最低限知っておくべき会社説明会の基本マナーとは?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

2019年卒限定 早期マッチングイベント

企業説明会は選考する場ではありませんが、企業の社員や人事担当者に初めて会う重要な機会です。悪い意味で目立ってしまうと担当者の印象に残ってしまう可能性もあります。逆に受付や質問する際などにいい印象を持たれた学生は名前を覚えてもらえることもあるでしょう。社会人のマナーをしっかり身につけて、好印象を与えるように心がけましょう。ここでは、説明会に行くときの服装や持ち物、入退室時のマナーについて説明します。

マナーの基本!服装と身だしなみ

第一印象を決める服装や身だしなみに気を配ることは、社会人としてのマナーです。学生は基本的にリクルートスーツを着用しますが、サイズが大きすぎたり袖や丈が長すぎたりしないようにしましょう。きちんと散髪し、清潔感のある髪型がいいでしょう。女性はアクセサリーをなるべくつけないかごく小さいものに留め、メイクやネイルも派手ではなく目立たないものにします。また、靴や鞄はスーツと同色に揃えます。靴の汚れは意外と目立つので、事前にきちんと磨いておくことが大切です。鞄はできれば床に置いて立つタイプのもので、物を入れすぎて膨らみすぎないように注意しましょう。 1705_2_45 (2)

説明会に必須の持ち物リスト

資料が入るA4サイズの鞄と、履歴書、証明写真、筆記用具、メモ帳、スケジュール帳、学生証、ハンカチ、ティッシュは持っていくようにしましょう。履歴書など事前に提出するよう指示があるものは忘れないように気をつけましょう。天候によって交通機関が乱れることが考えられるので、地図や交通機関を検索できるアプリを入れておくといいでしょう。天気予報によっては念のため折り畳み傘を持つ必要もあります。女性はメイク直しの道具やストッキングの予備があると安心でしょう。持ち物は鞄の中できちんと整理し、受付時などに必要なものがすぐに取り出せるように注意しましょう。

入室時のマナーとは?

説明会の会場にあまり早く着きすぎるのはマナー違反です。企業側の準備もあるので、通常受付は30分前から始める場合がほとんどです。できれば10分前くらいに着くようにいくといいでしょう。ギリギリに到着したり、遅刻したりすることがないようにしましょう。建物に入る前にコート、マフラーなどは脱いで手に持っておきます。受付では、挨拶をして大学名と名前を言います。このときに相手の目を見てはっきりと言いましょう。書類をもらったり部屋を案内されたりしたら「ありがとうございます」とお礼をいうのが礼儀です。説明会会場に入ったら、前のほうから座るのがマナーです。前の席ばかり空いているのは説明をする人にも失礼になります。会場で友人や知り合いに会っても私語は慎み、開始までは席で静かに配布物に目を通すなどして待ちましょう。携帯電話の電源は早めに切っておきます。 1705_2_45 (3)

説明会中と退出時に気を付けるべきこと

説明会の会場では、座り方にも注意しましょう。間違っても足を組んだり背もたれにだらしなくもたれかかったりせずに、姿勢を正しましょう。説明を聞くときは話をしている人の目を見て、頷きながらしっかりと聞きましょう。途中でメモをするなどして、分からないことがあれば後で質問できるように準備しておきます。質問をする際には、大きな声で大学名と名前を名乗り、手短にわかりやすく発言しましょう。すでに説明会で話したことや、ホームページや会社案内ですぐ調べられるような質問は避け、他の学生の役にも立つような質問をしましょう。説明会が終わった後には、アンケート用紙などがあれば必ず記入して提出します。退出時には関係者や受付の方にお礼をいってから退出しましょう。

社会人として当たり前のマナーを知っておく

説明会でのマナーは社会に出れば当たり前の最低限のマナーです。しかし、慣れるまでは気をつけないとついつい姿勢が崩れたり、携帯電話を見てしまったりということもあるでしょう。事前にマナーについて理解をし、気を引き締めて臨みましょう。

就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!