【例文あり】ガクチカのない学生必見!~大手広告代理店内定者が語るガクチカとは~

 

はじめに

多くの企業で必ずと言っていいほど聞かれる「学生時代に頑張ったこと(ガクチカ)」。

しかし、コロナ禍でガクチカなんてない!そもそも人生最後の夏休みと言われる大学時代に遊ばないなんて損だ!と思っている学生はとても多くいることでしょう。

だからといって、就活は失敗したくないし、大手に就職したいですよね??

そこで、本記事ではどうすればガクチカなしで大手企業から内定をもらえるのかを筆者(私)の実体験を通してお話したいと思います。

最後に就活時代の私のガクチカを大公開しています!!!参考になれば幸いです!

ガクチカがなくても闘える!!!

いきなりですが、私のガクチカは、飲食店のアルバイトと、高校時代の部活動経験のみでした。

学生時代は、アルバイトと遊ぶことしか頭になく、だらしない学生生活を送っていと思います(笑)

しかし、大手広告代理店その他大手企業3社から内定をいただくことができました。

では、なぜ、私は大手から複数の内定をいただくことができたのか、自分なりに考えてみました。

【ガクチカのない学生必見】ガクチカとは?

ガクチカとはその人の「人柄や価値観」を見極めるためのものです。

そもそも新卒採用では、企業は「即戦力かどうか」は重視していません

よって、実績や成果というのは大きなアピールポイントにはならないのです。

そして、人柄、価値観やこだわりなどは結果ではなく、過程に表れるものです。

ガクチカがない学生の闘い方

ESでは、やはり他の学生とは違うインパクトのある成果というのは目立ちます。

しかし、その過程での取り組みや考え方などが浅く、深く考えられていなければ面接で見抜かれます。

成果や経験において明らかにインパクトのあるガクチカがない人は、多くを語ることのできないESで圧倒的な差をつけることは難しいです。

しかし、文章構成次第でESは突破出来ます。

そして、勝負は面接での深堀対策、思考の深さ、コミュニケーション能力などを見せつけられるかどうかです。

ガクチカの文章構成

大前提として文章構成は正しく書く必要があります。

実感としては、内容がどうであれ、整えられて読みやすい構成の文章であれば、どんな企業でも書類選考は9.5割突破できます。

結論(何に取り組み、どんな結果を残したのか)

課題・困難(どんな課題・困難・挫折があったか)

原因と改善への取り組み(課題・困難の原因は何で、どんな目標を掲げ、どのように解決したか)

結果(初めの結論を言葉を変えて繰り返し)

 

その他:「課題に取り組んだ動機・あなた自身のどんなところが活かされたか・そこから学んだこと」などは深堀対策として考えておけば良い。

ESの文字数に余裕がある場合は、入れても良い。

担当者がガクチカで見ていること

極論を言えば、企業側はガクチカから自社でその人が活躍する姿をイメージできるかどうかを見ている。

その判断基準として、特に重要な要素は以下だと考えられる。

思考力

人柄と価値観

努力の過程

コミュニケーション能力(これは面接時の話し方含め)

【ガクチカのない学生必見】陥りやすい間違え

ネットの様々な情報に惑わされて、右往左往し、何が正しいのか分からなくなっている人は多いのではないでしょうか?結論を言うと、正解はありません。

ただ、抑えるべきポイントは間違いなくあります。

 

そのポイントを2つ紹介します。

実績や結果にとらわれる

実績や結果にとらわれて、嘘の成果や実績を書く人はよくいます。

例えば、〇〇サークルの代表としてチームを最下位から準優勝させました、あるあるですよね。

ですが、大事なのは、結果ではなく、努力の過程であり、その出来事をどのように捉え、どこまで深く考えられているかという思考の深さです。

あなたが最も深く考え、語れる1つのことを人生の中から見つけ、それをガクチカとするのが内定への最短ルートです。

企業に合わせすぎる

企業に合わせすぎるがあまり、個性が消えてしまっては本末転倒です。

そもそも、そのような学生に魅力はなく、受からないと思いますが、もし受かっても入社後後悔するでしょう。

どんなに今入りたいと願っている企業でもあなたに合わない企業というのはあります。

それでも入りたいと思うかもしれませんが、あなたが就活で見えているその企業というのは、全貌の10%もないとある企業の役員の方がおっしゃっていました。

就活はマッチングです。

学生も選ぶ側であり、企業も選ぶ側です。

あなたの個性を最大限に見せつけて、それを受け入れてくれる企業に入社するのが、5年後後悔しない最善の選択になるでしょう。

【ガクチカのない学生必見】ガクチカで意識するべきこと

ガクチカで私が特に意識していたことを3つ紹介します。

この3つができていれば、間違いなく他の学生と大きく差別化できます。

カラーで描けている?!

