自己PRでアルバイト経験をアピールする際のポイント|職業別の例文も紹介

自己PRでアルバイト経験をアピールする際のポイント|職業別の例文も紹介

「自己PRって具体的にどうすればいいの?」 「アルバイト経験をアピールしたいけど、そのポイントがわからない」 「アルバイト経験を自己PRとして話すときに、気をつけるべきことは何?」 このように、就活の自己PRに対して不安や疑問点を抱えている人は多いのではないでしょうか。

本記事では、企業が学生に自己PRを求める理由を解説するとともに、自己PRでアルバイト経験をアピールする際のポイントや注意点を紹介しています。

この記事を読むことで、自己PRとしてアルバイト経験をアピールする方法についての理解を深めることができます。また、最後に職業別の例文も紹介していますので、自分自身と照らし合わせてイメージを膨らませることができるでしょう。

自己PRに悩んでいる人は、ぜひこの記事をチェックしてみてください。

企業が自己PRを学生に求める理由

そもそも企業が自己PRを学生に求める理由とは何でしょうか。

自己PRとは、志望者がどんな人物であるのかを企業が知るためのものです。自己PRでは特にその人の能力や性格といった点を重視しています。

また、企業は基準として求める人物像を定めていることがあります。細かい条件は様々ありますが、企業の利益に貢献できる人材を求めていることに変わりありません。そういった点を意識して、自分の強みを結びつけることができるとより良いでしょう。

自己PRでアルバイト経験をアピールする際のポイント

自己PRでアルバイト経験をアピールするにはどうすればよいのでしょうか。

以下では、自己PRでアルバイト経験をアピールする際のポイントを紹介します。どのようなポイントがあるのか把握しましょう。

  • まずは結論を書く
  • 具体的なエピソードを入れる
  • 数字を用いてリアリティーのある話にする

まずは結論を書く

自己PRは全体の流れを考えて説明する必要があります。そのために、まずは結論を書きましょう。結論から書き始めることで、話がわかりにくくなったり、長くなりすぎてしまったりするのを防ぐことができます。

具体的なエピソードを入れる

最初に結論を述べた後、その次はそれに対する具体的なエピソードを入れましょう。自分の長所や強みに対して具体的なエピソードが入ることによって、長所や強みに説得力を持たせることができます。

数字を用いてリアリティーのある話にする

具体的なエピソードを入れるという部分にも通じるのですが、数字を用いることでよりリアリティーのある情報として伝えることができます。例えば、「売り上げを〇%上げた」や「〇人の生徒を合格へと導いた」などと伝えることで、自分の成果が明確になります。

自己PRでアルバイト経験をアピールする際の注意点

自己PRでアルバイト経験をアピールする際のポイントを紹介しましたが、注意するべきことにはどんなことがあるでしょうか。

以下では、自己PRでアルバイト経験をアピールする際の注意点を紹介します。

入社後どのように仕事に活かせるか

企業は利益に貢献できる人材を求めているため、アルバイト経験自体よりもそれがどう活かされるのかに関心があります。ですので、アルバイト経験だけを伝えるのではなく、そこから学んだことを入社後にどのように活かせるのかを伝えるようにしましょう。

内部情報を自己PRに引用するのはNG

企業の情報の中には守秘義務が課されているものもあります。そういった内部情報を外部に漏らすことをやってはいけません。顧客情報や販売ノウハウなどを自己PRの内容に組み込まないように注意してください。

社会人として当たり前の行動をアピールしない

「遅刻をしない」「挨拶を欠かさない」「求められることをこなした」などの社会人として当たり前の内容はアピールにはなりません。「自分なりに考えて行動した」という内容を具体的なエピソードを交えて述べるとよいでしょう。

【職業別】自己PRでアルバイト経験をアピールする例文

ここまで、企業が自己PRを求める理由やアルバイト経験をアピールする際のポイントなどを紹介してきました。

最後に、アルバイト経験をアピールする職業別の例文を紹介します。実際に役立てられるものもあるでしょう。

飲食店

「私の強みは飲食チェーン店でのアルバイトで発揮した課題解決力です。そのチェーン店では全国の店舗で顧客に対して満足度アンケートを実施しているのですが、満足度が低い状態が続いていました。

そこで店舗の状況を客観的に観察してみると、アルバイトメンバーに笑顔が少なく声が小さくて、全体的に元気のない印象を受けることに気がつきました。これらの原因がアルバイトメンバーの意識の低さにあると私は考えました。

そういった意識を改善するために、アルバイトメンバーに名札を目立つところにつけるルールを作成しました。それによって常に見られているという緊張感を持たせることができると考えたからです。

その結果、アルバイトメンバーの意識が明らかに変わり、店舗に活気を取り戻すことができました。その後のアンケート結果では満足度が平均して20%ほど上がっており、私の考えた方法によって改善が見られたと感じました。

