webエントリーシートの写真がぼやけるときの原因や対処法を紹介!

 

はじめに

ここ数年の間に就職活動では、webからのエントリーが一般的になりました。

webからの応募のみ受け付けている企業もあります。

紙で提出するよりも、作成、送付の面で、手軽だと感じる人も多いのではないでしょうか。

ただし、webエントリーシートには、落とし穴があります。

それはズバリ、写真データです。

SNSやメッセージアプリへのアップロードと同じように考えるのはよくありません。

今回は、webエントリーシートで失敗しがちな、写真がぼやける場合の原因・対処法を解説します。

エントリーシートとは?

エントリーシートとは、就職活動において、応募者が企業に提出する書類のことです。

「ES」と略します。

面接などの選考時に、採用担当者が応募者の情報のひとつとして参考にするものです。

エントリーシートのフォーマットや文字数は、企業が設定している場合が多いです。

よく履歴書と混同されますが、履歴書は公的な書類で、入社後にも保管されるものです。

記載した住所や連絡先、学歴などが、従業員のデータとして使用されます。

履歴書のフォーマットは、学校独自のものがあったり、企業が用意したりとさまざまです。

エントリーシートと履歴書は、記載する項目が被っていることがあります。

同じことを書いても問題ありません。

エントリーシートの提出方法は2種類ある

エントリーシートは、2種類の提出方法があります。

紙での提出と、web上での提出です。

紙で提出する場合のポイントを説明します。

まず、送付状を用意し、エントリーシートと一緒にクリアファイルに挟みます。

その次に、角形2号封筒の左下に赤ペンで「応募書類在中」と書きましょう。

続いて封筒の表面には送付先、裏面には自分の氏名や住所、大学(学部、学科まで)を記入します。

郵便局で重さを量り、必要な切手を購入して郵送してください。

一方、web上で提出する場合は、紙のように郵送する手間はいりません。

作成から送付までが、すべてweb上で完結します。

送付状や封筒の準備が不要な上、書類到着までのタイムラグもありません。

企業も開封や書類整理に時間がかからず、便利です。

webエントリーシートの写真がぼやける原因を解説

webエントリーシートは、作成や送付にかかる手間が少ないのがメリットです。

紙と違って失敗しやすい点として、顔写真がぼやけることがあげられます。

写真のできが悪ければ、応募者の印象が悪くなることはあっても、よくなることはないでしょう。

web上でのエントリーでは、写真は当然データで用意して、送付しなければいけません。

スマホで写真を扱うことに慣れているからこそ、起きやすいミスです。

失敗する原因を知り、印象が悪くなることや無用なトラブルを避けましょう。

原因①:サイズが小さすぎる

写真がぼやける原因としてもっとも多いのが、サイズが小さすぎることです。

今や写真は、スマホで気軽に撮ることができます。

スマホの画面では、問題なくきれいに見えるでしょう。

しかし、印刷するとなると、ある程度の大きさが必要です。

足りない場合は、引き伸ばさなくてはいけません。

無理に大きくするとぼやけてしまい、証明写真の役目をはたせなくなります。

当然、企業が応募者に抱く印象も悪くなるのは、避けられません。

スマホで撮影したものを使用するなら、とくに注意が必要です。

また、写真データをいったんスマホに転送して保存する際に、リサイズされることがあるので気をつけてください。

スマホからエントリーする場合には、写真データのサイズが小さすぎないか、よく確認しましょう。

原因②:サイズが大きすぎる

よくある原因2つめは、サイズが大きすぎることです。

小さすぎるとぼやけるからといって、逆に大きければいいのかというと、そうではありません。

web上でエントリーする場合、データのサイズが大きいと、送信に時間がかかります。

接続がタイムアウトしてしまって、送れないこともあるでしょう。

また、受け取る側の企業でも、正常に受信できないなどのトラブルが考えられます。

これを回避するため、企業側で写真データのサイズを制限していることがほとんどです。

事前にサイズを確認し、オーバーしているようであれば、加工ソフトを使って小さくしましょう。

サイズは、Windowsの場合右クリックで「プロパティ」、Macの場合は右クリックで「情報を見る」で確認できます。

原因③:トリミングが誤っている

3つめの原因は、トリミングが誤っていることです。

SNSで正方形の写真に慣れて、同じ感覚でトリミングしていませんか。

webエントリーシートの写真サイズは、縦4:横3の比率が適切です。

縦560ピクセル、横420ピクセル以上を目安とするといいでしょう。

これは、履歴書に貼る写真の比率と変わりません。

切り抜く際はサイズだけではなく、全体のバランスにも注意しましょう。

背景である余白部分が広すぎると人物が小さく見え、寂しい印象になります。

