面接に遅刻した場合でも適切に対処すれば内定はもらえる!

はじめに

就活における最大のポイントは、面接をどうクリアするかだといっても過言ではないでしょう。

それほど大切な面接には遅刻せずに行くのは当然のことですが、不測のトラブル発生などによって遅刻してしまうこともありえます。

面接に遅刻してしまうと「どうせ内定はもらえないだろう」とあきらめてしまい、面接に行くのをやめてしまう人もいますが、あきらめずに対処して内定を勝ち取った人もいます。

そこで、面接に遅刻した場合の対処方法についてご紹介します。

面接に遅刻する可能性

就活における面接は、応募している会社から内定をもらえるかどうかが決まる大切なステップです。

社会人としては、遅刻することがないように時間に余裕をもって出発したり、事前に場所を調べておいたりなどの準備が必要です。

しかし、それでも遅刻をする可能性は残ります。

例えば、電車のトラブルで立ち往生したり、事故や事件に巻き込まれたり、急に体調が悪くなって病院に行かざるをえなくなったりする場合は、やむをえず遅刻することになってしまうでしょう。

遅刻する可能性があることを想定しておかないと、いざ遅刻せざるをえない状況になったときに焦った正しく対処できないおそれがあります。

どんな人でも面接に遅刻する可能性はあるということを自覚しておきましょう。

遅刻が確定したらまず電話を入れる

では、交通機関のトラブルや突然の体調不良などで遅刻が確定してしまった場合はどのように対処すべきでしょうか。

まずは、会社に電話で連絡を入れる必要があります。

緊急事態ですのでメールは使いません。

メールで連絡すると、社会人としての常識を疑われる可能性があります。

電話で採用担当者に連絡すると、当然、理由などを聞かれます。

採用担当者も、さまざまな理由で遅れる可能性があることはわかっています。

電話での受け答えでその人の社会性や仕事力を判断されることになるでしょう。

変に嘘をついたり言い訳をしたりせず、まず謝罪をし、遅刻に至った理由と面接会場への到着時間の見込みを落ち着いて伝えることが大切です。

【面接に遅刻したときの対処法】遅刻連絡する際の3つのポイント

面接に何らかの事情で遅刻しそうなとき、どのように対処すれば、担当者の心証を悪くすることなく面接を受けさせてもらえるのでしょうか。

遅刻の連絡をする際に抑えておきたい3つのポイントをご紹介します。

遅刻するのがわかったタイミングですぐに連絡する

遅刻の連絡はどんな反応をされるのか不安なこともあり、できれば、どうにか駆け込んで間に合わせたいと、なかなか連絡ができずにいる方も多いです。

ですが、企業の担当者は忙しい中であなたの到着を待っています。

面接開始時刻ギリギリや過ぎてからでは、相手の印象を悪くしてしまいます。

これは明らかに遅刻だとわかった段階で、迷わずすぐに連絡を入れましょう。

連絡を入れたうえで、もし時間までに間に合ったなら結果としてよかったことになりますが、連絡をせずに遅れてはイメージが悪いです。

たとえば、午前10時30分からの面接で、面接場所まで電車であと30分かかるとします。

そのときに電車がトラブルで止まってしまった場合、10時を超えればもう間に合いません。

電車がいつ動き出すのか、5分後なのか1時間後なのかわからないことが多いです。

面接まであと30分あっても、30分かかる距離なら間に合わないのは明確なのでその段階ですぐに連絡を入れましょう。

早めに連絡をすれば、面接官も空いた時間を活用できます。

あなたを待っていたのにギリギリになって予定変更されるより、無駄がなくイメージダウンも抑えられます。

到着予定の時間は少し余裕を持って伝える

寝坊してしまった、前の面接が押してしまい間に合いそうもないといった場合、今から電車に乗るとあと30分で着くからと30分後には着きますと伝えるのはややリスクです。

遅刻する時間はなるべく短く抑えたいと思う気持ちが働き、中には30分はかかるのにあと20分ほどで着きますなどと言ってしまう方も多いです。

ですが、これでは到着予定として伝えた時間に到着できず、再び遅刻になってしまいイメージダウンです。

到着時間は余裕を持って伝え、伝えた時間より5分ほど早く着けるようにすると相手の心証もよくできます。

もし面接日時が変更になった場合は、謝罪の気持ちをさらに伝える

遅刻をすることで次の面接が立て込んでいることや担当者が別の仕事や案件があるなどで面接の日時をリスケジュールしなくてはならないこともあります。

