インターンシップは成長につながる!期待できる4つの成長とは?

インターンシップと聞いて、どのようなイメージを抱くでしょうか.実際に企業の中に入って仕事をするのでハードルが高いと感じでいる人もいるかも知れませんね。

しかし、これから社会人として働く学生にとって、インターンシップはぜひ経験しておいた方が良いものです。

企業のイメージを具体的に描く際の大きな手助けとなるでしょう。

自分に足りないもの、また逆に自分に向いているもの、それらを見つけてみませんか?インターンシップを経験して成長を目指しましょう!

まずはインターンに参加する目的を定めよう

インターンシップに参加する際には、目的をきちんと定めておくことが大事です。

自分を成長させるため、スキルアップのため、就活のためなど、人それぞれさまざまな理由があることでしょう。

目的をしっかり定めてから参加しないと、貴重な時間を無駄に過ごすことにもなりかねません。

何を得たいのかをよく考えて、さらに、インターンシップ終わった後の自分の姿もイメージしておくと良いでしょう。

インターンで何を得たいか?

インターンシップに、なんとなく参加しようとしてる学生もいるかもしれません。

友達がみんなやってるから、自分も参加したほうがいいのかと思ったなど、曖昧な理由でインターンシップを経験したとしても、充実した時間を過ごせないでしょう。

インターンシップの期間は限られており、とくに短期の場合にはすぐに終了していまいますから、しっかりとした目的意識を持っておくことが大事なのです。

インターンシップに参加する目的をハッキリさせるためには、自分が何を得たいのかを考えてみると良いでしょう。

会社の業務内容を知りたい、実務経験を積みたい、人脈を得たいなど自分がインターンシップに対して、自分が求めていることをよく考えてみてください。

得たい理由を明確に

自分がインターンシップで何を得たいと思っているのかをハッキリさせたら、次は、得たい理由についてもよく考えてみましょう。

なぜ、その会社の業務内容を知りたいと思ったのか?

なぜ、その会社で実務経験を積みたいと思ったのか?

など理由を考えることで、自分がインターンシップに対して、本当に求めていることが明確になってきます。

たとえば、インターンシップ参加の理由が実務経験を積みたいということだったならば、そこからさらに深堀して、自分を成長させるため?スキルアップのため?あるいは、就活に有利な情報を得るためなのかを、自分自身によく問いかけてみてください。

得た先の自分を想像しよう

インターンシップへ参加して何かを得た先の自分自分の姿をよく想像しておくことも大事です。

インターンシップでは、実際の仕事を体験したり、お客様や取引先などと関わったり、職場の上司や先輩から指導を受けたりなど、さまざまな体験をすることになります。

どんなことが体験できるのかについては、インターンシップの内容によっても異なりますが、参加後は今までとは違った世界が見えてくることもあるかもしれません。

インターンシップで得た経験や知識、あるいは、感じたことや気が付いたことなどを、今後の人生にどのように活かしていったら良いのかについても、考えておくと良いでしょう。

ビジネスマナーを身につけて成長する期待

インターンシップでは企業で働くことになるので、ビジネスマナーを身につけておく必要があります。

企業ごとに社風があるので、『これが絶対に正しい!』というものは無いかも知れませんが、最低限のマナーは知っておく方が良いです。

まず、挨拶。

上司だけにするのでは無く、誰に対してもしっかりと行うようにしましょう。

服装は清潔感を第一に。

一着のスーツをずっと着るのでは無く、最低2着は用意し定期的にクリーニングに出してください。

ヨレヨレの服装は社会人としてイメージダウンです。

敬語は尊敬語、謙譲語、丁寧語をTPOに応じて使い分けられるようにしましょう。

時間は基本5分前厳守を心がけてください。

ビジネスマナーについて迷うことがあれば、インターンシップ先の社員に聞いてみましょう。

社会人としての経験から、きっと良い答えを教えてくれます。

ビジネスマナーは社会に出たときにどう活かせるか?

ビジネスマナーは、社会時として働くためにとても大事なものです。

どこの会社であっても、ビジネスマナーが身についているかどうかが問われますので、学生の内からインターンシップに参加して、きちんと身につけておいて、損はありません。

挨拶、清潔感のある身だしなみ、言葉使いなどができるようになっておけば、就職活動の際にも好印象を持たれやすくなり、採用される確率も高くなります。

また、ビジネスマナーを身につけることで、人から信頼されやすくなるメリットもあるのです。

信頼性は、仕事をするうえで非常に大切なものとなります。

ビジネスマナーを身につけてきちんとした社会人であることをアピールできれば、責任のある仕事なども、任せてもらいやすくなることでしょう。

コミュ二ケーションスキルが向上する期待

新入社員にとってコミュニケーションスキルはもっとも重要な要素の一つです。

コミュニケーション能力に必要なのは言葉遣いだけで無く、他人と接する時の態度、理解力、発言力、リーダーシップなど多岐に渡ります。

インターンシップを通して、社会人である先輩方がどのように他社と接しているか、よく観察しておきましょう。

いくら優秀な人間であっても、コミュニケーション能力が低ければなかなか評価され難いのが社会人です。

どんな人とでも、一緒に協力しあって仕事をやっていくスキルが求められます。

インターンシップでは知らない学生が集まってきますので、協調性を意識して取り組んでいきましょう。

自分のコミュニケーションスキルを磨くチャンスです。

コミュニケーションスキルは社会に出たときにどう活かせるか?

