高倍率のインターンシップを勝ち抜くには!知っておきたい面接の内容

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!
インターンシップは大学などにおける教育の一環として導入され、大学によっては授業科目の一環として取り入れられたり、大学での活動の一環としてサポートされていたりする場合もあります。将来、就職後に企業などで働くイメージを持つためにも学生にとって興味深いインターンシップですが、実際の面接はどんな内容なのでしょうか。ここでは、面接のために準備しておきたいこと、よく聞かれる質問などについて紹介します。

インターンシップを受け入れる企業側の目的とは?

インターンシップとは、学生側にとっては企業等で実習・研修的な就業体験をする制度で、自分の専攻、将来のキャリアに関連した就業体験を行うことを目的としています。学生としては、自分が大学などで専門的に学んでいることが、実際に企業などで働く上でどのように役に立つかを試してみる絶好の機会ということができるでしょう。では、企業にとってはインターンシップとは、どのようなものなのでしょうか。企業が時間とコストを掛けて経験のない学生を受け入れるメリットとは何でしょうか。実は、企業にとってインターンシップとは、人材育成の場であり、企業の理解促進や魅力発信をする場といえるでしょう。そして、人材育成を目的とする以上、優秀な人材を獲得し、育成した人を後にその企業のために役立てたいと考えるのも当然のことと言えなくもありません。

絶対に欠かせない事前準備!

面接試験に事前準備は欠かせません。試験当日は多少緊張することを考慮しても、自分の実力を充分に発揮できるように念入りに準備しておきたいものです。面接では、大きく分けて二つのことを聞かれると思って良いでしょう。一つ目は、インターンシップに関することです。ここでは、自分の希望だけではなく、その企業がどんな内容の事業を行っているのか、どんな特徴と強みを持った会社なのかをよく知っておくことが大事です。ですから、会社のホームページをよく読み、大学の先輩などがいる場合には、よく話を聞いておくことが大切です。二つ目は、あなたの人となりに関することです。自分のことは意外によく知らないものですから、これを機会に自分の性格や価値観、ものの考え方や仕事に対する姿勢などをよく考えてまとめておくことをおすすめします。

インターンシップに関する質問内容

インターンシップに関することでは、いくつかのよく聞かれる質問内容があります。まずは、志望動機です。ここでは、自分が将来をやりたいか、なぜこの会社でなければならないのかを説明できると良いでしょう。募集要項を熟読して、応募した企業がどんな人材を求めて、どんな研修内容を考えているかもしっかり理解しておく必要があります。次に、インターンシップで何をしたいか、何を学びたいかについても聞かれる可能性が高いでしょう。ここでは、会社の事業内容や特徴、強みといったことと、自分のやりたいことを関連付けて話せるようにすると良いでしょう。また、自分の研修はもちろんですが、企業の側に立って、少しでも自分が企業に貢献したいという姿勢を表すのも良いでしょう。

あなたの人となりに関する質問内容

さらに、面接ではあなたの人となりを見ることにも重点をおくため、自分の長所、短所のほかに、学生時代に何に力を入れてきたかなどという内容についての自己PRもよく求められます。この際には、ただ何をしたかではなく、なぜ、どのようにしたのか、その結果どんなことを学び、今後それをどんなことに活かせるのかといったように、事実だけではなく、自分の考えも含めて話すと良いでしょう。また、短所は誰にでもあるものです。自分の短所は素直に認め、どんな風にカバーしているのか、どんな風に克服しようとしているのかも付け加えると、前向きな姿勢を示すことができるでしょう。

準備ができたらいよいよ面接!

面接で最も大切なのは事前準備です。応募する会社の事業内容を調べ、志望動機を的確に伝えられるようにしておきましょう。また、自分の人となりを知ってもらえるように自己分析をしっかりして、前向きに自分をアピールできるようにしましょう。準備ができたら、自信を持って面接に臨んでください。  
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

内定にコミットする就活サービス ジョブコミット