このような原因を探り課題を解決する力は、御社に入社した後にも発揮できると考えております。」

飲食店でのアルバイト経験から課題解決力を強みにしている人の例文です。具体的なエピソードによってどういった課題に直面したのかがわかり、数字で成果もわかりやすくなっています。

ホテル

「私の強みは細かいところまで気配りができる点です。以前、ホテルのフロントスタッフのアルバイトをしていました。そのホテルを利用する方の中には海外からの観光客も多く、英語での接客を必要とすることがありました。

私は英語を得意としていましたが、スタッフ全員が英語に慣れているわけではありません。そこで、英語の苦手なスタッフが海外の方と接する時には私が積極的に力を貸すようにしていました。

また、ホテル館内の施設などで英語での説明が足りていないと感じるところでは、私が英語メモを手作りして海外の方にも満喫していただけるように工夫しました。

海外の利用者からのアンケートでは8割以上の方から高評価を頂けており、私の気配りが少しでも貢献できたと感じています。私の気配りする力は御社でも円滑なコミュニケーションのために役立てることができると考えています。」

ホテルのフロントスタッフとしての経験を活かした例文です。細やかな気配りを発揮したエピソードが具体的です。また、海外の観光客とのやりとりから英語が使えることのアピールにもなります。

塾講師

「私の強みは塾講師のアルバイトで育んだ責任感です。私は中学生10名の高校受験数学を担当していましたが、生徒によって学力や成績は異なり、同じような学習では生徒の間に差を作ってしまうことになりかねないと危惧していました。

そこで、数学の得意な生徒には難度の高い問題を課して積極的に進めてもらい、数学の苦手な生徒には基礎的な内容をゆっくりと理解するよう指導しました。その結果、生徒との信頼関係を築くことができ、全ての生徒に満足してもらえる指導をすることができました。

そのうちの7名は志望校合格を勝ち取り、私も生徒以上に大きな喜びを感じました。生徒が志望校に合格できるように導かなければいけないという責任感のある仕事でしたが、生徒一人一人と真摯に向き合うことにやりがいを覚えました。

御社では顧客に対して誠実な姿勢を示すことが求められますが、このようにして身に付けた責任感を活かして御社に貢献できると思っています。」

塾講師のアルバイトから責任感を身に付けた人の例文です。塾講師の仕事であれば、コミュニケーション力をアピールすることにもつながるでしょう。

コンビニ

「私の強みはコンビニエンスストアでのアルバイトで培った管理能力です。店舗の売り上げを伸ばすためには顧客が求めるものを的確に提供する必要があります。そのことから、私は顧客の購買情報を分析して、ニーズに答えられるような工夫を凝らしました。

例えば、ランチタイムでは近隣で働いているサラリーマンが多く来店されるので、おにぎりやサンドイッチ、お弁当などの商品の量を増やしました。また、季節によっても顧客が求める商品は異なります。

夏であれば冷たいものを、冬であれば温かいものを求めるので、季節に合わせて商品の量を調節するようにしました。

そういった施策を行った結果、売り上げが前年と比べて1.3倍に上昇しました。何が必要とされているのかを分析し、どのように管理するのかを考える力は御社でも役立てることができると考えています。」

コンビニで発揮した管理能力をアピールする例文になります。コンビニは扱う商品が幅広いので、管理能力をアピールするのに優れています。

スーパー

「私の強みはスーパーでのアルバイトで培った提案力です。私は野菜コーナーの担当をしていましたが、野菜の値段が高騰していることから売り上げが減少し、さらには野菜の廃棄が増えてしまっていることを危惧していました。

そこで、顧客に野菜の良さを知ってもらう方法と野菜を買いたくなる方法を考えて提案しました。

野菜の良さを知ってもらうために野菜に含まれる栄養価などを紹介するポップや広告を作ること、野菜を買ってもらうために野菜を使ったレシピを紹介することを店側に提案しました。

すると、それらの意見を採用してもらうことができ、野菜の売り上げを前月比1.2倍に伸ばすことにつながりました。こうした発想力を活かした提案力で、私は御社の革新的なビジネススタイルに貢献できると考えております。」

スーパーで提案力を発揮したことをアピールしています。具体的にどういったことを提案したのか説明すると、説得力が増すでしょう。

アルバイト経験を活かした自己PRを作成してみよう

自己PRでアルバイト経験をアピールする際のポイントや注意点が理解できたことでしょう。アルバイト経験は上手く使うことができれば、就活での武器になります。納得のいく自己PRを完成させられるように工夫を凝らしてみましょう。

そんな自己PRでほんとに大丈夫?
1人でわからない事はプロと2人で​。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