就職して社会に出たら、いろいろな人と関わることになります。

職場の上司や先輩だけでなく、取引先やお得意様やお客様などとも関わりながら仕事を進めていかなくてはなりません。

その際に、コミュニケーションスキルがとても重要となるのです。

中には、対応が難しい取引先の相手をしなければならないこともあるでしょう。

お客様から厳しいクレームが入ることもあるかもしれません。

そんなときにも、コミュニケーションは大いに役に立ちます。

トラブルがあったときでも、コミュニケーションスキルを活かしてうまく立ち回ることができれば、店長やマネージャーなどの管理職へも昇進できるようになり、より仕事で活躍できるチャンスも広がることでしょう。

苦手分野を克服して成長する期待

インターンシップではあえて、自分が少し苦手だなと思う分野に挑戦してみるのも良い経験となるでしょう。

自分が得意、と思っていた分野でも、いざ入社して仕事をしてみると、イメージと違ったということはよくある話です。

色々なインターンシップに参加することで、自分の適性や関心のある分野が広がる可能性があります。

あえて苦手分野の企業に身をおくことで自分自身が成長する機会を作ることをおすすめします。

ネットや人の話だけでは仕事の向き不向きは、ほとんどわかりません。

インターンシップで実際に経験することで仕事の適性を垣間見ることができるのではないでしょうか。

苦手分野を克服する経験は社会に出たときどう活かせるか?

社会人になったら、苦手なこと、辛いことはたくさん出てきます。

インターンシップに参加して苦手分野を克服したという経験があれば、就職してから問題にぶつかったときでも自分で乗り越えようと、頑張れるようになることでしょう。

社会人になると、学生時代のように手取り足取り丁寧に教えてもらう機会もなくなります。

忙しい職場ですと、自力で学びながら仕事を進めていかなくてはならないこともあるのです。

そんなときにも、苦手分野を克服した経験が大いに役に立つことでしょう。

また、インターンシップに参加して、自分の苦手な分野を克服することができれば、自分に自信も持てるようになります。

自信がなさそうな人から、サービスを受けたい、商品を買いたいと思うお客様はいませんから、自信を持つことは社会人として働くために、とても大事なことなのです。

就活で使えるネタが増える期待

インターンシップを経験することで就職活動に役立つ情報を増やすことができます。

ネットや人に聞いた話では無く、自分自身が経験したことなので、就活で面接する際に、より具体的な話ができるようになります。

またインターンシップではモチベーションの高い学生が参加していることが多いので、有意義な情報交換もできるかも知れません。

就職活動で必要なのは情報(ネタ)です。

良質なネタをたくさん仕入れたいのであればインターンシップは持ってこいと言えるのではないでしょうか。

インターンシップは自分が熱中できる分野を探すための足がかりとなるものです。

参加することで何らか得るものはあるはずなので、積極的に飛び込んでいきましょう。

具体的な就活のネタとは?

就活の際には、自分の良さを理解してもらうために、さまざまな面から自己アピールをしなくてはなりません。

中には、どんなことをアピールしたら良いのかわからなくて悩んでしまう学生も多いのです。

そんなときには、インターンシップ参加で得た経験を伝えてみると良いでしょう。

就活で使える具体的なネタとしては、経験談、身につけたスキル、新しい発見などのきっかけなどがあります。

インターンシップを通してどんな仕事を体験したのか、どんなスキルを身につけることができたのかなどをネタとして話せば、応募先の人事担当者も興味を持ってくれるかもしれません。

経験談(エピソード)

企業の人事担当者は、学生がどんな経験をしてきたいのか、その経験から何を学んでいるのかを知りたいと思っています。

ですから、就職活動のネタとして、インターンシップで自分が実際に体験したこと伝えておけば、自分に対して興味を持ってもらいやすくなることでしょう。

インターンシップでの経験をネタとして利用する際には、より具体的に話すのがコツです。

たとえば、販売職のインターンシップに参加したのであれば、月間の売上を何パーセントアップさせたなど具体的な数字を付け加えると、リアルな内容となって、面接官の印象にも残りやすくなります。

また、インターンシップで得た経験から、自分が何を感じたのかも伝えておくと良いでしょう。

スキル面

就職活動の際には、自分のスキル面をアピールしておくこともとても大事です。

企業側もスキルがある優秀な学生を採用したいと思っていますから、インターンシップ経験を通して見つけたスキルをいろいろとアピールしておくと良いでしょう。

たとえば、IT系のインターンシップ経験者であれば、どんなプログラミングの技術を身につけたのかなどをネタとして、話してみるのがおすすめです。

学生の就職活動の場合には、電話応対や書類作成などの社会人としての基本的なスキルを身につけたことも、良いアピール材料となります。

社会人としての基本的なスキル、ビジネスマナーを身につけている人物かどうかを人事担当者はよく観察していますので、積極的にアピールするようにしてみてください。

きっかけ

インターンシップに参加したことで、新しい自分を知るきっかけになったという学生は多いです。

そのようなことも就職活動の際のネタになりますので、積極的にアピールすることをおすすめします。

インターンシップを通して、どんな風に新しい自分を知ることができたのか、その後どんな風に変わったのかなどを、体験した内容を交えながら話してみると良いでしょう。

インターンシップの経験で、新しく学んだこと、興味を持つようになったことなども就職活動の際に良いネタとなります。

担当エージェントがインターンシップを紹介!
インターンシップ参加まで個別でサポートします。

インターンであなたのビジョンを実現まで
サポートを実施

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