就活生なら押さえておきたい!面接の練習をする際のポイント

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

2019年卒限定 早期マッチングイベント
人生を左右すると言っても過言ではない就職活動。多くの人が、自分の行きたい企業から内定をもらうために奔走することでしょう。そんな就活で大きな壁となるのが、エントリーシートと面接。中でも面接は、企業の人を前にして緊張してしまうために苦手意識がある人も少なくありません。今回は、そんな面接の練習方法について紹介します。

緊張しないために、準備万端で臨もう!

面接で緊張しないために大切なことは2つあります。1つ目が「準備」です。「準備」をしっかりしていれば、面接官から飛んでくる質問にもどっしりと構えることができ、落ち着いて面接に臨むことができます。特に第一志望であれば対策は必須です。具体的にどのような対策かというと、考えられる質問に対する答えをざっくり用意していくことです。就活の参考書などに面接時の定番の質問などが羅列してあるので、そうした質問に対する答えをノートなどにまとめておきましょう。このとき、一字一句覚えると当日違った視点から切り込まれたときに融通が利かないので、ざっくりと用意しておくのがポイントです。このような準備ができているのとできていないのとでは、精神的にも余裕が違いますし、唐突な質問が来た時にも長考する必要がなくなります。

経験を積むには、実戦練習がベスト!

ノートなどに質問に対する準備をしたら、今度は実際に「経験」を積んでいきましょう。おすすめは、先輩など数年以内に就活を経験している人に面接官になってもらう方法です。最近経験した先輩であればどのような質問をしてくるかも把握していますし、痛いところをアドバイスしてくれるでしょう。面接のシミュレーションという点では親や友達でも問題ありませんが、あまり近しい関係だと緊張感も減り、就活経験者でないとリアリティに欠ける場合があるので注意が必要です。就活経験者が良い理由はもうひとつあります。それは「フィードバック」してくれるという点です。自分の面接に対する姿勢や受け答えに対し、どのように改善していけば良いのか指摘を受けましょう。これにより、自分の面接スキルを磨いていくことができます。

面接時の所作は、鏡を見て矯正していこう!

面接で重要視されるのは「第一印象」です。中でも、姿勢や雰囲気は大きく影響すると言われています。普段から猫背の人や、お辞儀が心配という人は、鏡を前に何度も練習しましょう。自分で満足のいく形になるまで、日々矯正していくと第一印象もグッとアップします。また、忘れてはならないのは「笑顔」です。目じりを下げ、口角を上げるのが理想です。面接のときに笑顔が大事と頭では分かっていても、いざ本番となると緊張してしまってそれどころではないという人も少なくありません。毎日鏡を前にして、自然な笑顔になる練習を積んでいくのがベストです。これらは面接直前にちょっとやれば良いというものではないので、数か月前から徐々に日課にしていくのがおすすめです。

より高度な面接技術を身につけるには、他人の観察も!

身近な人に面接官になってもらう練習方法を紹介しましたが、実は自分が面接官になるという方法も無駄なことではありません。友達が面接の練習をしてほしいと言ってきたら、率先して面接官になりましょう。他人の観察をすることは、自身の面接技術を上げる上で貴重だからです。その友達がとても面接上手であれば言動で真似できる点を探せばいいし、あまり上手でないと感じたら自分もそのような点はないか見つめ直すことができます。人のふり見て我がふり直せという言葉があるように、面接の練習も他人の観察をすることで学べることはたくさんあるのです。

とにかく練習を積んで、自信をつけて臨もう!

このような面接の練習は単に技術を上げるのみならず、当日の自信にもつながります。本番に緊張してしまわないように、充分な準備と練習をして、胸を張って面接に臨みましょう。  
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!