また、胸から上、頭頂部まで、少し余裕をもっておさまるようにしてください。

イメージできず心配な人は、一度証明写真の機械を見に行きましょう。

筐体のまわりに仕上がりが載っているので、参考になります。

原因④:ファイルが重すぎる

原因の4つめは、ファイルが重すぎることです。

SNS上には、加工された美しい写真がたくさん並んでいます。

webエントリーシートに使う写真も、できる限りきれいに見せたいものです。

しかし、写真を加工しすぎると、その分ファイルのサイズが大きくなってしまいます。

前述したとおり、サイズの大きいデータは送信に時間がかかり、無用なトラブルの元です。

エントリーシートの写真は、証明写真と同じ意味をもちます。

きれいに見せたい気持ちはわかりますが、加工しすぎは禁物です。

面接の際に悪い意味で驚かれるのでは、笑い話にもなりません。

実物とかけ離れてしまわないように、気をつけましょう。

明るさの調整など、ごく小さな加工にしておくべきです。

webエントリーシートの写真がぼやける場合の対処法を紹介

写真がぼやけたり重すぎたりする原因を、4つ説明しました。

これらに気をつけても、うまくいかないことは多々あります。

SNSやメッセージアプリとは用途が異なり、撮影や編集の仕方が適切でないからです。

webからのエントリーであっても、写真は第一印象を決める大切なものであることに変わりはありません。

次は、どうしても写真がぼやける場合の対処法をご紹介します。

撮影や編集のスキルに自信がなく心配な人は、ぜひ参考にしてください。

対処法①:写真館で編集してもらう

対処法のひとつは、写真館で編集してもらうことです。

まず間違いなく、これが最善の解決策といえるでしょう。

料金はかかってしまいますが、試行錯誤する時間を省くことができます。

プロにお願いすれば、仕上がりは完璧です。

webエントリー用に最適な編集をしてもらえます。

トリミングのサイズやデータの容量、明るさも「おまかせ」で問題ありません。

写真館によっては、美肌加工や肌色補正の対応をしてくれるところもあります。

また、撮影時のデータをスマホやPCから、ダウンロードすることも可能です。

そのほか、CDにデータを保存してくれる写真館もあります。

第一印象を左右する写真ですから、多少の出費は仕方ないともいえます。

浮いた時間を、志望動機や自己PRの推敲、面接の練習にあてましょう。

対処法②:編集アプリ・ソフトを使って修正する

対処法の2つめは、編集アプリやソフトを使って修正することです。

日頃から写真を編集することに慣れている人には、この方法をおすすめします。

使ったことがない人でも、ブラウザで検索することができれば、そう難しいものではありません。

「就活 写真 アプリ」などで検索してみてください。

無料のものもたくさんヒットします。

エントリー用の写真の編集程度であれば、それで十分です。

美肌加工などの機能が備わったものもあります。

しかし、前述したとおり、過度な加工は禁物です。

行政や金融など厳重なところは、写真が加工されているだけではじかれる場合があります。

補正の際には、明るさや清潔感、快活など、いいイメージを与えられるよう意識しましょう。

対処法③:新しい写真を撮る

対処法の3つめは、新しく写真を撮り直すことです。

そもそも表情が硬いと、いくら編集しても、暗い印象を与える写真になってしまいます。

破顔するほどの笑顔はNGですが、やや微笑んだ程度のものが好ましいです。

また、目に光があるとイキイキとした印象になります。

ライティングを工夫してみましょう。

なるべく顔に影ができないようにします。

親しい友人や家族に撮ってもらうのも有効です。

自分が撮ったものとは、また違った雰囲気になるかもしれません。

何枚も撮って、いいものをそこから2,3枚選んでみてください。

それぞれ明るさの調整やトリミングを行い、最終的に一枚を残します。

選ぶ際にも、自分だけではなく人の目を借りることは効果的です。

おわりに

従来の紙でのエントリーに比べると、webからのエントリーは、あまり手間がかかりません。

今回は、手軽なwebエントリーでも、写真については気をつける必要があると解説してきました。

まずは失敗する原因を知り、対処法を試してみてください。

ぼやけたり送信エラーになったりといったトラブルを避けることができます。

写真は応募者の第一印象を決めるものです。

webエントリーシートの写真データを上手に編集し、就職活動の最初の一歩をいいものにしましょう。

証明写真で抑えるべきポイントは◯◯
!1人の就活はもう終わり!これからはプロがあなたのパートナーに​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

RANKING人気記事ランキング

  • 【満足度90%以上!!】【即日内定もアリ!!】日本で唯一の『内定にコミット』する就活サービス ジョブコミット
  • 営業就活ドットコム
  • HR Community

広告掲載をご検討の企業さまへ