担当者があなたのガクチカを頭の中でカラーで描けるほどイメージしやすいかどうかが大切です。

ESの時点では文字数制限があるため、詳細に伝えることは難しいかもしれませんが、面接での深堀質問に対しては、鮮明に場面と状況が思い描ける内容と伝え方を準備しておくといいでしょう。

自分ではその判断がつきづらい場合には、OB訪問などで実際に社会人の方に聞いてもらうことをおすすめします

思考の深さ

思考の深さとは、1つの物事・経験に対してどこまで深く考えられているかということです。

深く考えられている人は、どんな深堀の質問にも答えられます。

例えば、何か物事に取り組んだ動機というのはよく聞かれると思いますが、動機を考えて終わりではいけません。

「中学の部活で県大会には行けず、挫折をした経験があって、負けず嫌いな性格から高校バスケで県大会に挑戦した」からさらに深く考えると、「挫折をした時に他にどんな行動特性がある?なぜ負けず嫌いなの?県大会ではなくもっと上を目指さなかったの?あなたは個人的な理由で県大会目指してたけど、チームのみんなはどうだったの?などなど、、、、無限に考えられます。」

何事にもなぜ?どうして?と疑問に思い、深く考えられるかどうかはどの業界・職種においても求められます。

過去・現在・未来を意識

過去の経験がどのように活かされ、今にどんな影響を与えたか、それによって今どんな事をしているか、そして、将来それをどのように活かせると思うか、最終的なビジョンは?

最終的な目標まで一貫してつなげていくことが大切です。

就活で話すこと全てを過去・現在・未来で一貫して考えられている学生はとても強いです。

【ガクチカのない学生必見】私の就活時の例文大公開!!!

私が就活時代実際に書いていたガクチカを紹介します。

アルバイト先の都内に19店舗展開している焼肉屋で、40人程をまとめるアルバイトリーダーとして周囲を巻き込み、毎月の肉とワインの売上数において全店舗中1位を達成しました。
オープン以降、私達の店舗は常に3位以下でした。
その原因は、お客様へのアンケート調査から、マニュアルに沿っただけの接客だと考え、接客に付加価値を与える施策を2点考え、実行しました。
1点目は、最低限の実践的な知識を一問一答形式でまとめ、共有しました。
2点目は、営業前に予約表からお客様情報や予約内容を見て、誰に・何を・どのようにサジェスチョンするかや、各接客の注意点をリーダーを中心に全員と共有する時間を設けました。
その結果、肉とワイン共に継続的に1位を取ることができました。

例文のポイントと解説

構成に沿っている

面接官が突っ込んで深堀してくるところを想定して書いているため、面接で深堀対策をしやすい。

数字を用いて規模感や取り組んだことを分かりやすくし、イメージしやすくする。

【ガクチカのない学生必見】まとめ

このように、私はとても平凡な飲食店のアルバイトのガクチカで就活を乗り切ることができました。

その理由は、上記のことを意識したこと、特にどこまでも深く考えたこと過去・現在・未来を様々な角度から考え抜いたことにあると考えています。

インパクトのあるガクチカがないのであれば、ESで大きな差をつけることは難しいです。

しかし、一見平凡なガクチカでもいいんです

結局、面接数回を通して角度を変えつつ、何度も何度も深く深く聞かれるのですから!

その時に、話せば話すだけ深く考え抜かれたガクチカというのを目指して、面接で圧倒的な差を見せつけ、内定を勝ち取りましょう!

就活準備、順調ですか?
あなたの就活を二人三脚で内定までサポートします​。

就活のプロがあなたの内定を
完全無料で徹底サポート!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