新卒から一般職への就活を考えるなら

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

2019年卒限定 早期マッチングイベント

一般職と総合職の違いはどこにあるでしょうか。就活をするうえでは、ぜひとも知っておきたいところです。

一般職と総合職では、求められる素養などに違いがあることも珍しくありません。新卒採用で一般職への就職を考えているのであれば、こうした違いを理解しておくことが採用への近道にもなり得ます。

また、一般職は総合職と比べて求人数も比較的少なく、求人が多い時期を見極めるなどのコツも必要です。

一般職への就職を成功させるためにも、しっかりとこうした違いを理解しておきましょう。

一般職と総合職の違いとは

まず、一般職と総合職の違いをしっかりと把握しておきましょう。

一般職は、事務職ともいわれますが、営業事務や一般事務など、業務をサポートする役割が主な仕事です。たとえば、一般事務などを例にとると、主な業務は書類作成ということになり、その部門の仕事が円滑に回るように業務を補佐することがメインの仕事となります。

一方、総合職というのは、その名の通り総合的な判断を必要とする職種のことを指します。企業の基幹的な業務を受け持ち、その企業の花形ともいうべき職種でもあります。

簡単にいえば、総合職はメインであり、一般職はサポートという役回りと理解しておくと良いでしょう。

一般職と総合職で求められる素養の違い

総合職が常に新しいものを求める気鋭の素養が求められるのに対して、一般職は目の前の仕事を実直にこなせる堅実さが要求される傾向にあります。サポート的な役割を演ずることが多い一般職においては、依頼されたことを的確にこなせる要領の良さが必要とされます。

また、いわれたことをやるだけでなく、相手が考えていることを先回りして済ませておくという能力も必要とされるでしょう。企業面接や筆記試験においても、一般職の募集ではこうした素養が審査されることもあるので、一般職での就活を進めている新卒者はその点を踏まえて準備を進めても良いでしょう。

ただ、一般職でも総合職でも、基本的な選考基準は変わらないので、もっぱら一般職向けの対策を考えるのではなく、広く企業が想定する人物像に合わせて対策を考えていくようにしましょう。

一般職と総合職の求人数の違い

一般職と総合職では求人数に大きな違いがあることも珍しくありません。

基本的に、総合職に比べて一般職は求人数が少ないといわれています。企業の業務における根幹をなすことになる総合職は、将来的に管理職を任される予備軍のような存在でもあり、それだけ企業側も新しい人材を常に求めているような職種です。

一方で、一般職は総合職に比べて応募が多く、このこともまた一般職を狭き門にしている要因の一つになっていると考えられます。一般職への就活を進めている新卒者は、一般職の求人数が少ないために戸惑っているかもしれません。

求人数が少ないときは、思い切って活動の準備期間にあてるというのも一つの手です。来たるべき日に備えてしっかりと準備しておけば、いざ求人が出されたときでも焦らずに対応することができるようになります。

企業によって異なる人物像を把握する

一般職は企業によって求められる素養や人物像が大きく異なる傾向にあります。

同じ一般職であっても、それぞれの企業によって求められる仕事の質や内容はさまざまであり、この点をしっかり理解しておくことも一般職への就職を考えるうえでは大切です。

創業からまだそれほど年月が経っていないようなベンチャー企業などは、一般職の募集であっても総合職と変わらない仕事内容を求められることもあります。入社してから思っていた仕事と違っていたというようなことがないよう、就活をする前にその企業が一般職にどのような人材を求めているのか、また仕事内容が他の企業とどのように違うのかということをきちんと理解しておくようにしましょう。

一般職への就活をするにあたって

1705_1_59 (2)

新卒で一般職に就職するのは、それほど簡単な道のりではありません。求人が少なく、求められる人物像も各企業によってさまざまです。また、一般職に自分があっているかどうかもきちんと考えておく必要があります。

総合職と違って、サポート的な業務をすることも多いのが一般職です。他人を支えるのが好きなど、自己分析をしっかりと行ったうえで就活を進めてみましょう。

就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!