これで就活は万全!効果的な面接対策とは

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

2019年卒限定 早期マッチングイベント
就活において、最も重要な場面が面接でしょう。スムーズに回答できるようにするには事前対策が欠かせませんが、いざ面接官を前にすると上手く話せなくなるという人も多いのではないでしょうか。面接では『志望理由』が合否を大きく左右するといっても過言ではありません。志望理由の内容が薄いと、合格は難しいと考えたほうがよさそうです。志望理由の完成度の高さが面接対策の鍵となるでしょう。そこで、望ましい志望理由とその伝え方について詳しく解説します。

面接官が知りたいこととは

面接官は志望理由を重要視します。会社は『能力の高さ』と『仕事に対する熱意』を持っている人を求めています。そこで、面接官は『能力』や『熱意』を確認するために志望理由について質問をするのです。応募者が希望している業務と会社の業務内容にズレがある場合、会社に馴染めずに退職してしまうといった残念な結果になりかねません。そのような事態を避けるために、面接官は志望理由から応募者のやりたいことを把握します。意欲や能力と同時に人柄も重視されます。面接官は志望理由から応募者の人柄も判断しようとします。志望理由には、その人の個性が反映されるため、どのような点で会社に魅力を感じているのかを明確に記入することが大切です。

必ず伝えるべき志望内容とは

会社を選んだ理由について明確に説明できる必要があります。理由が曖昧だと面接官に悪印象を与えかねません。事前に会社の方針や特徴をしっかりと下調べしておくことが重要です。面接官は、応募者の持っているスキルが会社に役立つかどうかを把握しようとします。自分のスキルはきちんとアピールすることが大事です。こういう仕事がしたいと考えるきっかけとなった過去の経験には、その人ならではの個性が表れているものです。志望理由にその経験を盛り込むことで、面接官に自分自身を印象付けることが可能になります。また、将来的にどういう方向で仕事をしていきたいのか、入社後の具体的なビジョンを語ることができれば、仕事に対する情熱が面接官に伝わります。

説得力のある志望理由の伝え方とは

志望理由を伝える際は、まず自分が会社でやろうとしていること、次にそれを会社で実現させられる理由、そしてそれがどのように会社に役立つのかの順序で語るのがスマートです。話す長さも大事になってきます。いくら内容が充実していても、10分、15分とダラダラ話し続けていたら『簡潔に言いたいことを伝えられない人』と面接官に思われ、好印象を与えることが難しくなってしまいます。説明は簡潔明瞭に2分ぐらいにとどめたほうがよいでしょう。話し方も非常に重要です。どんなに志望理由が立派でも、話し方がぎこちなければ面接官に悪印象を抱かれてしまう恐れがあります。伝えたい意図が正確に伝わらないかもしれません。話し方も事前に練習するほうがよいでしょう。

言ってはいけないNG回答!

自分では上手くアピールできたと思っていても、意図せず面接官に悪印象を与えてしまうケースがあります。志望理由に具体性が欠けるのはもってのほか。『社会の役に立ちたい』など、どの職種にでも当てはまる中身のない内容では面接官に響きません。『会社で勉強したい』というアピールをする応募者は少なくありません。仕事を通して色々と学びたいという積極性を強調しているつもりかもしれませんが、逆効果でしかありません。会社は働く場所であって、学校ではないのです。学校で学んだことをどのように会社で役立てるかをアピールすべきでしょう。『給与が高い』『休みが多い』などを会社の長所として語るのは厳禁。給与面などの待遇について触れるのは避け、会社で何ができるのかといった仕事の内容に絞るのがベストです。

事前の準備が就活を成功に導く!

面接での志望理由は、しっかりと練り上げておくことが大事です。内容が説得力のあるものになっているか、NGとなるようなフレーズを書いていないか、何度も推敲することが欠かせません。また、面接では話し方も非常に重要になってきます。理路整然と語れるよう、本番を想定して練習しておくことも忘れないようにしましょう。  
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!