また、電車が動きそうにないとか体調不良などで、あなたの方からリスケジュールを依頼しなくてはならないこともあるでしょう。

面接日時の変更に応じてもらえた際にはただよかったと喜ぶのではなく、丁重に謝罪の気持ちを伝え、なおかつ、リスケジュールしてくれたことに感謝の言葉を伝えましょう。

また、改めて面接を受ける際に、最初にリスケジュールへのお詫びの気持ちと感謝の気持ちを直接伝えることも礼儀です。

遅刻後の面接における注意点

遅刻が確定して連絡を入れたら、できるだけ早く面接会場に到着できるように急ぎます。

面接の順番は入れ替わっている可能性があり、到着後も面接まで多少時間がある可能性もありますが、到着後そのまま面接会場に入る可能性もありますので心の準備をしながら会場に向かいます。

面接が始まったら、まずは遅刻したことを詫びて理由を述べた上で、遅刻したにもかかわらず面接の機会を作ってくれたことに感謝するとよいでしょう。

面接担当者は遅刻した自分のために忙しいスケジュールを変更してくれていることが想像できれば、自然と感謝の気持ちが生まれるはずです。

その後は、遅刻のことを引きずって落ち込むことがないよう、気分を変えて落ち着いて質疑応答をしていけばよいでしょう。

遅刻への対応は社会人としてのトラブル対応能力が問われる

面接に遅刻してしまった場合は反省することも大切ですが、落ち込んでしまったり、あきらめてしまったりするのは社会人として適切な対応とはいえません。

面接に遅れること自体は採用担当者の評価に関して決してプラス要素にはなりませんが、遅れたことに対してどのように対応したかについてはプラスの評価にすることも可能です。

ビジネスの世界では、不測の事態が起こることは日常茶飯事です。

遅刻は、そういったトラブルに見舞われたときの対応能力を見せるチャンスでもあります。

また、遅刻をしても連絡をして必死に面接会場に行こうとする姿を見せることは、その会社に対する思いの強さをアピールすることにもつながります。

【面接に遅刻したときの対処法】面接に遅刻してしまったときの企業からの評価とは

では、面接に遅刻してしまった場合、企業はどうあなたを評価するのでしょうか。

基本的なポイントをご紹介します。

遅刻しても必ず不合格になるとは限らない

面接に遅刻するとそれだけでもうダメだと思い込み、集中力がなくなる方やあきらめモードで納得のいく面接ができなくなる方もいます。

ですが、遅刻したからだけで選考に落ちるとは限りません。

もし、「うちは遅刻は厳禁の会社だから。」と言うのであれば、遅刻の連絡をした段階で「もう来なくていい」と言われるのではないでしょうか。

遅刻しても面接に応じてくれる以上は、あなたの話をしっかり聞きたいと考えている証拠です。

誠心誠意の対応をすることで評価を上げることも可能

だからといって、何事もなかったかのように面接に臨んではいけません。

企業はこうしたトラブルやミスが発生した場合のあなたの対応の仕方を厳しくチェックしています。

たとえば、取引先とのアポイントに遅刻したとき、この人はどのように対応できる人なのだろうか、取引先を怒らせてしまうような態度を取らないかなどを見ているわけです。

遅刻しても自分だけが困る学生時代の気分を捨て、仕事への責任を持ち、取引先や同僚などの相手がある仕事に従事する社会人としての振る舞いが求められます。

マナーをわきまえ、誠心誠意対応すれば、評価を回復させたり、上げることもできるのです。

遅刻で評価が下がっていることは忘れてはいけない

リスケジュールしてもらったからと喜んだり、遅刻したことも忘れて面接での回答内容ばかりに気をとられてはいけません。

電車や気象のトラブルなどやむを得ない理由による遅刻はともかく、時間に遅れたり、日程をずらせば、心証が下がってしまうことは否めません。

誠心誠意の対応に加えて、てきぱきとした対応や明朗な話し方を実践し、志望動機や自己PRなどによりいっそう力を入れましょう。

自分がどれだけその会社を熱望し、どんな活躍や貢献ができるのか、しっかりと伝えて熱意をアピールすることが必要です。

面接に遅刻しても内定をもらえる可能性はある!

面接には遅刻しないのがベストですが、万が一遅刻してしまった場合でも、適切に対処すれば内定をもらえる可能性は十分あります。

最後まであきらめないことが大切です。

面接時にやっちゃいけないマナー違反、
知らず知らずのうちにやってませんか?ウカル面接対策、教えます。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