就活中の新卒者必見!最終面接・役員面接の対策方法、心構えとは?

一次面接、二次面接を乗り越えて、やっとたどり着くことができる最終面接・役員面接。内定を取るための最後の関門、ぜひ突破したいですよね。

最終面接は今までの面接とは違った観点で選考が行われるため、一次・二次と同じ心構えで臨むと失敗する恐れがあります。

最終面接を控えている人は、しっかりと対策をとるようにしましょう。

具体的にどうするかわからない人のために、今回は最終面接に向けてのノウハウを用意しました。
気になる方はぜひチェックしてみてください。

要注意!最終面接(役員面接)で確認されることは一次・二次とは異なる?

1705_1_80 (2)

最終面接・役員面接は一次や二次面接とは違う目線で選考が行われことをまずはしっかりと認識しておきましょう。

最終面接で問われるのはあなたの能力やスキルではなく、「熱意」です。

最終面接まで選考が進んでいるのですから、企業はあなたの能力に対しては、既にある程度の評価をしていることでしょう。

社長や役員が知りたいのは「うちの会社が本当に第一希望なのか」というところです。

新卒の選考は他社と並行して進めるのがセオリーなので、自分の会社が第一希望とは限りません。

せっかく内定を出しても辞退されると企業にとっては大きな痛手です。

新卒の最終面接では「御社が第一希望である」という意思をはっきりと示すことができるかどうかが、もっとも重要なポイントとなります。

最終面接(役員面接)で見ているポイントとは?

最終面接まで行けば大丈夫といわれる反面、残った人がすべて内定をもらえるわけでもありません。

役員がこの人を採りたいと思うポイントは何なのかを知り、実際の面接でアピールしたいところです。

最終面接で見ている代表的なポイントについてチェックしておきましょう。

企業について深い関心と理解があるか

最終面接まで残った人が企業の理念や歴史、事業内容や今後の経営計画など、しっかり理解しているかは役員が見ているポイントの一つです。

役員も就活生が自社だけでなく、複数の企業にエントリーして比較検討をしているのは理解しています。

内定を与えるということは採りたい人材であると同時に、この人は入社してくれるはずだという可能性が強い人かも見極めているのです。

いかに能力が高い人物でも、他社に行きそうだという人ばかりに内定を出し、思った人数が集まらなくては、採用コストや時間の無駄になります。

自社について関心や理解が深いということは、それだけ入社意欲が高いと判断されます。

また、入社後にこんなはずじゃなかったと思う人は、すぐに辞めてしまうリスクがあります。

そこで、会社の実態と応募者の理解にズレがないかを確認したいと考えるのです。

内定を得たいなら、面接を受ける企業について今一度、研究、分析をじっくり行い、企業のファンになるレベルまで情熱を上げていきましょう。

社風に合っているか

会社のことをしっかり理解し、能力があっても、社風と合わないと周囲のテンションについていけないなど、働きにくくなって早期に辞めてしまうリスクがあります。

創業者への憧れが強い、会社の理念に共感しているといった要素や話をしてみて話し方や言動、雰囲気が社風に合っているかが見られています。

体育会系、カジュアル系、真面目系などありますが、緊張する役員面接で、その社風に合わせて自分を変えるのは大変なものです。

社風にマッチするかは自分の働きやすさに大きな影響を与えるため、ありのままの自分で選んでもらうのがよいかもしれません。

入社意欲の高さ

内定を出した人物が内定を辞退するというのが、会社の採用活動においては最大のリスクです。

そのため、自社が本命なのかは重要なポイントです。

それを探ろうと志望動機をはじめ、入社後にどんなことをしたいと考えているか、どんなキャリアプランを描いているかを質問されます。

どの会社でも実現できるような内容ではなく、その会社だからこそ実現できるような目標や理想のビジネスパーソン像を語れるようにしておきましょう。

知っておくと有利!最終面接(役員面接)でよくされる質問とは?

最終面接では社長や役員からさまざまな質問をされます。

よく聞かれる内容としては「他社ではなく、なぜ当社を選んだのですか」というものがあります。
この質問の返答の仕方によって、応募者の志望度の強さを判断できると考えられています。

就活生がこの質問にしっかり答えるためには、志望企業のことだけでなく、その業界全体に対する調査が必要になってきます。

ガチガチした内容ではなく、「最近のニュースで気になるものはありますか」といった世間話のようなことを聞かれる場合もあります。
この手の質問にはあまり肩ひじをはらず、差しさわりのない無難な答えで対応しましょう。

特別なことを言おうとして墓穴を掘るのは避けたいところです。

「将来、うちの会社でやりたいことはなんですか?」という質問をされたら要注意です。

これは「自分がやりたいこと」ではなくその企業に対して、どのようなポイントで貢献できるか、という観点で話をするようにしましょう。

もう安心?最終面接・役員面接で落ちることはないって本当?

最終面接まで進めば、後は意思確認だけで落ちることはないと考えている新卒の就活生もいるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

企業によりけりのため一概にはいえませんが、合格率は5割程度という説もあります。

役員面接をした際に、あなたの考えが企業理念や経営方針とずれていると判断されれば、落ちる可能性は高くなるでしょう。

リラックスした雰囲気で面接が行われていたとしても油断は禁物です。

ビジネスマナーを忘れて、くだけた態度をとっていると、それを理由に落とされることもあり得ます。社長や役員など、その会社で地位の高い人が出てくるからといって過度に緊張してしまうのもあまりよくありません。

緊張しすぎてとんちんかんな話をしてしまうと、社会人としてマナーがなっていないと判断されることもあります。

最終面接・役員面接に向けて準備しておきたいこととは?

1705_1_80 (3)

最終面接、役員面接の前に準備すべき内容として、志望動機の練り直しは必ず行いましょう。

選考が進むにつれて、その企業に対する知識は深まっているはずですので、より説得力のある志望動機が作れるのではないでしょうか。

最終面接では企業理念が応募者の考えと一致しているかどうかを問われますので、社長の経歴などを事前に調べておくのもよいかもしれません。

一次・二次選考と同じように、最後は「なにか質問はありますか?」と聞かれることがほとんどです。
最低でも2~3つ程度は質問を考えておきましょう。

最終面接ですので、企業理念に関するものや、会社が目指す将来像などについて質問することをおすすめします。

調べることですぐわかる情報を聞くのはマイナス印象になりますので注意が必要です。

強い気持ちが内定を引き寄せる!最終面接・役員面接は強い気持ちで

最終面接までくれば就活のゴールはもうすぐです。

しかし最後の最後に油断して落ちると、ショックは大きなものになります。
一次・二次選考以上に入念に準備をしておきましょう。

最終面接の合否を分ける一番のポイントは「どうしてもこの会社に入りたい」という気持ちです。
なにがあってもあきらめない心構えで最終面接に挑むようにしてください。

面接が不安?面接に受からない?ウカル面接対策、教えます。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