをどのように入手し、エントリーシートを送付する際に必要な封筒などについて詳しく見ていきます。

エントリーシートは販売されているもの?

エントリーシートを購入しようとしても、どこを探しても見当たらないという人もいるのではないでしょうか。

エントリーシートは書店などの売り場で販売されているものではなく、応募先企業が作成しているものになります。

多くの就活生は、ネットから企業へ応募してエントリーシートを入手しています。会社説明会などでも、もちろんエントリーシートをもらうことは可能です。企業のホームページから、ダウンロードするエントリーシートも存在します。

企業によっては、ダウンロードしたエントリーシートにパソコンから記入するもの、印刷をしてから記入するものなど、企業からの指定の記入方法があるのでしっかりと確認しておきましょう。

1705_2_157 (2)

エントリーシートの入手方法がわからない場合の対処方法

企業のホームページなどを確認してみても、エントリーシートをどのように入手すれば良いのかわからない場合もあります。

近くの書店などの売り場などにも販売されているものでは無いので、なるべく早めに企業に問い合わせの電話をしてみるようにしましょう。肝心なのはエントリーシートを書くことですから、入手する段階で時間をかけてしまうのは、スマートな就活とはいえません。

早く入手するべき理由のひとつに、エントリーシートには受付締め切り期限があります。また、あまり調べずにいきなり電話をすることは、マナー違反な行動となり得ます。

調べた経緯などを電話で伝えながら、エントリーシートをどう入手すれば良いのか問い合わせるようにしましょう。

エントリーシートはどんなもので記入しても大丈夫?

それでは、エントリーシートはどんなもので記入すればいいのでしょうか。

基本的なことですが、書店やコンビニなどの売り場にある、黒色の油性のボールペンが書きやすく推奨されています。太さは0.5mm~0.7mmくらいのボールペンが文字を読みやすい太さのためおすすめです。

万年筆やサインペンなどでエントリーシートを記入することもできますが、鉛筆やシャープペンシルを使用するのは厳禁です。

消しゴムで消えてしまう筆記用具で書くことは、「社会人になるうえで最低限の知識も無い」と採用担当者に判断されてしまいかねません。書き損じを心配して、消えるボールペンを使用することもNGです。就職活動にあたり、エントリーシートを改ざん可能な書類にしないことが重要なポイントとなります。

エントリーシートを入れる封筒はどこで買うもの?

エントリーシートをしっかりと書き上げたら、希望先の企業へ送付する準備をしましょう。書類送付をするうえで必要なものはまず封筒ですが、コンビニなどの売り場で販売されている角2サイズの封筒を用意します。

エントリーシートは通常A4サイズであることが多いので、角2サイズを使用することが推奨されています。

しかし、なかにはエントリーシートのサイズが異なる企業もあります。まずは、エントリーシートのサイズをチェックしておきましょう。封筒のほかに必要なものは、送付状と書類の折れや濡れを防ぐA4サイズのクリアファイル、120円切手などがあればベターです。

1705_2_157 (3)

慌てずにエントリーシートを準備するために

人によっては、エントリーシートへの記入は時間がかかりとても頭を使う作業になります。

エントリーシートはどう入手すれば良いのか、エントリーシートを入れる封筒はどの売り場で入手すれば良いのかといった、エントリーシートに付随される作業は早めに把握して取り掛かりたいものです。

ほかの就活生よりも一歩リードした就活ができるよう、基礎知識は頭に入れておくようにしましょう。

就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

内定にコミットする就活サービス ジョブコミット