第二新卒の転職スキルは必要?求められるスキルとは?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!
新卒採用の短期化や早期化が進む中、自分に合った企業に出会えず、企業とのミスマッチのため入社後早期に退職してしまう新入社員や、新卒で入社せずに就職浪人している人は少なくありません。一方で、若手の既卒者を第二新卒として採用する企業は増加傾向にあります。中途採用の求人広告に「第二新卒歓迎」などと記載されているのを見る機会もあるのではないでしょうか。それでは、第二新卒が企業に求められるスキルとは何なのでしょうか。

第二新卒は新卒と大差はない?

第二新卒の定義は企業ごとに少し異なる場合がありますが、大体学校を卒業後1年から3年以内で就職または転職を目指す若世代のことを指します。年齢としては25歳前後までということになります。企業がこの世代の採用を行う理由として、新卒で採用した社員の離職率の高さがあげられます。毎年まとまった人数の新卒採用を行う企業では、新卒から自社教育を施して長く活躍してくれる人材を育てたいところですが、入社後3年以外に離職してしまう社員が少なくないのが現状です。企業ではこの世代の人材不足を補う目的で第二新卒採用を行う場合があります。そのため、新卒社員と年齢的にも近く馴染みやすい、そしてまだ前職の社風に染まりすぎていないことが第二新卒の魅力でもあります。つまり新卒社員の採用基準と大きな違いはないといえるでしょう。

まだ若い第二新卒!対人スキルとヤル気だけで勝負できる!

企業が第二新卒に求めることは、前職の職務経験や実務スキルではありません。それであれば通常の中途採用で補うことができます。大切なのは、新卒社員に求められることと大きく変わらず、その企業に入社したいという意欲が高いということです。就業経験がある方は、面接で退職理由を聞かれることも多いので、しっかりと答えられるようにしたうえで、その企業への入社希望理由につなげられるような説明ができるとよいでしょう。また、少しでも社会人を経験しているため、新卒研修で学ぶようなビジネスマナーや電話の取り方などの基本的なことはできると期待されることが多いのも第二新卒の特徴です。入社後にはそれらの研修を終えた新卒社員と机を並べることも考えられます。新卒のようなフレッシュさ、元気の良さはとても重要な武器になりますが、社会人として最低限のマナーはあらかじめ身につけておくようにしましょう。

パソコン系の資格は業種問わず有利な傾向に

基本的なビジネスマナーと並んで持っていた方がいいのはパソコンのスキルです。今や業種問わずパソコンを利用した業務が求められますので、すでに基本的な知識があれば、大変有効なアピールになるでしょう。パソコン系の資格として知名度が高いのは、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)です。ExcelやWordなどのMicrosoftツールを使うことができることを証明する資格として企業の信頼も厚い資格の一つです。ExcelやWordのスキルは職種問わず社員の必須スキルとして見なされることが多いので、企業によっては社員教育として資格取得を推奨したり受験料の補助をしたりすることもあるほどです。第二新卒でこの資格を持っていれば、パソコンスキルを持っているということだけでなく、意欲を持って転職活動をしているというイメージを持ってもらえる可能性もあります。

情報収集は少なめで転職に向けた行動を優先しよう!

企業にとって第二新卒採用は新卒採用よりもはるかに短期間で簡単なプロセスで行うことができる場合が多いでしょう。特に通年募集している場合や中途採用の求人で第二新卒可の場合は、中途採用と同じ流れで行いますので、数回の面接で合否判定ということもめずらしくありません。また、第二新卒にとって大切なのは学校を卒業後間もない、つまり年齢が新卒に近いということです。第二新卒枠を狙うのであれば、あまり時間をかけすぎずに面接にこぎつけることを優先的に考えるほうが得策でしょう。数社を比較検討したいという場合は、面接のタイミングが同じくらいの時期になるように調整し、内定取得後にすぐ返事ができるようにできればベストです。
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

内定にコミットする就活サービス ジョブコミット あなたの内定をしっかりとコミットします!