説明会で上着はどうしたら良い?選び方とマナー

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

2019年卒限定 早期マッチングイベント
冬場の説明会では、コートなどの上着を着ていくことが多くあります。しかし、まさか上着を着たまま説明会に参加するわけにはいきません。説明会をはじめとする就職活動では、スーツなどの軽装で臨むことがビジネスマナーとなっています。それでは上着はどこで脱ぎ、どうやって持ち運べば良いのでしょうか。説明会で望ましい上着のマナーについて、デザインの選び方や、持ち歩くとき、椅子に座るときなどのポイントをご紹介します。

まずは説明会の服装マナーを知ろう

説明会では、リクルートスーツやビジネスカジュアルを着用することが一般的です。もし企業側から「スーツ着用」などと指示があればそれに従いますが、明確な指示がなかったり「服装自由」と言われたりした場合は、シックなスーツやビジネスカジュアルを選ぶようにしましょう。説明会は必ずしも採用に直結しないケースもあるため、私服でも問題ありませんが、「なぜ私服なの?」と尋ねられたときに、きちんと答えられる理由を考えておく必要があります。スーツを着ていく場合は、黒や紺、ダークグレーなど、落ち着いた色味のものを選びましょう。オフィスカジュアルの場合、男性ならばジャケットにシャツ、チノパン、革靴といった組み合わせが理想です。女性は男性ほど服装チェックが厳しくありませんが、ジャケットにシャツやブラウス、スカートやきれいめのパンツ、パンプスといった組み合わせが基本です。

冬場の上着の選び方とは?

SONY DSC 冬場になると、ジャケットの上にコートなどの上着を羽織ることが多くなります。既に持っているコートを着用しても大丈夫ですが、あまりに華美だったり、カジュアルすぎたりすると、就職活動には適しません。説明会でコートを着用する場合は、トレンチコートやステンカラーコートなど、シンプルなものを選びましょう。色味はスーツと同じく、黒や紺、グレーなどの落ち着いたものが望ましいです。ただし女性は男性ほど厳しくないため、茶色やベージュなどでも問題ありません。上着は、説明会の前に脱いでしまうことが多く、企業側も細かくはチェックしていません。新規購入にはお金もかかるため、スーツほどデザインや色味に過敏にならなくても大丈夫です。

冬場の上着を脱ぐタイミングとは?

コートなどの上着は、説明会前には脱いでしまうことが一般的ですが、そのタイミングはいつになるでしょうか。合同説明会でも個別説明会でも、会場に入る前に上着を脱ぐようにしましょう。企業ブースや、説明会の席で上着を着ていると悪目立ちしてしまいます。社会人になってからも、取引先に入る前にコートを脱ぐことは常識であるため、就職活動の時点から気をつけることが大切です。もし説明会の会場にロッカーやクロークがあれば、脱いだコートを預けてしまうと、荷物の負担が少なくなります。手がいっぱいだからといって、脱がずに着たまま説明会に参加することだけは避けましょう。そして説明会が終わったら、会場を出てから再びコートを着るという流れになります。

上着をどうやって持てばよい?

もし説明会の会場にロッカーやクロークがなければ、自分の手でコートを持って歩くことになります。説明会ではメモを取ったり資料をもらったりするため、荷物を持っていると邪魔になることがあります。だからといって、上着を肩にかけたり腰に巻いたりするのは禁物です。脱いだ上着は、片手にかけるようにしましょう。持ち方に決まりはありませんが、なるべくシワにならないように気をつけるのがポイントです。また椅子に座る時は、背もたれに上着をかけるのではなく、かばんの上に置くようにしましょう。背もたれにかけると、見栄えが悪かったり、シワになったり、周囲の人の邪魔になったりする可能性があるため、注意が必要です。

マナーを守って上着を着よう

1705_2_67 (3) 説明会に上着を着ていく場合は、マナーを守ることが大切です。スーツほど厳しくチェックはされませんが、シンプルで、ビジネスに適した上着を選びましょう。会場内では、周囲の人の邪魔にならないよう気を配りながら上着を持ち歩くことが大切です。
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!