面接後にはお礼メールを!知っておきたい、就活マナー

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

2019年卒限定 早期マッチングイベント
面接を終えたら、あとは結果を待つのみだと思っている人はいませんか。実は、面接後にも他の応募者と差をつけられるポイントがあります。スバリそれは「お礼メール」です。面接官や採用担当部署に忙しい中自分のために時間を割いてくれたことに対する感謝の気持ちを伝えるためのもので、昔はハガキや封書で送るのが一般的でしたが、今ではメールで送るのが主流となっています。今回は、面接後のお礼メールで印象アップするための重要なポイントをご紹介します。

合否に関わるの?

面接後のお礼メールというのは就活においては一般的なマナーになっています。送らなければ不採用になるのかというと、そうではありません。お礼メール以外にも本人とやりとりする機会は何度もありますから、メールがなかったからといって心象がガクンと下がるということはありません。逆に言えばお礼メールが採用の決め手になるということもありません。ただ、メールによって採用担当者に良い印象を残すことはできます。お礼メールを出さない人も少数派ではありませんから、送っておけばそんな人たちと差をつけることが可能です。メール1つで多少なりとも変わるのであれば、送っておいて損はないのではないでしょうか。

メール送付時のルール

しかし、「ただ送ればいい」という甘いものではありません。お礼メールは一般的なマナーですから他にも送る応募者はいます。テンプレ的な文面では他の応募者のメールに埋もれてしまい、印象に残ることはないでしょう。面接突破の可能性を少しでも上げたいのなら、「自分流」の一手間加えたメールが求められます。詳しい内容に入る前に、まずは基本的なビジネスメールのマナーを確認しておきましょう。 ・件名を入れる ・会社名、部署、役職名は正確に ・始めと終わりの挨拶文 ・署名を忘れない これらは就活時だけでなく、社会に出れば当然のように求められるマナーです。「働く」ことを強く意識していることをアピールするためにも、ビジネスマナーに則った文面を心がけましょう。

自分にしか書けない内容を

最低限のマナーを学習したら、次は具体的な内容です。数多くのメールの中から採用担当者の目に留まるためには、「自分らしさ」を加える必要があるでしょう。例えば面接時に面接官と話した内容、業界の最新動向や業務の取り組み方など具体的なエピソードを織り交ぜることで、「あの応募者か!」と印象付けることができます。あるいは面接では伝え切れなかった自分の熱意を書き連ねれば、志望度の高さが伝わるかもしれません。もし、採用担当者が合否を決めかねているタイミングでそのようなメールが来れば、意欲の高さを汲み取って次へと進めてくれる可能性もゼロではないでしょう。採用担当者も人間ですから、お礼状の有無やその内容が選考にまったく響かないかと問われれば、イエスと言い切るのは難しいのではないでしょうか。

お礼メールの例

以上を踏まえ、面接後のお礼メールの例文を見てみましょう。 件名:○月○日の面接のお礼 株式会社○○採用担当○○様 ○月○日、御社の一次面接に伺いました○○と申します。 お忙しい中、私のために貴重な時間を割いていただき、誠にありがとうございました。 面接では業務内容や今後のビジョンなど御社の説明を○○様にわかりやすくしていただき、御社に関する知識や理解が深まり、ますます御社で働きたいという気持ちが強くなりました。 是非とも良い連絡がいただけるよう、祈っております。 末筆になりますが、御社の今後の益々のご発展をお祈り申し上げます。 ○○○○(氏名) 携帯電話:080-○○○○ メールアドレス:○○@...

少しでも、可能性を上げたいなら

お礼メールは選考の結果を左右するほど重要なものではありませんが、内容次第では好印象を残すことができます。最低限のビジネスマナーを守りながら、自分らしい文面で熱意をアピールしてみてはいかがでしょうか。  
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!