インターンシップの志望動機を整理するためには企業研究も大切

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

2019年卒限定 早期マッチングイベント

就活生にとってインターンシップは数多くのメリットがある魅力的な制度です。正社員に近いレベルの仕事を実際に体験できる点や、実際に働く体験をすることによって外からではわからない会社内の雰囲気を知ることができる点もメリットです。しかし、インターンシップに参加するためには選考をパスする必要があります。そこで、選考にパスするための志望動機のポイントである企業研究やオリジナルエピソードの盛り込みなどについてご紹介します。

インターンシップ合格には志望動機の整理が欠かせない

インターンシップのメリットを享受するためには、まずインターンシップに合格することが求められます。インターンシップの選考にパスするための要素は複数ありますが、その中でも志望動機のアピールは大切な要素となります。そのため、志望動機を整理することがインターンシップ合格には欠かせません。インターンシップの採用担当者にとって、志望動機は応募者の人間性を把握する重要な材料となりますし、どの程度の意欲があるかを測る目安としても参考にされます。志望動機のアピールがしっかりできれば、それだけインターンシップ参加が近づくと考えてもよいでしょう。インターンシップに参加したければ志望動機の整理に注力することを心がけることをおすすめします。 1705_2_38 (3)

志望動機の整理に必要なこととは?

インターンシップに合格するためには志望動機の整理が欠かせないことは理解できたとしても、具体的にどのように整理したらよいのかわからないという就活生もいるでしょう。インターンシップに参加したいという意欲が十分あったとしても、志望動機のアピールに失敗すれば採用担当者の目に留めることは難しくなってしまいます。そのため、わかりやすく簡潔に志望動機をまとめるだけでなく、他の応募者と差別化できる志望動機に仕上げることが求められます。差別化できる志望動機の整理に必要なポイントは主に2つ挙げられます。1つめはインターンシップ先の会社の研究を徹底的に行うこと、2つめはオリジナリティのある志望動機に仕上げることです。

志望動機に活かすための企業研究のポイントとは?

では、オリジナリティのある志望動機に仕上げるための1つめのポイントであるインターン先の企業研究はどのようにしたらよいのでしょう?もちろん基本的なポイントをおさえるために、応募先企業のホームページを一通り見ることは大切ですが、特に経営理念と業務内容を研究することがポイントとなるでしょう。経営理念はその会社の社風や企業独自の価値観、企業行動を左右する重要な内容です。その点をしっかり理解していることを志望動機の中でアピールできれば差別化を図れるでしょう。また、業務内容を詳しく理解することによって具体的に体験したい仕事内容を志望動機の中で説明できるようになります。業務内容の理解度が高いことは採用担当者からの評価を高めることにつながるでしょう。 genetic modification is not only way

志望動機のその他のポイントは?

インターンシップ合格につながる志望動機のもう1つのポイントは、自分の体験談などのオリジナルエピソードを盛り込むことです。自分にしか書けない、話せない内容であれば他の応募者との確実な差別化の要素となります。エピソードを思い出すにあたっては、企業研究の内容が役に立つはずです。しっかり企業研究をしておけば、どういったエピソードがその企業のどの考え方、どの業務内容に結びつくかも容易に判断できるようになるはずです。また、エピソードが盛り込まれることによって、採用担当者が志望する側の人間性を把握しやすくなる効果を期待できます。

志望動機を整理してインターンシップを勝ち取ろう

志望動機の整理はインターンシップ合格に欠かせない大切な要素です。経営理念や業務内容を中心にしっかり企業研究を行った上で、オリジナルのエピソードを盛り込んだ志望動機を整理しましょう。志望動機の整理はその後の就職活動にも役立ちますので真剣に取り組むことをおすすめします。

就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!